【やばい】納期に間に合わない!辞めたい時の対処法と今後も同じ状況に陥らないための対策

「納期に間に合わない状況が立て続け起きて、今すぐにでも辞めたい。。。どうすれば辞められる?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「納期に間に合わない状況に辞めたいと感じているエンジニア」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 納期に間に合わない!辞めたい時の対処法
  • 納期に間に合わない原因とストレスを減らう方法
  • 今後も納期に間に合わない状況に陥らないための対策

今抱えるストレスから、どうすれば解放されるのか?

そもそもなぜ、納期の締切時間にいつも間に合わないのか。

気になる現状の納期に間に合わない状況に対する対処法と原因や対応するためのポイントを詳しく解説していきます。

納期に間に合わない!辞めたい時の対処法

  • 納期に間に合わない状況が立て続けに生じて、心身ともに疲弊している。
  • 今すぐにでも仕事を辞めたいが、どうすれば辞められるのかわからない。

あなただけではありません。
上記のように、今の環境に悩む人は多くいます。

どうすれば、納期に間に合わない状況から辞められるのか?

早速、納期に間に合わない!辞めたい時の対処法を詳しく解説していきます。

【対処法1】退職手続きをすべて代行する

今すぐ辞めたい人の対処法は「退職手続きをすべて代行する」

辞めたい、でも辞められない人は大勢います。
なぜ辞められないのか?理由をみると、以下のようなことに集約されます。

辞めたくても辞められない理由

  • 退職を切り出すのが怖いから
  • 辞めると言い出すのが気まずいから
  • 会社・上司に引き止められているから
  • 会社のメンバーに申し訳ないという気持ちが先行するから

つまり、言い出す勇気が持てない、ことが最たる原因として挙げられます。

でも安心してください。

辞めることに会社・上司への報告も、無駄な労力も、勇気を振り絞る必要もありません。

なぜなら、あなたに代わって退職手続きをすべて代行してくれるサービスがあるからです。

それが「退職代行サービス」です。

退職代行サービスとは、会社を辞めたい人に代わって退職の手続を代行するサービスのこと。

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
非常に多くの社会人に認知され、利用されている話題のサービスです。

退職のストレスを一切感じたくない、納期に追われない新しい環境に移りたい方は、ぜひ活用ください。

【対処法2】今後のキャリア形成はプロに相談する

もし、辞める前に今後の将来を見つめ直すなら「今後のキャリア形成はプロに相談する」

「辞めたくても今すぐには辞められない。」
「辞める前に、今後の将来やキャリアについて考えてから辞めたい。」

今後のキャリア形成について、慎重に考えたい方も多いです。

でも、一人で考えても最適解は見出せません。その道の「プロ」に相談して、客観的な意見やアドバイスをもらうことで、よりキャリア形成はうまくいきます。

ここでいう「その道のプロ」とは、個人のキャリアデザインをサポートし、自律的な成長の手助けをするキャリアコーチングを指します。

キャリアに関する専門知識を持っているので、キャリアアップに必要な具体的方法を教えてもらうことができます。

なかでも、優れたキャリアコーチングを提供する「ポジウィルキャリア」の活用が最もおすすめです。

ポジウィルキャリアは、キャリアに特化したパーソナル・トレーニング。初めて転職をする人や、年収を上げたい人、若くして理想のキャリアを築きたい人を中心に、キャリアサポートで実績を上げています。

あなたのキャリアと100%向き合うため、求人紹介がないのも特徴の一つ。

一人ひとり個人に向き合った、キャリア形成の計画やアドバイスを立ててくれるので、効率よくキャリアを積みたいという人に最適なサービスだと言えるでしょう。

\20~30代のキャリア相談No.1/
『ポジウィルキャリア』まずは無料カウンセリングを予約する
【公式サイト:https://posiwill.jp

【対処法3】転職エージェントをフル活用して転職活動を始める

そして、「転職エージェントをフル活用して転職活動を始める」

「今後のキャリア形成も方向性は固まった。」
「後は、自分が望む環境が手に入る会社に転職するだけ。」

今まさに転職を考えている方は、転職エージェントをフル活用しましょう。

転職活動を有利に進めるためにも、転職エージェントの活用は必須です。

なぜなら、自力で求人を探すのは時間がかかり過ぎるから。

日本にはどれくらいの会社があるかご存知でしょうか?
上場企業だけでも4,000社弱、中小零細も含めると400万社を超えています。

これらの企業の中から、自分に合った会社はどこか?
転職先としてニーズにマッチした企業はどこか?調べるのは現実的ではありません。

そこで、転職エージェントの活用です。
あなたのニーズに合った企業“だけ”を求人紹介してくれます。

転職先企業の希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます

求人の紹介を受けるだけでも価値があります。
ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
実績豊富な転職エージェントを3社厳選しご紹介します、ぜひご活用ください。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

なぜ納期に間に合わないのか?3つの原因

ここまで、納期に間に合わない!辞めたい時の対処法を詳しく解説してきました。

仮に対処法を講じたとしても、同じように「辞めたい」とまで感じる状況が起きないとも限りません。

なぜ、納期に間に合わない状況に陥ってしまうのか?
「原因」を明確にして対策を講じなければ、再び納期に間に合わない状況になりかねません。

なぜ納期に間に合わないのか?3つの原因について深堀解説していきます。

【原因1】慢性的な人手不足のため

まず1つ目の原因が「慢性的な人手不足のため」

IT業界は現在、深刻な人材不足に陥っていると言えます。

ですので、その不足を補うために、仕事量が増え、納期に間に合わない状況に陥ってしまっている要因といえます。

言い換えれば、労働者が原因なのではなく、会社側に原因があるということ。

実際、経産省が発表した「IT人材需給に関する調査」によると、IT業界の人材不足はかなり深刻化していることがわかります。

具体的な政府の試算(IT人材の不足数)を見てみると、

IT人材の不足数

  • 2018年:22万人
  • 2020年:30万人
  • 2025年:36万人
  • 2030年:45万人

上記結果の通り、年々人材不足が多くなると予測されています。

従って、納期に間に合わない原因として、深刻な人材不足が一つの要因として挙げられます。

【原因2】ウォーターフォール型開発のため

次に2つ目の原因が「ウォーターフォール型開発のため」

ウォーターフォール型とは、上流工程から下流工程へと順番に進めていく開発ですが、日本のIT業界は、ウォーターフォール型が主流となります。
(出典:JUAS「ソフトウェアメトリックス調査2020」

ウォーターフォール型のデメリットは、開発が長期化して生産性が落ちること。

ですので、納期に間に合わない状況に陥りやすいと言えます。

実際、経産省の「IT産業における下請の現状・課題について」のデータで、元請け企業と下請け企業の労働生産性の数値を比較すると、

元請け企業と下請け企業の労働生産性比較

  • 元請け:6,415円/人・時
  • 下請け:3,719円/人・時

上記結果をみても、ウォーターフォール型の構造では、下請けが明らかに生産性が落ちていることがわかります。

同資料によると、生産性が落ちる主な要因としては、プロセス間のやり取りが頻繁に発生するからとしています。

従って、納期に間に合わない原因のひとつに、ウォーターフォール型の開発環境が挙げられます。

【原因3】不当な変更・やり直しがあるため

そして3つ目の原因として「不当な変更・やり直しがあるため」

システム開発において、取引先から不当な変更・やり直しを受ける場合があります。

そうすると、納期が遅れ、間に合わない状況になる可能性があります。

2022年1月26日には「下請代金支払遅延等防止法」が改正され、「不当な給付内容の変更及び不当なやり直しの禁止」が決まったものの、現実は難しいと言えます。

実際、公正取引委員会が公表した「ソフトウェア業の実態調査報告書」にある、取引先から問題のある行為を受けた場合の対応を調べると、

取引先から問題のある行為を受けた場合の対応

  • 今後取引できなくなる可能性を減らすため、 泣き寝入りした:214件/497件中
  • 泣き寝入りしたが、 二度と取引しないこととした:151件/497件中

上記の結果、7割近くが「泣き寝入りした」と答えています。

下請け依存度が90%のIT業界において、上記のような泣き寝入りする状況があれば、システム開発はスムーズに進行することが難しくなります。

以上を踏まえると、不当な変更・やり直しがある点も、納期に間に合わない原因になると言えるでしょう。

納期の締切時間・ケース別に対応するためのポイント

納期に間に合わない原因が把握できても、いざ直面すると最適解を出せないのが本音。

状況に出くわしたら、どう立ち振る舞えばいいのか?
納期に間に合わない状況として、おおむね以下の2通りが想定されます。

  • 翌日の朝一に納品しなければならない時
  • 当日が締切で納品しなければならない時

それぞれ、納期の締切時間・ケース別に対応するためのポイントをまとめていきます。

【ポイント1】翌日の朝一に納品しなければならない時

まず「翌日の朝一に納品しなければならない時」

結論、朝一に納品する場合は、朝早くに取り掛かるのが賢明。
なぜなら、夜遅くまで仕事をせず、朝早くに取り掛かるほうが、仕事の効率は上がるからです。

実際、働く男女500人を対象としたアンケートで、最も仕事の効率が上がる時間帯を尋ねた調査によると、

最も仕事の効率が上がる時間帯

  • 午前:66.6%
  • 夕方:14.0%
  • 午後:10.2%
  • 夜:9.2%

上記結果をみても、圧倒的に午前中に仕事が捗ると答える人が多いのがわかります。

従って、残業等で遅くまで仕事をしていても、かえって頭が回らずに時間だけが過ぎていく可能性が高いです。

ですので、翌日の朝一に納品しなければならない時は、前日は一旦仕事を切り上げ、翌日の朝早くに取り掛かることをおすすめします。

【ポイント2】当日が締切で納品しなければならない時

次に「当日が締切で納品しなければならない時」

結論、自分一人で抱え込まずに、プロジェクトチームの数人で業務を分担することをおすすめします。

分担できない仕事であれば、上司やチームリーダーに相談して対処法を講じたほうが良いと言えます。

誰にも相談できずに抱え込むと、仕事が捗らず、メンタル不調のきっかけにもなります。

たとえば、IT産業でエンジニアがメンタル不調に陥る状況を調査した大学の論文によると、メンタル不調に陥るきっかけとして、

メンタル不調に陥るきっかけ

  • 周囲と会話不足の環境
  • 同僚とのつながりが希薄
  • メンバー皆が多忙 で相談しづらい環境

上記の要因があることを指摘しています。

従って、当日が締切で納品しなければならない時は、自分一人で抱え込まずに、業務を分担したり、相談したりすると良いでしょう。

納期遅れのプレッシャーで感じるストレスを減らす方法

納期に間に合わない原因と対策を理解しても、ストレスは感じてしまうもの。

どうすればプレッシャーを和らげ、ストレスを減らせるようになるのか。

ここでは、自分で今すぐできる納期遅れのプレッシャーで感じるストレスを減らす方法をご紹介します。

【方法1】自己管理とスキルの向上に努める

まず意識したいのは「自己管理とスキルの向上に努める」

自己管理とスキルの向上はストレス軽減に効果的です。理由は、時間管理や問題解決能力の向上が、不測の事態への対応力を高め、結果としてストレスを減らすからです。

例えば、タイムマネジメントを学ぶことで、1日のタスクを効率的にこなせるようになり、余裕を持った仕事が可能となります。また、ストレスマネジメントの技法を習得することで、プレッシャーが高まった際に冷静さを保つ方法を身につけることができます。自己管理とスキルの向上はストレス軽減に直結します。

【方法2】コミュニケーション力の強化する

次にできることとしては「コミュニケーション力の強化する」

コミュニケーション力の強化は、納期遅れに伴うストレスを減らす鍵です。その理由は、効果的なコミュニケーションが誤解を防ぎ、チーム内の協力を促進するからです。

具体例として、定期的な進捗報告会を設けることで、問題点を早期に共有し、チームで解決策を探ることができます。このように、メンバー間で情報を共有し、支援を求め合う文化を築くことが、プレッシャーを軽減します。したがって、コミュニケーション力の強化は重要です。

【方法3】休息とリラクゼーションをしっかり取る

そして何より重要なのは「休息とリラクゼーションをしっかり取る」

休息とリラクゼーションをしっかり取ることは、ストレス軽減に効果的です。その理由は、十分な休息が心身の回復を促し、作業効率を向上させるからです。

例えば、短い休憩を日中に複数設けることで、集中力の維持が可能となり、仕事の質と速度が向上します。また、趣味や運動などを通じて心身をリフレッシュすることも重要です。休息とリラクゼーションを取ることで、ストレスは確実に軽減されます。

今後も納期に間に合わない状況に陥らないための対策

ここでは、今後も納期に間に合わない状況に陥らないための対策をご紹介します。

【対策1】計画を立てて仕事を進める

今すぐ取り組める対策として「計画を立てて仕事を進める」

計画性は、効率良く仕事を進める上で有効です。

実際、効率良く仕事ができていると感じる人が過半数を占めるアンケート調査で、効率アップのために工夫していることを尋ねると、

  1. タスク管理:179人/500人中
  2. スケジュールを立てる:70人/500人中
  3. システム・ツールの活用:68人/500人中

上記結果の通り、タスク管理やスケジュールを立てるなどの、計画性を重視する人が多いことがわかりました。

従って、闇雲に仕事を進めるよりも、初めからきっちりと計画性を持って進める方が、納期に間に合わせやすく、また、軌道修正も早い段階で行えます。

ですので、計画を立てて仕事を進めるのが、対策のひとつだと言えます。

【対策2】ホウレンソウを常に意識する

次に取り組みたい対策として「ホウレンソウを常に意識する」

報告・連絡・相談などのコミュニケーションを改善するだけで、効率良く仕事が進められる可能性が高いです。

主な理由としては、会話のないことで生じる認識の不一致や、ミスが少なくなるから。

たとえば、仕事の効率化に関するアンケート調査で、実際に働く人に仕事の効率化につながることを尋ねたところ、

  • 業務指示の明確化:54%
  • 情報共有:54%
  • コミュニケーションの活性化:49%

上記結果をみても、指示や連絡など、対人的な事柄が上位にあります。

なので、常に情報共有することが、仕事の進捗に大きく影響すると考えられます。

以上を踏まえると、納期に間に合わない状況に陥らない対策として、ホウレンソウを常に意識することも大事だと言えます。

【対策3】70点の完成度で一旦提出する

3つ目の有効な対策が「70点の完成度で一旦提出する」

効率が悪い仕事をする人の例として、完璧主義があります。

完璧主義の人は、ひとつの仕事の完成度にこだわりすぎて、結局時間がかかりすぎる傾向があります。

そこで、7割程度の完成度で提出することで、効率良く仕事を行うことができます。

たとえば、あるポータルサイトの編集長の記事によると、業務をスムーズに行う工夫として、

  • 100%は目指さない
  • 締め切りまで余裕が出るように仕上げる
  • 余った時間で手を加える

上記のような工夫を挙げています。

そのほうが、気持ちに余裕が生まれるメリットがあり、修正する時間も確保することができため、ミスが少なります。

ですので、70点の完成度で一旦提出することも、対策として有効だと言えるでしょう。

【対策4】仕事の進め方ややり方を見直す

4つ目の対策として取り組みたいのが「仕事の進め方ややり方を見直す」

仕事の進め方ややり方を見直すことは、納期遵守に不可欠です。

その理由は、効率的なプロセスが時間を節約し、品質の向上にも繋がるからです。例えば、タスクごとに時間を計測し、非効率な作業を特定する。その上で、作業手順の改善や不要なプロセスの排除を行います。また、過去の成功事例を分析し、効果的な方法を標準化することも有効です。このように仕事の進め方ややり方を見直すことで、プロジェクトはスムーズに進行し、納期遵守が容易になります。

【対策5】キャパオーバーな状態で仕事は引き受けない

そして5つ目の対策が「キャパオーバーな状態で仕事は引き受けない」

キャパオーバーな状態で仕事を引き受けないことは、納期遵守に欠かせません。なぜなら、過剰な負荷が質と速度の低下を招き、結果的にプロジェクトの遅延に繋がるからです。

例えば、新たな案件が依頼された際には、現在のタスク、リソース、締め切りを総合的に評価し、実際に対応可能かどうかを慎重に判断します。必要に応じて協力を求めるか、スケジュール調整を行うことも重要です。このように、現実的な仕事量の管理を行うことで、プロジェクトは円滑に進行し、納期の遵守が可能になります。

【Q&A】辞めたいと感じる納期が間に合わない状況のよくある質問

最後に辞めたいと感じる納期が間に合わない状況のよくある質問をまとめます。

【質問1】納期に間に合わないとクビになる?

疑問に思うエンジニア

「納期に間に合わないとクビになる?」

結論、納期に間に合わなくても、ただちにクビになるわけではありませんが、納期に間に合わなかった要因によって、人事評価は変わってくると考えられます。

たとえば、厚労省が公表する「労働契約の終了に関するルール」をみると、人手不足や不当な変更など、やむを得ない状況により納期に間に合わないのであれば、会社は正当な理由がないために、解雇することができません。

ですが、十分に納期に間に合う余裕があるにも関わらず、職務怠慢などの理由により、間に合わなかった場合は、会社側から一定の評価を下される可能性は高いです。

ですので、どういった要因で、納期に間に合わなかったかが重要になると言えるでしょう。

【質問2】納期遅れは信用に影響しますか?

疑問に思うエンジニア

「納期遅れは信用に影響しますか?」

仕事の規模や重要度によると言えます。

ただ、納期遅れはできるだけ少ないに越したことはないため、なるべく遅れないような対策や対処法を常に講じる必要があります。

たとえば、納期の設定の段階であきらかに間に合わないと感じられる場合は、業務に取り掛かる前に、上司やチームリーダーに相談すべきです。

上記のように、納期遅れになる前に最善の対策を講じた上で、それでも間に合わない場合は、信用を落とす可能性は少ないのではないでしょうか。

つまり、業務に対する取り組み方によって、評価が大きく変わると言えます。

【質問3】納期に遅れるエンジニアの共通点は?

疑問に思うエンジニア

「納期に遅れるエンジニアの共通点は?」

納期に遅れるエンジニアの共通点は、計画性の不足とコミュニケーションの欠如です。

計画性が不足していると、タスクの見積もりや優先順位付けが適切に行われず、結果的に作業が滞ることがあります。また、コミュニケーションを怠ると、問題が発生した際に適切なサポートや調整が行えず、遅延に繋がることが多いです。具体例としては、リスクが顕在化したにも関わらず、その共有が遅れたケースなどが挙げられます。このように、計画性とコミュニケーションを改善することが、納期遵守には不可欠です。

まとめ:納期に間に合わない!辞めたい時の対処法と今後の対策

納期に間に合わない!辞めたい時の対処法と今後の対策をまとめてきました。

改めて、納期に間に合わない!辞めたい時の対処法をまとめると、

納期に間に合わない!辞めたい時の対処法

  • 退職手続きをすべて代行する
  • 今後のキャリア形成はプロに相談する
  • 転職エージェントをフル活用して転職活動を始める

今すぐ辞めるなら「退職代行サービス」という選択肢もあります。

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
非常に多くの社会人に認知され、利用されている話題のサービスです。

退職のストレスを一切感じたくない、納期に追われない新しい環境に移りたい方は、ぜひ活用ください。

もし、今後のキャリア形成について慎重に考えたいなら「ポジウィルキャリア」を活用するのが最適解です。

ポジウィルキャリアは、キャリアに特化したパーソナル・トレーニング。初めて転職をする人や、年収を上げたい人、若くして理想のキャリアを築きたい人を中心に、キャリアサポートで実績を上げています。

あなたのキャリアと100%向き合うため、求人紹介がないのも特徴の一つ。

一人ひとり個人に向き合った、キャリア形成の計画やアドバイスを立ててくれるので、効率よくキャリアを積みたいという人に最適なサービスだと言えるでしょう。

\20~30代のキャリア相談No.1/
『ポジウィルキャリア』まずは無料カウンセリングを予約する
【公式サイト:https://posiwill.jp