TDKの将来性は有望?新中期経営計画の3つのポイントから考察【就活・転職の対策あり】
迷えるエンジニア2

「TDKの将来性はある?ない?内定を勝ち取るための対策やおすすめの支援サービスがあれば教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「TDKの将来性が気になる就活生・転職希望者」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • TDKの将来性を新中期経営計画から考察
  • 勝ち組のTDKから内定を勝ち取るための対策
  • TDKの将来性に期待して転職したい人向けの支援サービス

TDKなど大手IT企業に就職や転職するなら

結論、IT専門の転職エージェントをフル活用するのがおすすめです。

あなたの希望にマッチした企業のみを紹介してくれます。
ですので、求人を探す手間も、応募や企業とのやり取りも省くことができます。

本記事で紹介する転職エージェントは、大手から人気ベンチャーまで幅広く求人を扱っています

興味がある方は、まずは無料相談から受けてみてください。
キャリア相談や市場価値の把握など、プロの話を聞くだけでも有益な時間を過ごせます。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

もし、あなたが就活生でTDKなど大手IT企業に就職を希望しているなら、5,000社以上の企業情報を保有する「レバテックルーキー」の活用が最もおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。ファーストキャリアをTDKなどIT大手と決めている方は、ぜひご活用ください。

TDK株式会社とはどんな会社?

TDKの将来性について深堀考察する前に、TDK株式会社とはどんな会社か?概要をご紹介します。

TDK株式会社は、1935年に設立された日本の電子部品メーカーで、フェライトコアの製造からスタートしました。現在では、電子部品、デバイス、モジュールおよびシステムの製造において世界的なリーダー企業となっています。

事業分野は広範囲にわたり、情報通信、家電、自動車、産業機器、エネルギーなど多岐にわたる分野でのソリューションを提供しています。特に、磁気技術や圧電技術に基づく製品開発に強みを持ち、先端技術を駆使した製品で市場をリードしています。世界中に展開する拠点を持ち、多様な文化と技術の融合を図りながら、持続可能な社会の実現に貢献しています。

TDKは、革新と挑戦を続ける企業文化を大切にし、社員一人ひとりが成長し、自己実現できる環境を提供しています。

TDKの強みと弱みは何か

TDKの強みと弱みは何か?それぞれ解説します。

TDKの強み

  • 先進技術力: フェライトコアや圧電技術など、独自の先端技術に強みを持ち、革新的な製品を開発。
  • グローバル展開: 世界中に拠点を持ち、多様な市場でのニーズに対応できる体制を確立。
  • 多様な製品ラインアップ: 情報通信、家電、自動車、産業機器、エネルギーなど、幅広い分野に製品を提供。
  • 持続可能性への取り組み: 環境負荷の低減や持続可能な社会の実現に向けた活動を推進。
  • 企業文化: 革新と挑戦を重んじ、社員の成長と自己実現をサポートする環境を提供。

TDKの弱み

  • 市場依存度: 特定の市場や顧客に依存する部分があり、経済変動の影響を受けやすい。
  • 競争激化: グローバル市場での競争が激化しており、常に新しい技術や製品の開発が求められる。
  • 生産コスト: 高度な技術を維持するための研究開発費や生産コストが高くなる可能性。
  • 法規制対応: グローバル展開に伴う各国の法規制や環境規制への対応が必要。
  • 迅速な変革の必要性: 技術の進化が早く、迅速に変革し続ける必要がある。

TDKと村田製作所との違い

TDKの競合他社として、村田製作所の名前が挙がります。そのTDKと村田製作所との違いについてもご紹介します。

TDK 村田製作所
事業内容
  • 電子部品、デバイス、モジュールおよびシステムの製造。
  • 情報通信、家電、自動車、産業機器、エネルギーなど多岐にわたる分野に製品を提供。
  • 磁気技術や圧電技術に基づく製品開発が強み。
  • コンデンサ、インダクタ、フィルタ、センサ、無線通信モジュールなどの電子部品を製造。
  • 家電、自動車、通信機器、ヘルスケア、産業機器などの分野に製品を提供。
  • センサ技術や通信技術を活用したソリューションが強み。
技術力
  • 磁気技術や圧電技術に強み。
  • 独自の先端技術を駆使した革新的な製品を開発。
  • センサ技術や通信技術に強み。
  • 小型化、高性能化を追求した製品開発が特徴。
グローバル展開
  • 世界中に拠点を持ち、多様な市場でのニーズに対応。
  • 持続可能な社会の実現に向けた活動を推進。
  • 世界中に生産拠点と販売網を持ち、グローバル市場での競争力を確保。
  • 各国のニーズに合わせた製品提供と現地化を進めている。
企業文化・社風
  • 革新と挑戦を重んじ、社員の成長と自己実現をサポートする環境を提供。
  • 環境負荷の低減や持続可能な社会の実現に向けた企業文化。
  • 技術革新と顧客満足を重視する企業文化。
  • 社員の能力開発や働きやすい環境づくりに注力。

今すぐTDKから内定を勝ち取るための対策を確認したい就活生は、こちらをご覧ください。無料で今すぐできる有効な対策を紹介しています。

TDK社員の年収は1000万超え?

気になるTDK社員の年収は1000万超え?なのかどうか。

TDKの平均年収は、IR情報から「789万円」となっています。

ただ、TDK社員の年収が1000万円を超えるかどうかについての具体的な情報は公開されていません。しかし、同社は高度な技術を駆使し、世界的に活躍するリーディングカンパニーであるため、技術職や管理職などの高スキルポジションでは、それに見合った高い給与が期待できる可能性があります。

TDKの将来性に期待して転職したい人向けの支援サービスを確認したい方は、こちらをご覧ください。転職成功率を上げる無料の方法があります。

TDKの将来性を新中期経営計画の3つのポイントから考察

TDKへの就職・転職を考えている人にとって、会社の将来性は気になること。

誰も将来性のない会社になど就職したくありません。

では、どうすればTDKの将来性は判断できるのか?最も有効な判断材料が、会社が公表する「中期経営計画」です。

ここからは、TDKの将来性を新中期経営計画の3つのポイントから考察していきます。

新中期経営計画の3つのポイント

  • キャッシュフロー経営の強化
  • 事業ポートフォリオマネジメントの強化
  • フェライトツリーの進化

【ポイント1】キャッシュフロー経営の強化

まず1つ目のポイントとして「キャッシュフロー経営の強化」

TDKでは、還元されたフリー・キャッシュ・フロー(FCF)を成長投資に配分することで、持続的なキャッシュ・フローを目指しています。

今後、営業キャッシュ・フローの拡大要因として、見込まれている分野は、

営業キャッシュ・フローの拡大要因

  • エナジー応用製品:スマートフォンのバッテリーから産業向けの電源など
  • 受動部品:セラミックコンデンサーや高周波部品など
  • センサ応用製品:温度・圧力センサーなど

上記製品分野の強化により、社会への貢献を促すのが第一の目標だと考えられます。

一方で、人的資本や技術力など、未財務資本への投資を行うことで、長期的な資金回収の流れが期待できます。

要するに、製品力の強化で営業力を拡大させながら、長期的な資金回収を見据えた投資を行い、持続的なキャッシュ・フローの流れを作るのが目的です。

バッテリーやセンサーなどの製品は、日々の生活に欠かせないものなので、今後も需要が衰えないと予想されるため、TDKの将来性は非常に有望だと言えます。

【ポイント2】事業ポートフォリオマネジメントの強化

次に2つ目のポイントとして「事業ポートフォリオマネジメントの強化」

ポートフォリオマネジメントとは、企業の主力製品とその投資先のバランスをとることで効果を得る経営手法。

たとえば、TDKでは、将来性の高い主力製品の事業に、多く投資を行うことで、営業利益率や事業ROAの向上を図っています。

実際、決算期ごとの売上高・営業利益率・事業ROAの推移と今後の目標値をみると、

決算期 売上高 営業利益率 事業ROA
2021年3月 14,790億円 7.6% 5.2%
2023年3月 21,039億円 8.2% 5.3%
2027年3月(目標値) 25,000億円 11% 8%

上記の通り、着実な利益拡大が行われています。

なかでも、センサ応用製品事業で、磁性技術・薄膜技術を活躍した「TMRセンサ」の展開が、ポートフォリオ追加の効果により、2022年にROAが飛躍的に向上。

こうした販売拡大が継続的に行われる点で、今後もさらなるTDKの事業強化が見込まれます。

【ポイント3】フェライトツリーの進化

そして3つ目のポイントとして「フェライトツリーの進化」

フェライト」とは、TDKのルーツとなる素材のひとつ。

鉄などの酸化物からなる磁性セラミック素材から、無線通信機・ラジオで使用される「フェライトコア」を製品化したのが、TDKの始まりです。

その「フェライト」から派生した製品群からなる「フェライトツリー」を進化させていくことが、TDKの成長戦略のひとつとして掲げられています。

具体的には、今後のフェライトツリーに、ソフトウェア技術が追加され、ニーズに対応した製品開発が行われています。

たとえば、新事業のひとつに「ソリューションビジネス」の分野があり、主力製品の「センサ」に「ソフトウェア」を加えた応用技術で、独自の販路を開拓。

もともとある技術を応用し、新しいニーズのある技術と組み合わせて、新しい活路を見出せるのは、TDKの主力技術の大きな強みだと言えます。

以上のように、フェライトツリーの進化からも、TDKの将来性が良好であることが伺えます。

今すぐTDKから内定を勝ち取るための対策を確認したい就活生は、こちらをご覧ください。無料で今すぐできる有効な対策を紹介しています。

将来性を考慮してTDKへの就職に向いている就活生の特徴

ここまで、TDKの将来性について中計の観点から考察してきました。

では、どういった就活生にTDKへの就職は向いているのか?

将来性を考慮してTDKへの就職に向いている就活生の特徴をまとめていきます。

【特徴1】技術志向が高い人

まず1つ目の特徴として「技術志向が高い人」

TDK株式会社への就職には、技術志向が高い人が向いています。理由は、TDKが電子部品、デバイス、モジュールなどの先端技術を駆使した製品を提供しているからです。例えば、TDKは磁気技術や圧電技術を活用して、新しい電子部品やデバイスを開発し続けています。技術に対する興味や情熱を持ち、新しい技術に挑戦する意欲がある人は、TDKの事業に大いに貢献できるでしょう。以上から、技術志向が高い人がTDKに向いていると言えます。

【特徴2】自己成長を求める人

次に2つ目の特徴として「自己成長を求める人」

TDKは、自己成長を求める人に最適な環境を提供しています。自己成長を求める人がTDKに向いている理由は、同社が社員の成長を重視する環境を提供しているからです。具体例として、TDKは自己啓発制度やスキルアップ支援プログラムを用意しており、社員が自らの目標を達成するためのサポートを行っています。例えば、先輩社員のインタビューでは、キャリアの発展と共に自己成長を実現した事例が多数紹介されています。これにより、自己成長を求める人にとってTDKは理想的な職場と言えます。

【特徴3】グローバルな視野を持つ人

そして3つ目の特徴として「グローバルな視野を持つ人」

TDK株式会社への就職には、グローバルな視野を持つ人が向いています。理由は、TDKが世界中に拠点を持ち、多国籍な環境での業務を推進しているからです。例えば、TDKは30以上の国や地域に工場や研究所を展開し、各地での市場ニーズに応じた製品開発を行っています。また、海外売上高が全体の91.9%を占めるなど、グローバルな市場での競争力も強みです。このように、国際的な環境で働きたいと考える人にとって、TDKは理想的な職場です。

将来性あり勝ち組のTDKから内定を勝ち取るための対策

結論、TDKの将来性は明るい。競争力のある技術力に優れ、何より業績は右肩上がりで推移しているのが何よりの証拠。

将来性のある会社は、就活生にも人気の会社として映ります。

つまり、TDKに就職したい就活生は、入念な就活対策が必須だということ。

ではどうすれば、TDKから内定を勝ち取れるようになるのか?入念な就活対策といっても、何をすればいいのか?悩む就活生は少なくありません。

ここからは、将来性あり勝ち組のTDKから内定を勝ち取るための対策を具体的に解説していきます!

【対策1】企業研究を徹底的に行う

まず必ず実施したい対策が「企業研究を徹底的に行う」

TDKから内定を勝ち取るためには、企業研究を徹底的に行うことが重要です。企業研究をしっかり行う理由は、TDKが求める人材像や企業のビジョンを理解することで、面接時に自分の適性をアピールできるからです。

具体例として、TDKの公式サイトで事業概要や製品情報、最新のニュースを確認します。また、CSR活動やグローバル展開についても調査し、面接で具体的な質問に答えられるように準備します。

以上のように企業研究を徹底的に行うことで、自分がTDKにどのように貢献できるかを具体的に示し、内定獲得の確率を高めることができます。

【対策2】自己PRの準備を進める

企業研究が完了したら次に「自己PRの準備を進める」

TDKから内定を勝ち取るためには、自己PRの準備が非常に重要です。自己PRをしっかりと準備する理由は、自分の強みや経験を的確に伝えることで、企業に対して自分が適任であることをアピールできるからです。

具体例としては、過去のプロジェクトやアルバイトで得た経験を具体的に挙げ、それがどのようにTDKの業務に貢献できるかを説明することが有効です。自己PRの準備をしっかりと行うことで、自分の魅力を最大限に伝え、内定獲得の可能性を高めることができます。

もし、自己PRの書き方・準備に不安があるなら就活エージェント「レバテックルーキー」を利用することを強くおすすめします。

レバテックルーキーは、大手Web企業から急成長ベンチャーまで。5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

自己PRの書き方はもちろん、履歴書の書き方・添削、企業研究の情報提供など、内定獲得に向けたサポートを無料で受けられます。

IT業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。ファーストキャリアをTDKなどIT企業と決めている方は、ぜひご活用ください。

【対策3】入念な面接対策を実施する

そして最後に重要な対策が「入念な面接対策を実施する」

TDKから内定を勝ち取るためには、入念な面接対策は必要不可欠です。面接対策をしっかりと行う理由は、企業側に自分の能力や適性を最大限にアピールできるからです。

例えば、模擬面接を通じて自己紹介や志望動機を論理的に伝える練習を行います。また、TDKの求める人物像を理解し、自分の経験やスキルがどのようにマッチするかを具体的に説明できるように準備することも重要です。入念な面接対策を行うことで、自信を持って面接に臨み、内定獲得の確率を高めることができます。

もし、面接対策の準備に不安があるなら就活エージェント「レバテックルーキー」を利用することを強くおすすめします。

レバテックルーキーは、大手Web企業から急成長ベンチャーまで。5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

面接対策の準備はもちろん、模擬面接の練習や企業研究の情報収集など、内定獲得に向けたサポートを無料で受けられます。

IT業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。ファーストキャリアをTDKなどIT企業と決めている方は、ぜひご活用ください。

TDKの将来性に期待して転職したい人向けの支援サービス

もし、あなたが現役のエンジニアで、TDKなど大手IT企業に転職を希望するなら。

「IT専門の転職エージェント」をフル活用することを強くおすすめします。

効率的かつ有効に求人を探すためにも、転職エージェントの活用は必須です。

なぜなら、自力で求人を探すのは時間がかかり過ぎるから。

日本にはどれくらいの会社があるかご存知でしょうか?上場企業だけでも4,000社弱、中小零細も含めると400万社を超えています。

これらの企業の中から、自分に合った会社はどこか?転職先としてニーズにマッチした企業はどこか?調べるのは現実的ではありません。

そこで、転職エージェントの活用です。あなたのニーズに合った企業“だけ”を求人紹介してくれます。

転職先企業の希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます。求人の紹介を受けるだけでも価値があります。

ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。TDKの将来性に期待して転職したい人向けの支援サービスを厳選して3社ご紹介します、ぜひご活用ください。

【転職支援1】マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT」は、IT・Webエンジニア向けの転職支援サービスです。専任のキャリアアドバイザーが、年収アップや転職後の定着率向上をサポートします。応募書類の添削や模擬面接などの徹底した対策が特徴で、すべてのサービスが無料で利用できます。

サービスの特徴・強み

  • 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のサービス
  • 全国の大手上場企業から人気ベンチャーまで幅広い求人の紹介が可能
  • 特に関東エリアの求人を網羅!一都三県の優良企業の求人が豊富
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート
  • IT業界出身のキャリアコンサルタントがニーズにマッチした転職を提案

利用に向いてる人

  • IT、Web業界経験者
  • 首都圏・関西圏・東海圏在住の方
  • 幅広い求人の中から自分にあった会社を選びたい方

『マイナビIT AGENT』今すぐ無料登録してIT企業を紹介してもらう
※マイナビのプロモーションを含みます。

【転職支援2】レバテックキャリア

レバテックキャリア」は、IT・WEB業界のエンジニア向けの転職支援サービスです。業界に精通したキャリアアドバイザーが、個別のキャリアプランニングや求人紹介を行い、内定後もフォローアップを提供します。最新の市場情報やトレンドを活用したサポートが特徴で、技術職のニーズに対応した求人情報が豊富です。

サービスの特徴・強み

  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
  • 求人紹介だけでなく開発現場のリアルな情報も把握可能
  • IT・Web業界を知り尽くしたアドバイザーが徹底サポート
  • 内定率を上げる企業別の面接対策・アドバイスも実施
  • エンジニアとしての市場価値診断(年収診断)も受けられる

利用に向いてる人

  • IT/Web系エンジニアの経験者
  • 転職で年収アップ・キャリアアップを実現したい方
  • 関東・関西・東海・九州(福岡)で転職を考えている方

【転職支援3】ギークリー

ギークリー」は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。専任のキャリアアドバイザーが、個々のニーズに応じた求人紹介やキャリアサポートを提供し、非公開求人も多数取り扱っています。面接対策や書類添削、入社後のフォローアップまで一貫したサポートが特徴です。

サービスの特徴・強み

  • IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス
  • 大手を中心に非公開求人数かつギークリー独占の求人も豊富!
  • 転職希望者のスキルや経験をもとに、多角的に分析してマッチング

利用に向いてる人

  • IT・Web・ゲーム業界経験者
  • 一都三県での勤務を希望している方

【Q&A】今後の将来性が気になるTDK株式会社のよくある質問

最後に今後の将来性が気になるTDK株式会社のよくある質問をまとめます。

【質問1】TDKの成長性は?

疑問に思うエンジニア

「TDKの成長性は?」

結論、TDKの成長性は非常に高いです。主な理由として、同社が先端技術の研究開発に力を入れ、多岐にわたる事業分野で革新的な製品を提供しているからです。

例えば、電子部品、デバイス、モジュールなどの製品は、情報通信、自動車、エネルギーなど多くの市場で需要があります。さらに、グローバルに展開する拠点と持続可能な社会の実現に向けた取り組みも成長を支えています。結論として、TDKは技術革新と市場拡大によって今後も成長が期待されます。

【質問2】TDKは優良企業・ホワイト企業ですか?

疑問に思うエンジニア

「TDKは優良企業・ホワイト企業ですか?」

TDKは優良企業、ホワイト企業と言えます。なぜなら、社員の働きやすさを重視した環境作りに力を入れているからです。

例えば、TDKは働き方改革を推進し、フレックスタイム制度や在宅勤務を導入しています。また、健康経営や安全衛生の取り組みにも力を入れ、社員の健康をサポートしています。公式サイトでも、ダイバーシティ推進や人材育成の取り組みが詳しく紹介されています。以上のことから、TDKは社員を大切にする優良企業であるといえます。

【質問3】TDKはなぜやばいと言われるのか?

疑問に思うエンジニア

「TDKはなぜやばいと言われるのか?」

TDKが「やばい」と言われる理由は、急速な技術進化と競争激化による変化への対応が求められるためです。

例えば、TDKは電子部品市場で革新的な技術を提供しており、その競争は非常に激しいです。また、グローバル展開しているため、各国の法規制や経済変動に敏感です。しかし、TDKはこれらの挑戦に対して柔軟に対応し、持続可能な成長を目指しています。したがって、これらの要因が「やばい」と言われる一因です。

【質問4】TDKの退職金はいくらですか?

疑問に思うエンジニア

「TDKの退職金はいくらですか?」

結論からいうと、具体的な金額についての記載はありません。一般的には、退職金は勤務年数や役職により異なります。

まとめ:TDKの将来性は有望かどうか新中期経営計画から考察

TDKの将来性は有望かどうか新中期経営計画から考察してきました。

結論、TDKの将来性は明るい。

競争力のある技術力に優れ、何より業績は右肩上がりで推移しているのが何よりの証拠。

改めて、TDKの将来性を新中期経営計画の3つのポイントをまとめると、

TDKの将来性を新中期経営計画の3つのポイント

  1. キャッシュフロー経営の強化
  2. 事業ポートフォリオマネジメントの強化
  3. フェライトツリーの進化

ただとはいえ、将来性ある人気の会社ともなれば、入念な就活対策が必須となります。

TDKから内定を勝ち取れるようになるのか?入念な就活対策といっても、何をすればいいのか?悩む就活生は少なくありません。

将来性ありのTDKから内定を勝ち取る方法は「IT業界に強い就活エージェント」をフル活用することです。

なぜなら、IT企業への内定実績が豊富だから。実際、何も就活対策なく、企業に応募しても簡単に落とされるのがオチです。

ですが、TDKなどの大手IT企業に新卒で就職したい就活生は、その業界を専門とする就活サービスを活用することで内定率アップに繋がります。

では、どの就活エージェントを利用すればいいのか?
特におすすめは、ES添削・面接対策から内定獲得まで一貫した就活サポートを受けられる「レバテックルーキー」の利用がおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。レバテックルーキーは、5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活支援サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。

ファーストキャリアをTDKなど大手IT企業と決めている就活生の方は、ぜひご活用ください。