プログラマーの仕事についていけない?しんどいと感じた時の対処法5選と原因
迷えるエンジニア3

「プログラマーの仕事についていけない。。どうすれば対処できる?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「プログラマーの仕事についていけないと感じる人」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • プログラマーの仕事についていけない時の対処法
  • プログラマーの仕事がしんどい原因とついていけない人の特徴
  • プログラマーの仕事についていけないから今すぐ辞めたい人へ

なぜ、プログラマーの仕事についていけないと感じるのか?

辛いしんどい状況を、どうすれば抜け出せるのか。

プログラマーの仕事についていけない時の対処法としんどい原因や向いてない人の特徴を詳しく解説していきます。

プログラマーでついていけないと感じる人は多い

あなただけではありません。

実は、プログラマーでついていけないと感じる人は多いことをご存知でしょうか。

実際、厚労省が公表する「労働安全衛生調査」によると、メンタル不調により連続1ヶ月以上休業した労働者が最も多い業界は、情報通信業とのデータがあります。

具体的にデータを確認してみると、

  • 情報通信業:36.3%(退職者17%)
  • 電気、ガス、水道業:28.2%(退職者8.3%)
  • 金融業、保険業:24.8%(退職者9.1%)
  • 複合サービス事業:21.0%(退職者6.9%)
  • 学術研究、専門・技術サービス業:20.9%(退職者9.0%)

上記結果の通りで、IT業界(情報通信業)の休職者や退職者が、産業界の中でも最も多いことがわかります。

従って、仕事がついていけないと感じている人は、他の業界よりも多いと言えます。

ですので、プログラマーでついていけないと感じることは、決してあなただけではありません。

プログラマーの仕事についていけない時の対処法5選

では実際に、プログラマーの仕事についていけないと感じたらどうすればいいのか?

IT業界やプログラマーの仕事に従事する環境に留まっても、リスクを抱えて生活しているのと同義です。

具体的なプログラマーの仕事についていけない時の対処法5選をご紹介します。

【対処法1】今すぐ転職する

最適解なのが「今すぐ転職する」

仕事についていけないのは、職場の労働環境に起因する可能性があります。

であれば、思い切って環境自体を変えてみるのが最適解です。

実際、IT業界において、同じエンジニアとして職場を変えることは、それほど珍しいことではありません。

たとえば、マイナビが公表した「中途採用・転職活動の定点調査(2024年1月)」で、中途採用活動実施率を業種別に見てみると、

  • 医療、福祉、介護:53.7%
  • IT、通信、インターネット:48.6%
  • フードサービス:46.6%

上記の通り、IT業界が2番目に実施率が高いです。

従って、IT業界における労働力市場は流動的(=転職市場で需要が高い)であることがわかります。

以上を考えると、ついていけない時は、転職すると状況が改善する可能性があるため、最適な対処法になると言えます。

では、いざ転職を決意したなら次はどうすればいいのか?

答えは「転職エージェントに相談する」です。
効率的かつ有効に求人を探すためにも、転職エージェントの活用は必須です。

なぜなら、自力で求人を探すのは時間がかかり過ぎるから。

日本にはどれくらいの会社があるかご存知でしょうか?
上場企業だけでも4,000社弱、中小零細も含めると400万社を超えています。

これらの企業の中から、自分に合った会社はどこか?
転職先としてニーズにマッチした企業はどこか?調べるのは現実的ではありません。

そこで、転職エージェントの活用です。
あなたのニーズに合った企業“だけ”を求人紹介してくれます。

転職先企業の希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます

求人の紹介を受けるだけでも価値があります。
ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
実績豊富な転職エージェントを3社厳選しご紹介します、ぜひご活用ください。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

【対処法2】別の部署に異動する

今の会社に留まりたいなら「別の部署に異動する」

転職するのが難しい場合は、同じ会社内でも違う部署に移るだけで、環境は改善するケースがあります。

実際、会社側でも人事異動を積極的に行う企業は多いです。

具体的なデータで見ると、約6割の企業で異動を行っており、その理由を尋ねると、

  • 各個人の能力を引き出すため:57.0%
  • 部署のニーズに人材の能力をマッチングさせるため:45.7%
  • 各個人の異動の希望を叶えるため:40.3%

上記のように、個人の最適な環境に合わせて異動が行われていることがわかります。

ですので、プログラマーの仕事についていけない時は、抱え込まずに上司に相談して、異動願いを出すと状況が進展する可能性があります

従って、別の部署に異動する方法が、対処法として有効だと言えます。

【対処法3】プログラミングスクールに通う

ITスキル不足と感じるなら「プログラミングスクールに通う」

「ついていけない」のは「できない」ことも原因の一つ。
つまり、スキル・知識に磨きをかけて、業務の幅を広げるのも対処法の一つになります。

では、どうすればITスキルを短期間かつ効果的に習得できるようになるのか?

プログラマーにとって最適解は「プログラミングスクールの利用」です。

プログラミングスクールは、近年ではオンライン完結のスクールも多いので、手軽に受けられるのがメリットです。

実際、IT企業が行った「プログラミングスクールの利用実態調査」で、プログラミングスクールを利用した人を対象に良かった点を尋ねたところ、

  • プログラミングスキルの向上が実感できた:68%
  • プログラミングが楽しくなった、好きになった:36%
  • メンター、講師の能力が高かった:28%

上記の通り、スキル向上が実感できたと答える人が半数以上を占めていることがわかります。

また、厚労省では、教育訓練支援制度を行っており、対象の講座を受講すると受講料の一部が支給されるサポートを行っています。

ですので、金銭的な面でも、政府からサポートを受けられるので安心です。

以上のように、プログラマーの仕事についていけない場合の対処法として、プログラミングスクールに通うのもひとつの方法だと言えます。

プログラミングスクールに通うのがおすすめなのは分かったけど、ではどのスクールがいいのか?

今では、優れたスクールが数多く提供されています。
その中でも、特に実績豊富なプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

【対処法4】自己分析から強みを客観視してみる

キャリアの方向性に迷うなら「自己分析から強みを客観視してみる」

誰にでも「仕事上の強み」はあります。
たんに気づいていないだけで、必ず誰にも負けない強みを持っています。

この「強み」を見出す手段が「自己分析」になります。

新卒の就職活動時に、多くの就活生が取り組んでいた自己分析とほぼ同じやり方です。

ただ、大人になって自己分析をやろうとしても上手くはいきません。
なぜなら、目の前の業務や現状に置かれた立場は、昔と違って複雑化しているから。

一人で適当に自己分析を行ったとしても、強みは見出せないどころか、時間の無駄です。

ではどうすれば、自己分析から強みを客観視できるようになるのか?

答えは、プロのキャリアコーチングに相談することです。

キャリアに関する専門知識を持っているので、キャリアアップに必要な具体的方法を教えてもらうことができます。

なかでも、優れたキャリアコーチングを提供する「ポジウィルキャリア」の活用が最もおすすめです。

ポジウィルキャリアは、キャリアに特化したパーソナル・トレーニング。初めて転職をする人や、年収を上げたい人、若くして理想のキャリアを築きたい人を中心に、キャリアサポートで実績を上げています。

あなたのキャリアと100%向き合うため、求人紹介がないのも特徴の一つ。

一人ひとり個人に向き合った、キャリア形成の計画やアドバイスを立ててくれるので、効率よくキャリアを積みたいという人に最適なサービスだと言えるでしょう。

\20~30代のキャリア相談No.1/
『ポジウィルキャリア』まずは無料カウンセリングを予約する
【公式サイト:https://posiwill.jp

【対処法5】仕事と休日のメリハリをしっかりつける

疲れているなら「仕事と休日のメリハリをしっかりつける」

仕事がついていけないと感じるのは、休みが足りていないことも原因として考えられます。

なぜなら、休みが少ない人は、自分一人の仕事量が多いと感じてしまうから。

実際、内閣府の「ワーク・ライフ・バランスに関する個人・企業調査」にて、年次有給休暇取得率別の職場の特徴を調査した結果、

  • 有給取得率70%以上:33.1%
  • 有給取得率70%未満:36.9%
  • 有給取得率50%未満:45.7%
  • 有給取得率0%:49.0%

上記の通り、取得率が低いほど、仕事量が多いと感じる人が多いことがわかります。

従って、有給をできるだけ取るようにしたり、取りにくい環境であれば、休日は仕事のことは一切考えずに休息に徹することが大事だと言えます。

以上のように、仕事と休日のメリハリをつけることも、ついていけないと感じる対処法としておすすめです。

なぜついていけないのか?プログラマーの仕事がしんどい原因

ここまで、プログラマーの仕事についていけない時の対処法をご紹介してきました。

これらいずれかの対処法で現状の「ついていけない」問題は解消できるでしょう。

ただ、なぜついていけないのか?
原因を突き止めることでも、解決の糸口は見出せるようになります。

ここからは、プログラマーの仕事がしんどい原因について深堀解説していきます。

【原因1】ルーティンワークがきついため

まず1つ目の原因として「ルーティンワークがきついため」

プログラマーの業務の中には、コーディングなど単純作業に匹敵する仕事があります。

そのため、毎日同じことの繰り返しに感じてしまい、疲弊してついていけないケースが挙げられます。

実際、ソフトウェア開発会社の働き方調査で、ITエンジニアを対象に苦手な仕事を尋ねたところ、

  • ルーティンワーク、手伝い:52%
  • 報告書などの文書の作成:52%
  • 社内の打合せ、調整業務:46%

上記の通り、単純作業や文書作成作業が、特に苦手とするエンジニアは多いようです。

従って、単純作業はどんなエンジニアやプログラマーでも、苦手意識をもっている可能性が高く、しんどいと感じる人が多いと言えます。

ですので、ルーティンワークをきついと感じる点が、プログラマーの仕事はしんどい原因として挙げられます。

【原因2】自分のスキルに対する不安があるため

次に2つ目の原因として「自分のスキルに対する不安があるため」

スキルに対する不安感は、プログラマーにとって、他の職種よりも強く感じる傾向があります。

主な理由としては、IT業界は技術進歩が激しいため、新しいスキルを求めるスピードが早いからです。

実際、パーソル総合研究所による「ITエンジニアの人的資源管理に関する定量調査」では、キャリアに対する不安感として、

  • 現在のスキルがいつまで通用するか不安:46.5%(ITエンジニア)、36.8%(その他の職種)
  • いつまで新しいスキルが習得できるか不安:43.6%(ITエンジニア)、33.6%(その他の職種)

上記結果の通り、ITエンジニアのほうが他の職種よりも、不安感が強い傾向にあります。

ですので、プログラマー業務をしんどいと感じた結果、ついていけないと感じる人がでてくる可能性があります。

以上のように、プログラマーの仕事がしんどい原因として、スキルに対する不安感が挙げられると言えます。

【原因3】仕事が長時間労働のため

そして3つ目の原因として挙げられるのが「仕事が長時間労働のため」

プログラマーの労働時間が長すぎて、プライベートの時間を確保できず、ついていけないと感じる場合があります。

2019年から始まった働き方改革により、残業時間削減に努める企業が多くなったとはいえ、IT業界はまだまだ改善できていない状況があります。

たとえば、厚労省が公表した「過労死等防止対策白書」で、2022年の産業別年間総実労働時間を見てみると、

  • 全産業平均:1,633時間
  • 情報通信業:1,873時間

全産業の平均より、情報通信業の方が160時間も多いことがわかります。

また、同資料で月別の所定時間外労働時間をみると、2022年12月の残業時間は、15.9時間とあり、例年より高水準です。

以上を踏まえると、仕事が長時間労働のためというのも、プログラマーの仕事がしんどい原因のひとつと言えます。

プログラマーの仕事に自信がない・ついていけない人の特徴

プログラマーの仕事についていけない原因について解説してきました。

原因だけでなく、どういったエンジニアがついていけないのか?

プログラマーの仕事に自信がない・ついていけない人の特徴をまとめます。

【特徴1】学習意欲が低い人

まず1つ目の特徴として「学習意欲が低い人」

学習意欲が低いプログラマーは技術進化に追いつけず、自信を失いやすいです。

IT業界は日々進化し、新しい言語やツールが常に登場しています。この変化に対応するためには、継続的な学習が不可欠です。たとえば、新しいフレームワークが登場した際、学習意欲が低いプログラマーはそれを学ぶ機会を逃し、プロジェクトでの貢献度が下がる可能性があります。結果として、チーム内での立場が弱まり、自信を喪失することになります。学習意欲が低いと、技術進化についていけず、自信が持てなくなるのです。

【特徴2】IT技術への理解が浅い人

次に2つ目の特徴として「IT技術への理解が浅い人」

IT技術への理解が浅いプログラマーは、根本的な概念が把握できず、効率的な問題解決が困難です。

深い技術理解は、複雑な問題へのアプローチ方法を知り、より洗練されたソリューションを生み出す基盤となります。例えば、データベース設計の基礎が不十分なプログラマーは、非効率なクエリを書いてシステムのパフォーマンスを低下させる可能性があります。このような状況は、プロジェクト進行における信頼性の低下に繋がり、自信の喪失を招きます。従って、IT技術への理解が浅いと、問題解決能力が低下し、自信を持てなくなるのです。

【特徴3】フィードバックを受け入れられない人

そして3つ目の特徴が「フィードバックを受け入れられない人」

フィードバックを受け入れられないプログラマーは成長の機会を失い、自信が低下します。

フィードバックは技術向上や仕事の質の改善に不可欠であり、それを無視することは自己発展の妨げになります。例えば、コードレビューでの指摘を受け入れずに同じミスを繰り返すプログラマーは、技術的な進歩が停滞し、チームからの信頼も失います。その結果、プロジェクトにおける自身の貢献度が認識されにくくなり、自信を喪失する可能性が高まります。したがって、フィードバックの受け入れができないと、技術的な成長も自信の構築も阻害されます。

プログラマーの仕事についていけないから今すぐ辞めたい人へ

「プログラマーの仕事についていけないから今すぐ辞めたい」

現状から抜け出したい、と感じる人はとにかく多いです。

しかし実は、辞めたくても辞められない人も一定数いるのも事実。

なぜ辞められないのか?理由をみると、以下のようなことに集約されます。

辞めたくても辞められない理由

  • 退職を切り出すのが怖いから
  • 辞めると言い出すのが気まずいから
  • 会社・上司に引き止められているから
  • 会社のメンバーに申し訳ないという気持ちが先行するから

つまり、言い出す勇気が持てない、ことが最たる原因として挙げられます。

でも安心してください。

辞めることに会社・上司への報告も、無駄な労力も、勇気を振り絞る必要もありません。

なぜなら、あなたに代わって退職手続きをすべて代行してくれるサービスがあるからです。

それが「退職代行サービス」です。

退職代行サービスとは、会社を辞めたい人に代わって退職の手続を代行するサービスのこと。

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
非常に多くの社会人に認知され、利用されている話題のサービスです。

退職のストレスを一切感じたくない、納期に追われない新しい環境に移りたい方は、ぜひ活用ください。

【Q&A】ついていけないプログラマーに関するよくある質問

最後についていけないプログラマーに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】どんな人がプログラマーに向いていますか?

疑問に思うエンジニア

「どんな人がプログラマーに向いていますか?」

結論、プログラマーに向いている人は、高い学習意欲と問題解決能力を持ち合わせています。

技術は常に進化しており、新しいプログラミング言語やツールが続々と登場するため、学ぶ意欲が強い人が成功しやすいです。また、プログラミングは問題解決のプロセスであるため、複雑な課題に直面しても冷静に分析し、クリエイティブな解決策を見出せる能力が求められます。例えば、効率的なアルゴリズムを考案できる人は、プログラミングにおいて高いパフォーマンスを発揮します。ですので、学習意欲が高く、問題解決能力に長けている人が、プログラマーに適しています。

【質問2】プログラマーの仕事は誰も教えてくれないのが普通?

疑問に思うエンジニア

「プログラマーの仕事は誰も教えてくれないのが普通?」

プログラマーの仕事では、自己解決能力が強く求められるため、全てを教えてもらえる環境は一般的ではありません。

実際、業界には自学自習を重視する文化が根付いており、新しい問題に直面した際には、まずは自分で調査し解決策を見つけることが期待されます。例えば、エラーメッセージが出た時に、その意味をインターネットで調べたり、同僚に質問する前に自身で解決策を模索するのが普通です。しかし、完全に孤立して作業するわけではなく、チーム内で知識を共有する文化もあります。したがって、プログラマーは自己解決能力を重要視される職種であり、全てを教えてもらうことは少ないですが、困った時にはチームでサポートしあう文化も存在します。

【質問3】プログラマー1年目はわからないことだらけ?目指すべき目標は?

疑問に思うエンジニア

「プログラマー1年目はわからないことだらけ?目指すべき目標は?」

プログラマー1年目は、確かにわからないことが多いのが一般的です。

新しい環境や技術、業務フローに適応する過程で、多くの学習が必要になります。目指すべき目標としては、基本的なプログラミングスキルの習得とプロジェクトへの貢献が挙げられます。たとえば、シンプルなバグ修正から始めて、徐々に小規模な機能開発を任されるようになることが理想的です。また、コードレビューやチームミーティングでのアクティブな参加を通じて、コミュニケーション能力も同時に向上させることが重要です。以上のことから、1年目は基本的な技術力の向上とチームへの適応を目標にすると良いでしょう。

【質問4】自社開発エンジニアの仕事についていけない時はどうすれば?

疑問に思うエンジニア

「自社開発エンジニアの仕事についていけない時はどうすれば?」

自社開発エンジニアの仕事についていけない時は、まずは具体的な問題点を特定し、それに対する学習やサポートを求めることが重要です。

技術的な課題であれば、関連する書籍やオンラインリソースを利用して知識を深めたり、チームメンバーやメンターに相談することが効果的です。例えば、新しいフレームワークの使い方がわからない場合は、そのフレームワークに関するドキュメントを読むか、研修を受けることが有効です。プロジェクト管理やコミュニケーションが課題なら、フィードバックを積極的に求め、改善策を実行に移します。したがって、自己解決に努めると同時に、適切な支援を求めることで仕事についていけるようになります。

【質問5】Web系エンジニアの仕事についていけない人の対処法は?

疑問に思うエンジニア

「Web系エンジニアの仕事についていけない人の対処法は?」

Web系エンジニアの仕事についていけない人は、まずは自身の弱点を明確に特定し、それに基づいた学習計画を立てるべきです。

例えば、最新のフロントエンド技術が理解できない場合は、関連する書籍やチュートリアルを通じて基礎から学ぶことが有効です。また、実際のプロジェクトで使われている技術スタックに関するドキュメントやコミュニティでのQ&Aを積極的に利用することも推奨されます。仕事の進行中に不明点があれば、適宜、同僚や上司に質問し、理解を深めることが大切です。結論として、自主的な学習と周囲からのサポートを組み合わせることで、Web系エンジニアとしてのスキルアップが可能になります。

まとめ:プログラマーの仕事についていけない時の対処法と原因

プログラマーの仕事についていけない時の対処法と原因をまとめてきました。

改めて、プログラマーの仕事についていけない時の対処法をまとめると、

プログラマーの仕事についていけない時の対処法

  • 今すぐ転職する
  • 別の部署に異動する
  • プログラミングスクールに通う
  • 自己分析から強みを客観視してみる
  • 仕事と休日のメリハリをしっかりつける

今すぐ辞めるなら「退職代行サービス」という選択肢もあります。

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
非常に多くの社会人に認知され、利用されている話題のサービスです。

退職のストレスを一切感じたくない、納期に追われない新しい環境に移りたい方は、ぜひ活用ください。

もし、今後のキャリア形成について慎重に考えたいなら「ポジウィルキャリア」を活用するのが最適解です。

ポジウィルキャリアは、キャリアに特化したパーソナル・トレーニング。初めて転職をする人や、年収を上げたい人、若くして理想のキャリアを築きたい人を中心に、キャリアサポートで実績を上げています。

あなたのキャリアと100%向き合うため、求人紹介がないのも特徴の一つ。

一人ひとり個人に向き合った、キャリア形成の計画やアドバイスを立ててくれるので、効率よくキャリアを積みたいという人に最適なサービスだと言えるでしょう。

\20~30代のキャリア相談No.1/
『ポジウィルキャリア』まずは無料カウンセリングを予約する
【公式サイト:https://posiwill.jp