最も学ぶ価値のないプログラミング言語とは?共通点と逆に需要の高いプログラミング言語も紹介
迷えるエンジニア2

「最も学ぶ価値のないプログラミング言語は何?共通する特徴と逆に需要が高いプログラミング言語を教えてほしい!」

この疑問・悩みに答えます。

本記事では、「需要が高いプログラミング言語を習得したい方」「プログラミング言語の学習を今から始めたい方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事でわかること

  • 最も学ぶ価値のないプログラミング言語とその特徴
  • 逆に今後学ぶべき需要の高いプログラミング言語3選
  • 需要の高いプログラミング言語を最短で学ぶおすすめの方法

「無駄なことはしたくない。」
「時間を費やすなら、需要が高いプログラミング言語を習得したい。」

このようにお考えのエンジニアの方、これからエンジニアを目指したい方。

最も学ぶ価値のないプログラミング言語だけでなく需要の高いプログラミング言語も紹介していきます。

現状から収入アップや待遇を改善させる方法は?

多くのエンジニアが、現状の収入や待遇に不満を持っています。
ではどうすれば、理想とする働き方を手に入れることができるのか?

結論、エンジニアが収入アップや待遇を改善させる方法は「転職」です。

なぜなら、エンジニアの需要は増加傾向にあるから。
従来のSES企業だけでなく、事業会社にもエンジニアの引き合いは増えています。

その最たる要因が、DX化の積極的な推進。
社内にエンジニアをおき、DXによる業務改革や新規事業の創出を目指しているためです。

そのため、エンジニアの転職市場における価値は向上。
転職先の業種や幅も拡大し、働き方の多様化も以前に増して広がっています。

実際、エンジニア転職で年収が270万円アップした事例もあるほど。

  • 現状の働き方に不満がある方
  • 今以上の年収アップや待遇改善を目指したい方
  • より高度な開発現場でITスキル・知見を高めたい方

上記いずれかに当てはまるなら。
現状を変えるなら、転職エージェントに相談することで簡単に変えられます

転職エージェントに理想を伝えるだけで、希望にマッチした会社だけを紹介してくれます。

サービスの利用も登録も完全無料。
効率的に転職活動を進めるなら、転職エージェントの活用は必須です。

現状を変えたいなら、自ら一歩踏み出すだけで簡単に変えられます。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

もしあなたが未経験からITエンジニアを目指すなら「プログラミングスクールの受講」が最適解です。

なぜなら、ITスキル習得だけでなく就職支援も受けられるから。
転職保証や受講料無料など、様々なプログラミングスクールがあるため、まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

最も学ぶ価値のないプログラミング言語とは?

先日、こちらの記事が話題になりました。

話題になるのには納得です。
なぜなら、エンジニアを目指すうえでプログラミング言語の選択は超重要だから。

将来性のない言語を選んでしまえば、今までの労力も無駄になる可能性が高いです。

では具体的には、学ぶべきでない言語は何か?
結論、最も学ぶ価値のないプログラミング言語は以下の通りです。

最も学ぶ価値のないプログラミング言語

  • Perl
  • Ruby
  • R言語
  • Objective-C
  • VBA

なぜ、学ぶ価値がない(将来性のない)言語なのか?
順番に、プログラミング言語の特徴から理由まで独自の視点で考察していきます。

Perl

Perlが学ぶ価値がないのは、汎用性が高いだけに、特定の開発に特化した他の新しい言語に取って代わられたからです。

具体的には、Webアプリ開発ではRuby。
IoTのシステム開発ではPythonが代替言語となり、現在では代替言語が一般的となっています。

Perlは、1987年にラリー・ウォール氏によって開発され、プログラミング言語の中では、歴史の古い言語になります。

年を追うごとにバージョンアップされ、エンジニアにも人気の高い言語でした。

Perlの代表的な特徴を挙げるなら以下の通り。
使いやすさから応用範囲が広い言語として、利用されていました。

Perlの代表的な特徴

  • テキスト処理能力が高い
  • 後方互換性の高さ
    (つまり、アップデート後も古いバージョンが使用可)
  • 記述が簡単で読みやすい
  • フリーソフトで使いやすい
  • コンパイル作業が不要でコードの動作確認が楽

さらに、Perlができる開発は以下の通りです。

Perlができる開発

  • 基盤システム開発
  • IoTのシステム開発
  • Webサービス開発
  • Webアプリケーション開発

RubyやPythonが普及する前は、PerlがWebアプリ開発で活躍していました。
しかし、応用範囲が広いからこそ、最近では、それぞれの開発に特化した新しい代替言語に座を奪われてしまい、影を潜めたと言えます。

つまり、Perlが代替される最たる理由は、新しい言語のほうが使いやすく理解しやすいから。

実際、PythonはPerlよりも覚える構文が少ないです。
Rubyはオブジェクト指向により、Perlよりも優れています。

なので、他に使いやすい代替言語ができた以上、残念ながらPerlを一から学び直す必要はないのです。

Ruby

Rubyは、現在でもベンチャー企業などで活用されている言語。
もともと日本人が開発した言語ということもあり、日本語の情報が豊富です。

ですが、欠点もいくつかあるため、将来性のない言語と言われています。

その代表的な欠点というのが以下の通り。

Rubyの欠点

  • 処理速度の遅さ(ソースコードを一行づつ読み込むインタプリタ言語のため)
  • 管理がしにくい(人によってコードの書き方が異なるので、複数人で開発しにくい)
  • データサイエンスに使えない(人工知能開発やディープラーニングを使った開発に不向き)
  • 別言語で代替可能(例えばデータ解析ではPython、ウェブ開発ならPHPで代替可能)

なかでも、近年注目度が高いデータサイエンスの分野に、 Rubyは乗り遅れているので将来性が危惧されています。

データサイエンスとは、AIなどの機械学習やビジネス知識、あるいは、エンジニアのスキルを駆使して、意思決定をサポートするアプローチを言います。

Rubyが乗り遅れていることを裏付けるデータもあります。
それが、プログラミング言語の世界的な人気度を示した「TIOBE Programming Community Index (PCI)

本データによるとRubyは、インデックス値が0.92%。
ランキングは第19位であり(2023年10月現在)、去年の第16位からランクダウンしています。

さらに、Ruby単体のindex値の推移グラフを見ても、2018年から下火になっていることがわかります。

なので、世界的に見るとRubyの人気は落ちていると言えます。
以上のような理由で、Rubyは将来性のない言語だと見ることができます。

R言語

R言語は、専門性が高くデータサイエンスに向いている言語です。
ただ、似たようなことができるPythonによって、人気は奪われているのが実情です。

つまり、統計解析やデータ処理には向いているものの、一般的なソフトウェアの開発やシステムプログラミングには不向きなため、汎用性が劣ります。

R言語は、1990年代にニュージーランドのオークランド大学の研究者が開発した言語です。
主に統計解析の分野で活躍する言語として、これまで進化・発展してきました。

R言語の特徴として、以下のような例が挙げられます。

R言語の特徴

  • オープンソースで利用しやすい
  • コードが覚えやすい
  • データをベクトル化することが可能(グラフ可・可視化も簡単)
  • OS環境に依存しないマルチプラットホーム
  • 統計関連の豊富なパッケージがある

使いやすいのが魅力のR言語ですが、Pythonのように多様な用途には対応していません。
なので、一般的なエンジニアのシステム開発などには、あまり使う機会がないと言えるでしょう。

とはいえ、R言語は専門性の高い分野では重宝されています。
全く使われないことはないにしても、一般企業などで使われることが少ないために、将来性という意味では他の言語に比べて低いです。

以上のことから、R言語は学ぶ価値がない言語と言っても過言ではありません。

Objective-C

Objective-Cは、 次世代言語のSwiftに取って代わられたので将来性のない言語です。

なぜなら、Swiftのほうが言語の記述が簡単で汎用性が高いから。

Objective-Cは、1983年にブラッド・コックスとトム・ラブらによって開発された言語。
Appleで初期のOS開発に使用されていたことで、一躍有名になったプログラミング言語です。

C言語とSmalltalkを組み合わせたオブジェクト指向型の言語であり、さまざまな言語に大きな影響を与えています。

ですが、2014年から新しいプログラミング言語「Swift」の登場により、徐々にObjective-Cの需要が少なくなっていきました。

Objective-Cのデメリットは、何といっても難解な点。
具体的なデメリットを挙げるなら、以下のような例があります。

Objective-Cのデメリット

  • 言語記述が複雑で難解になる
  • バグが起こりやすい
  • 学習コストがかかる
  • 汎用性が劣る

もともと難解なC言語がベースとなっているために、初心者には学びにくい言語だと言えます。

一方、Swiftは、記述が簡単で読みやすく、学習コストも低いです。

Swiftの特徴は、プロトコル指向プログラミングであるということ。
プロトコル指向とは、型のインターフェースを定義することで、複数の型で共通の機能を実装できることを言います。

なので、 Swiftのほうが柔軟な記述が可能。
おまけに素早く開発ができるため、多くの開発者に支持されています。

以上のような状況から、Objective-Cは今後人気が再燃する見込みは少なく、将来性は低いと言えるでしょう。

VBA

VBA (Visual Basic for Applications)は、用途が限定的なために将来性がないと言われる言語です。
用途が限定的とは、 WordやExcel、PowerPointなどのようなMicrosoftのOffice製品でしか使えないということ。

また、近年ではブラウザベースで拡張できる事務ツールも増えてきているので、単純に利用頻度が減っているのも事実です。

1990年に同社から開発されたVBA。
VBAは、定型業務の自動化やデータの最適化が簡単に行え、作業効率の省エネ化が図れるとのことで、当初、またたく間に広がりました。

VBAの代表的な特徴として、以下のような例が挙げられます。

VBAの代表的な特徴

  • データ処理が早い
  • システム開発が簡単
  • Office製品を使っている企業が多い
  • 資格がある(VBAエキスパート)

用途としては、事務処理に使われることが多い言語です。
そのため、現在人気のあるAI開発やWeb開発などの用途には不向きとなっています。

VBAのデメリットとしては、不具合が多いことも挙げられます。
不具合は、アップデートで修正されるものがほとんどではあるものの、頻発すると信頼性に欠けてしまいます。

さらにアップデートも頻繁には行われず、現在最新のVBAは、2021年3月のバージョン。
日々変化の移ろいが激しいシステム開発の分野においては、やや乗り遅れている感は否めません。

今後も将来性のある言語は、汎用性が高くないと生き残れないと言えます。
その点を踏まえると、VBAが今後も将来性のある言語とは言えないことがわかります。

最も学ぶ価値のないプログラミング言語に共通する特徴

ここまで、最も学ぶ価値のないプログラミング言語を紹介してきました。

実は、最も学ぶ価値のないプログラミング言語に共通する特徴があります。

【特徴1】利用用途が狭い言語

まず1つ目の特徴が「利用用途が狭い言語」

利用用途が狭いと、幅広い開発分野に対応できません。
そのため、多くの開発者が利用する言語としては、将来性がないといえます。

ある程度の汎用性があるからこそ、多くのエンジニアによって支持され、プロダクトの適応範囲は広くなります。

たとえばVBA言語。
VBAは、マイクロソフトのoffice製品に用途が限られているため、利用頻度が減少しています。

Office製品は、多くの企業で利用されている強みがあるものの、事務処理以外の開発には使えません。
なので、エンジニアがスキルアップを図るための言語としては、あまり価値を見出せないといえるでしょう。

プログラミング言語の将来性を左右するのは、汎用性の高さが非常に重要です。

【特徴2】記述が難しく学習しづらい言語

次に2つ目の特徴が「記述が難しく学習しづらい言語」

将来性のある言語とは、開発者に選ばれる言語でもあるということ。
なので、開発者にとって、難解すぎて敬遠される言語は、需要も少なくなります。

需要が少ないということは、募集される仕事の数も少ないということ。
それすなわち、キャリアアップを考えている人には、難解な言語は不向きであると言えます。

たとえば、Objective-CはもともとiOSアプリの開発で活躍していた言語ですが、表記が複雑でわかりにくいことがネックでした。
その後、登場した読み書きのしやすいSwiftに取って代わられて、Objective-Cの現在では衰退の一途をたどっています。

なので、記述が難しく学習しづらい言語は、学ぶ価値がないと言っていいでしょう。

ただし、プログラミング言語の中には、実用性を目指して作られていない言語もあります。
専門性に特化した仕事をしたい人や高度な開発案件に携わりたいエンジニアは、難解な言語も学ぶ必要はあるといえます。

【特徴3】企業ニーズがほとんどない言語

そして3つ目の特徴が「企業ニーズがほとんどない言語」

企業ニーズがほとんどない言語も、将来性がないと言えます。
企業ニーズが高い言語は、実務で実際に使われる機会が多く、転職にも有利です。

たとえば、paizaが行った「プログラミング言語に関する調査(2022年版)
本調査における2022年の企業ニーズの高い言語の上位5つは以下のようなランキングとなっています。

企業ニーズが高い言語

  1. JavaScript
  2. Java
  3. PHP
  4. Python
  5. C#

企業は需要の高いプログラミング言語を熟知したエンジニアを求めます。
企業ニーズの高い言語は、すなわち将来性のある言語ということになります。

なので、企業ニーズがほとんどない言語は学ぶ価値がない言語。
有利な転職をするためには、企業ニーズの高い言語を学習することが、将来性の高い言語であると言えます。

【最強】今後学ぶべき需要の高いプログラミング言語3選

ここからは逆に、今後学ぶべき需要の高いプログラミング言語3選をご紹介します!

需要の高いプログラミング言語は以下の通り。

今後学ぶべき需要の高いプログラミング言語3選

  • Python
  • JavaScript
  • HTML/CSS

順番に、プログラミング言語の特徴から需要が高い理由まで解説していきます。

Python

Python(パイソン)は、近年最も注目されている言語の一つです。

Pythonの代表的な特徴は以下の通り。
利点が多岐にわたる、汎用的な言語となっています。

Pythonの代表的な特徴

  • シンプルなコードで学びやすい
  • 普及率が高く、情報収集が容易
  • 汎用性が高い
  • ライブラリが豊富
  • など

Pythonは、1991年にオランダ人のグイド・ヴァンロッサム氏によって開発されました。

コンパイル作業が不要のインタプリター言語なので、コードの修正や確認、実行が容易です。
また、「1つのことを表すのに、書き方が1つだけ」といったスクリプト言語であることもメリットのひとつと言えます。

汎用性の高さも需要が高い理由のひとつです。
開発用途が幅広く、機械学習やAI、ディープラーニングの分野から、サーバーサイド開発、システム管理、IoTまで活用されています。

なかでも、Pythonの最大の強みは、近年目覚ましい進歩を見せているAI分野において、重要な位置を占めていることです。

たとえば、AI開発に必要な科学計算のライブラリ(処理がまとめられたパッケージ)がとても充実しています。

Pythonが主に活用されている事例がこちら。

Pythonが主に活用されている事例

  • Instagram(Webフレームワーク「Django」を使って開発 )
  • Googleの画像検索(画像認識や画像処理など)
  • Netflix(数値・統計分析・データ収集等)

つまり、Pythonは近年のIT業界を支えるプログラミング言語の一つ。
以上からもわかるように、 今後学ぶべき需要の高いプログラミング言語の一つだといえます。

JavaScript

JavaScriptは、 1996年にNetscape2.0というWebブラウザーの機能のひとつとして登場した言語です。

JavaScriptは開発当初、あまり普及しませんでした。
しかしその後、Internet Explorerに搭載されたり、Ecmaインターナショナルによる標準化が行われたことで、飛躍的に広がりました。

JavaScriptの特徴としては、以下が挙げられます。

JavaScriptの特徴

  • スクリプト言語なのでコンパイルが不要
  • 手軽にソースコードを実行できるので効率良く作業可能

ユーザーのWebブラウザ上で動作するプログラムが作成できるため、クライアントサイド型の言語と言われています。
主に、サイトに動的なデザイン(アニメーションやポップアップウインドウなど)を加えたいときに利用され、初心者が学びやすい言語となります。

JavaScriptの需要が高い最大の理由は、フロントエンド開発の多くの現場で、JavaScriptが採用されていること。
近年、盛んに開発されているWebアプリにおいても、フロントエンド開発の言語として、JavaScriptの利用率が高く、今後もその動きは変わらないと見られています。

また、サーバーサイドで利用できるJavaScriptシステムとして、「Node.js」というプラットフォームが開発され、需要もますます高まっています。

なので、フロントエンドからバックエンドまで幅広い開発が行える言語として、JavaScriptはこれからも将来性のあるプログラミング言語となると考えられます。

HTML/CSS

結論からいうと、HTML/CSSの言語は、使いこなせる人が多いため、将来性は高いとは言えません
なんですが、キャリアアップを図るきっかけとして、大いに役に立つ言語であり、需要は十分に高いと言えます。

HTML/CSSは、Webページを作成する際に使用される言語です。
それぞれの名称は、HTMLが「HyperText Markup Language」で、CSSが「Cascading Style Sheets」の略称となります。

厳密には、プログラミング言語というよりも、マークアップ(表記)言語と言われています。
マークする(印をつける)役割の通り、HTMLが文字テキストや画像を表示するのに使われ、CSSはHTMLの見栄えを良くするために使われます。

そして、この二つのファイルをリンクさせることで、普段パソコンで目にするWebページが出来上がります。

つまり、Webページを作る上で欠かせない言語だということ。

今後もHTML/CSSの需要が、なくなることはないでしょう。
というよりも、IT業界で働く人にとってHTML/CSSの知識は、必要最低限身につけている人がほとんどだと言えます。

なので、HTML/CSSの知識を知った上で、さらに深い知識や複雑な操作の出来る人が、重宝されると考えられます。

また、Javascriptを使う上でも、HTMLで作られたデータを利用したりするので、必要性は高いと言えます。

以上を踏まえると、HTML/CSSはキャリアアップを図るきっかけとして、非常に有用で将来性の高い言語であると言えるでしょう。

需要の高いプログラミング言語を最短で学ぶおすすめの方法

「需要の高いプログラミング言語もわかったけど、どうやって学べばいい?できれば無駄なく効率的に学びたい。。」

需要の高いプログラミング言語を最短で学ぶおすすめの方法があります!

それが「プログラミングスクールの受講」
実は、現在プログラミングスクールの受講者数は年々増加しています。

ではなぜ、受講者数が増加し続けているのか?
理由は簡単で、独学だと挫折しやすいから、スクール受講を選ぶ人が増えています。

実際、プログラミング学習の挫折率は約90%です。
挫折した原因として「不明点を聞ける環境になかった」や「エラーが解決できなかった」など。

つまり、「気軽に聞ける環境になかった」ことが主な原因となっています。

これらの原因を解決できるのが「プログラミングスクール」
スクールなら、気軽に聞ける環境、モチベーションが続く環境といった「学習できる環境」がすでに揃っています。

  • 本気でプログラミングスキルを習得してキャリアアップしたい。
  • ITエンジニアに転職し手に職をつけて年収をアップさせたい。
  • リモートワークなどライフスタイルにあった働き方を手に入れたい。

このように考えている方に、おすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

Pythonを学ぶなら「Aidemy Premium」

まず、Pythonを学ぶならおすすめのプログラミングスクールが「Aidemy Premium」
(公式サイト:https://aidemy.net

スクールの特徴・強み

  • Python特化型プログラミングスクール
  • 未経験でも3ヶ月でAIを使いこなせる人材へ
  • 専属のメンターがAIの学び方から徹底的にコーチング
  • 完全オンライン完結で東京以外に在住・在勤の方にも便利
  • 受講料の最大70%を支給(専門実践教育訓練給付制度の対象スクール)

受講に向いてる人

  • AIや機械学習などの最先端技術を習得したい人
  • AIエンジニア/データサイエンティストにキャリアチェンジしたい人
  • 通学ではなく完全オンラインで学習できるスクールに通いたい人(地方在住者含む

JavaScriptを学ぶなら「テックキャンプ」

次に、JavaScriptを学ぶならおすすめのプログラミングスクールが「テックキャンプ」
(公式サイト:https://tech-camp.in

スクールの特徴・強み

  • 転職成功実績No.1エンジニアスクール
  • 転職成功人数は4,600名以上&転職成功率98%
  • プログラミング未経験者率97%で学習の途中離脱率はわずか3%
  • 選べる2つの受講プラン(オンラインor通学)で無理なく続けられる
  • 受講料の最大70%を支給(専門実践教育訓練給付制度の対象スクール)

受講に向いてる人

  • 確かな実績あるスクールに通いたい人
  • 転職保証が付いた安心のサービスを利用したい人
  • 何から始めたらいいかわからないプログラミング未経験者

\転職できなければ全額返金!/
『テックキャンプ』まずは無料カウンセリングを予約する
【公式サイト:https://tech-camp.in

HTML/CSSを学ぶなら「テックアカデミー」

HTML/CSSを学ぶならおすすめのプログラミングスクールが「テックアカデミー」
(公式サイト:https://techacademy.jp

スクールの特徴・強み

  • オンラインに特化したプログラミングスクール
  • 毎日8時間のチャットサポート・回数無制限の課題レビューを実施
  • 2週間でHTMLとCSSを基礎から理解しスキル習得できるようバックアップ

受講に向いてる人

  • まずはプログラミングの基礎を身につけたい人
  • 他スクールに比べてリーズナブルなサービスを選びたい人

受講料無料で通うなら「ネットビジョンアカデミー」

受講料無料で通うならおすすめのプログラミングスクールが「ネットビジョンアカデミー」
(公式サイト:https://www.netvisionacademy.com

スクールの特徴・強み

  • 20代向け完全無料のプログラミングスクール
  • 座学と実技の二部構成で必要なIT知識を定着
  • IT資格のCCNA合格率は99%と資格取得もサポート
  • ITスキル習得だけでなく就職支援も徹底サポート(就職率98%)
  • 地方在住者には提携シェアハウスで最大2ヶ月無料の上京サポートもあり

受講に向いてる人

  • 受講料無料で未経験からITエンジニアになりたい人
  • CCNAなどのIT資格も積極的に習得して手に職を付けたい人
  • 上京して就職したいけど地方在住で資金の捻出が難しい人

最も学ぶ価値のないプログラミング言語の評判に関するQ&A

最後に最も学ぶ価値のないプログラミング言語の評判に関するQ&Aをまとめます。

【質問1】レガシー言語とは?一覧で教えて!

疑問に思うエンジニア

「レガシー言語とは?一覧で教えて!」

レガシー言語とは、すでに主流ではなくなり使われなくなった言語のことを言います。

現在、レガシー言語だと言われているのには以下のような言語が挙げられます。

レガシー言語だと言われている言語

  • Perl
  • Objective-C
  • Ruby
  • R
  • CofeeScript

使われなくなる理由としては、

・覚えるのが難しい
・需要が少ない
・利便性が低い

など時代の変遷とともに変化すると考えられます。
また、古い言語はモダン言語よりも使われなくなる率は高くなるので、レガシー言語になりやすいです。

なので、将来性を考えた場合、上記のようなレガシー言語を学ぶことは、あまりメリットがないので、おすすめはできません。

【質問2】おそらく先がない5つのプログラミング言語は?

疑問に思うエンジニア

「おそらく先がない5つのプログラミング言語は?」

先がないプログラミング言語5つは以下の通り。

先がないプログラミング言語5つ

  1. Objective-C
  2. Perl
  3. VB.NET
  4. Ruby
  5. R

全体的な特徴としては、他の使いやすい代替言語にとって代わられる言語となります。

たとえば、VB.NETは、Windowsアプリケーションの開発に利用されていたものの、近年では他のプログラミング言語が主流となり、需要が少なくなりました。

また、VB.NETは特にOSが限られていたため、汎用性が低いのも衰退の一因になっています。

なので、現在の主流は、さまざまな開発に利用が出来て、見やすく使いやすい言語が需要が高いと言えます。

【質問3】プログラミング言語は10年後どうなってる?

疑問に思うエンジニア

「プログラミング言語は10年後どうなってる?」

プログラミング言語は、技術の進化と需要に合わせて変化すると言えます。

プログラミング言語自体がなくなることはありません。
ですが、より利便性の高い、理解のしやすいツールが開発される可能性は十分に考えられます。

また、近年目まぐるしく進展しているAI技術がプログラミングの進展に影響を与える可能性があると言えるでしょう。

もしかしたら、AIによるプログラミングの支援ツールなどが開発されて、人間はより高度なプログラミングを要求される可能性もあります。

いずれにしても、時代の変化に対応できるスキルが必要とされるのは言うまでもなく、常に自身をアップデートできる環境が必須となるでしょう。

まとめ:最も学ぶ価値のないプログラミング言語と需要の高い言語

最も学ぶ価値のないプログラミング言語と需要の高い言語をまとめてきました。

改めて、最も学ぶ価値のないプログラミング言語をまとめると、

最も学ぶ価値のないプログラミング言語

  1. Perl
  2. Ruby
  3. R言語
  4. Objective-C
  5. VBA

最も学ぶ価値のないプログラミング言語があるのは事実です。
主な要因としては、他のより簡単で使い勝手の良い言語に取って代わられて、需要がなくなってしまうことが大きいです。

なので、今後はどんな言語が生き残るのか、需要が高まるのかを見極めながら、言語の学習をする必要があると言えます。

需要の高いプログラミング言語を最短で学ぶ!おすすめプログラミングスクール4選

エンジニアの年収アップ・待遇改善には転職するのが最適解。

転職エージェントに希望の働き方・キャリアプランを伝えたら、ニーズに合った会社のみを紹介してくれます。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選