【騙されるな】「プログラミングは誰でもできる」は嘘である理由と広まる原因
迷えるエンジニア3

「プログラミングは誰でもできるってホント?どうすれば習得できるようになる?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「プログラミング学習を始めようか迷っている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 「プログラミングは誰でもできる」は嘘である理由
  • なぜ「プログラミングは誰でもできる」と嘘が広まるのか
  • 向いてなくてもプログラミングを習得したい人におすすめの学習法

プログラミング学習を始める予定の方は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

「プログラミングは誰でもできる」

本当に、プログラミングは誰でもできるのか?
これからプログラミングを学習して、スキル習得やIT転職を実現したい方にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!「プログラミングは誰でもできる」の真実とプログラミングを習得したい人におすすめの学習法を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、「プログラミングは誰でもできる」は嘘。
残念ながら、プログラミングは誰でもできるほど簡単ではありません。

当然ですが、習得には向き不向きがあります。
向かないまま学習を進めても、途中で挫折するなどのリスクも孕みます。

ではどうすれば、プログラミングを習得できるようになるのか?

その最適な学習方法というのが、「プログラミングスクールを活用する」です。

プログラミングスクールだと、わからないことをすぐに聞ける環境にあるので、挫折や行き詰まりといったリスクを最小限に抑えられます

今では優れたスクールが数多く提供されています。
転職保証付きのスクールや受講料無料で受けられるスクールなど、ニーズに合わせて選択できます。

その中でも、特に実績豊富なプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

【結論】「プログラミングは誰でもできる」は嘘

「プログラミングは誰でもできる」なんて情報、一度はネットで見かけたことがあるのではないでしょうか?

でも気をつけてください。
先に結論からいうと、「プログラミングは誰でもできる」は嘘です。

残念ながら、プログラミングは誰でもできるほど簡単ではありません。
実際、プログラミング学習者の約9割が途中で挫折した、というデータもあるほど。

ではなぜ、プログラミングは難しいのか?

ここでは、「プログラミングは誰でもできる」は嘘である具体的な理由について解説していきます。

【理由1】継続する力が必要だから

プログラミング学習は、学習の難易度よりも、学習を継続できるかどうかがカギとなります。

実際、プログラミング学習を挫折した人のうち、辛いと感じた時期を尋ねると、

プログラミング学習が辛いと感じた時期

  • 1ヶ月以内:38%
  • 3ヶ月以内:22%

以上の通り、6割が3ヶ月以内に挫折を経験している調査結果もあるほど。

ではなぜ、すぐに挫折してしまうのか?
難易度が高すぎるがゆえに、早く挫折したのだとの見方ができるものの、挫折した人の多くは、実は独学であることが主たる原因として挙げられます。

以上のことから明らかなのは、挫折理由はわからないことが理解できないのではなく、わからないことが聞けない状況だったということ。

なので、継続して学習する意欲があれば、身につけることができたと言えます。
言い換えれば、プログラミング学習において、独学で進めるのは、途中で挫折させるリスクが高まることも意味します。

従って、継続する力が必要だからという理由が、誰でも習得できるわけではない理由のひとつです。

【理由2】勉強時間がかなり必要だから

プログラミング学習は、一定の時間をかければ習得できると考える人がいます。

確かに間違ってはいませんが、習得するには相応の時間を要します。

ではどれくらい、習得に時間がかかるのか?
一般的な目安として、プログラミングの基礎を学ぶのに250~300時間、実務レベルに達するには、1000時間以上もの時間が必要と言われています。

なので、一定の時間をかければ習得できると考える人は、目に見える成果が表れないと、不安を覚えたり、ストレスを感じてしまいます。

そこに、プログラミングを挫折してしまう大きな要因があります。

また、プログラミングの学習以外にも、技術革新のトレンドを日々追ったり、先端技術の情報を収集したり、学ぶべきことはたくさんあります。

以上を踏まえると、勉強時間がかなり必要ということも、プログラミングは誰でもできるわけではない理由になると言えるでしょう。

【理由3】コミュニケーション能力が必要だから

プログラミングの現場ならまだしも、学習の場でコミュニケーションは必要ないと思う人がいるかもしれません。

ですが、コード入力は、いわば、正確な言語を命令しコンピュータに指示することなので、コミュニケーションと密接な関わりがあります。

実際、学習塾のサイトで「プログラミングがコミュニケーション力を鍛えることができる 」という情報があるくらいです。

なので、コミュニケーション能力が低いと、的確な指示ができずミスが多くなり、ストレスを感じやすくなる可能性が高いです。

ちなみに、エンジニアの主な業務であるシステム開発は、プロジェクトチームを組むことが多いので、コミュニケーション能力が特に問われます。

以上のような点で、コミュニケーションが必要という理由も、誰でもプログラミングができるわけではない理由になると言えます。

※ 今すぐプログラミングを習得したい人におすすめの学習法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料でカウンセリングが受けられます。

なぜ「プログラミングは誰でもできる」と嘘が広まるのか

ここまで、「プログラミングは誰でもできる」は嘘である理由を解説してきました。

プログラミングは簡単ではないことがわかったかと思います。

ただ、ここで気になるのがなぜ「プログラミングは誰でもできる」と嘘が広まるのか

その原因について深堀考察していきます。

【原因1】IT系学習の情報が豊富にあるため

まず1つ目の原因が「IT系学習の情報が豊富にあるため」

噂が広がる主な要因としては、プログラミングを含めたIT系の学習情報がネット上や書籍など、あらゆる媒体で溢れかえっていることが大きいです。

これらの情報の多くは、「誰にでもできる」「知識ゼロから始められる」といった謳い文句があり、簡単に身につけられそうな印象を受けます。

ですが、そういった謳い文句は、より多くの買い手や利用者を増やすために用いられた釣り文句である可能性が高く、実際に誰でも身につくわけではありません。

なので、書籍や過剰な広告などの情報が豊富にあるため、プログラミングは誰にでもできるといった噂が広がってしまったと考えられます。

【原因2】学習ツールが充実しているため

次に2つ目の原因が「学習ツールが充実しているため」

学習ツールが充実していることも、プログラミングは誰にでもできる印象を広める要因になっていると言えます。

たとえば、プログラミング学習に関しては、今まで環境構築をしないと手軽に勉強できないといったデメリットがありました。

具体的には、プログラミング学習はコードを入力するのに、エディタツールをインストールするなど、パソコン環境を整える必要があります。

ところが最近では、難しい環境構築を必要とせずにプログラミング学習ができるスクールや教材が揃っていて、手軽に勉強ができる印象を強めています。

そんな印象が、「プログラミングは誰にでもできる」といった噂を広めているのではないかと言えます。

しかし、環境構築が手軽にできるからと言って、プログラミング学習が簡単に身につくわけではありません。

以上のような点で、学習ツールが充実していることも、噂が広まった要因の一つと考えられます。

【原因3】IT人材が不足しているため

3つ目の原因が「 IT人材が不足しているため」

一番の原因としては、IT人材が不足していることが大きいのではないかと考えられます。

つまり、IT人材の需要の高まりが、未経験の利用者を取り込むための謳い文句や広告を生む最終的な要因になっているということ。

実際、経産省の試算では、IT人材の不足は2020年の37万人から、2030年には79万人に拡大すると見ており、人材育成が急務だとしています。

需要が高い、ということは人材市場における価値は高く、転職しやすいことを意味します。

なので、そこに転職者を見込んだ新しいビジネスが生まれているとも言えるのです。

以上のことから、IT人材の不足による影響も、プログラミングが誰にでもできるといった噂が広がる原因になっていると言えるでしょう。

※ 今すぐプログラミングを習得したい人におすすめの学習法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料でカウンセリングが受けられます。

誰でもできるは嘘!プログラミングに向かない人の特徴とは

結論、「プログラミングは誰でもできる」は嘘です。

当然ですが、習得には向き不向きがあります。
向かないまま学習を進めても、途中で挫折するなどのリスクも孕みます。

学習を始める前に、プログラミングに向かない人の特徴もみておきましょう。

【特徴1】論理的な思考が苦手な人

まず1つ目の特徴が「論理的な思考が苦手な人」

論理的に物事を考えられない人は向いていないと言えます。
なぜなら、システムの設計や開発には、プログラミング言語を始めとした論理的な考え方が必要となるからです。

実際、文科省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について」という資料では、プログラミング思考を「論理的に考えていく力」と定義しています。

つまり、ある記号同士を組み合わせた結果、どのような動きになるかを秩序立てて考えられる力が必要になります。

なので、論理的に理解の仕方が苦手な人、たとえば、感覚的に物事を理解する人などは、プログラミング習得が難しいと感じる可能性が高いです。

以上のような点で、論理的な思考が苦手な人は、プログラミングに向いていないと言えます。

【特徴2】日々のスキル磨きが苦手な人

次に2つ目の特徴が「日々のスキル磨きが苦手な人」

IT技術の進歩は、どの業界にも増して、変化が目まぐるしいと言われています。
なので、急速な技術変化に対応できない人は、プログラミング習得は向いていないでしょう。

たとえば、IT専門の求人サイトによる「プログラミングの適性がある人の特徴」のひとつに、「好奇心旺盛で学習が苦にならない」人が挙げられています。

これは要するに、変化の激しい業界では、最新の情報や技術を学ぶ意欲や好奇心がないと継続が難しいことを意味します。

時には、主流となる技術が入れ替わることもあるので、スキルの習得には日々のたゆまぬ学習意欲が必要になります。

従って、技術の進歩に対応できるような柔軟な学習意欲が必要となりますので、日々のスキル磨きが苦手な人は、向いていない人の特徴のひとつになると言えるでしょう。

【特徴3】失敗することに恐れを感じる人

そして3つ目の特徴が「失敗することに恐れを感じる人」

失敗することに恐れを抱く人も、プログラミング学習には向いていないです。

なぜなら、コード入力にエラーは付き物だから。
実際、プログラミング思考の代表として、「トライ&エラー」の方法がよく取り上げられるのは、よく知られている事実です。

「トライ&エラーの」考え方は、日常的なプログラミングの学習法だけでなく、実際のシステム開発の現場でも大事になってくる考え方です。

エラーを恐れていては、プログラミングの習得はおろか、実際のシステム開発においても業務が困難になります。

なので、失敗することに恐れを感じる人は、プログラミングに向いていないと言えるでしょう。

向いてなくてもプログラミングを習得したい人におすすめの学習法

ここまで、プログラミングの真実と学習に向いてない人の特徴を解説してきました。

結論、「プログラミングは誰でもできる」は嘘です。
残念ながら、プログラミングは誰でもできるほど簡単ではありません。

ではどうすれば、プログラミングを習得できるようになるのか?

ここでは、向いてなくてもプログラミングを習得したい人におすすめの学習法を厳選してご紹介していきます!

【方法1】独学ではなくプログラミングスクールに通う

まず取り入れたい方法が「独学ではなくプログラミングスクールに通う」

独学でプログラミングを学ぶのは、実際問題難しいです。
なぜなら、プログラミング学習者の約9割が、挫折を経験したというアンケート調査もあるくらいだから。

同調査によると、挫折や行き詰まりを感じた理由として、「気軽に聞ける環境になかった」ことが上位に入っています。

つまり、独学は最も挫折しやすい環境であるということ。
言い換えれば、気軽に聞ける環境に身を置けば、プログラミングの習得にも近づけることを意味します。

なので、問題の本質は、プログラミング学習自体が難しいのではなく、学習方法が間違っているということがわかります。

ではどうすれば、気軽に聞ける環境にいれるか?
その最適な学習方法というのが、「プログラミングスクールを活用する」です。

プログラミングスクールだと、わからないことをすぐに聞ける環境にあるので、挫折や行き詰まりといったリスクを最小限に抑えられます

さらに、スクール講師の多くは現役のエンジニアが務めるため、最短で学習効果を得られるメリットもあります。

今では優れたスクールが数多く提供されています。
転職保証付きのスクールや受講料無料で受けられるスクールなど、ニーズに合わせて選択できます。

その中でも、特に実績豊富なプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

転職保証付きや受講料無料など、スクールそれぞれにもメリットや特徴は異なります。

なので、まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

【方法2】プロにワンツーマンで教わりながら学習する

実は最も効果的なのが「プロにワンツーマンで教わりながら学習する」

気軽に聞けない環境の解決策として、もうひとつ「プロにワンツーマンで教わりながら学習する」という方法があります。

プログラミングスクールには、マンツーマンで学べるコースを設けているスクールもあります。

主にネット動画で学ぶスタイルのものが多く、オンライン授業であれば自分の好きな時間に受けることができるので、勉強時間を確保しやすいのがメリットです。

マンツーマンの場合、学習の進捗度を確認しながら進めることができ、わからないことがあってもすぐにアドバイスをもらえるのが魅力だと言えます。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

【方法3】プログラミングの基礎を固めてから応用に進む

完全初心者の方なら「プログラミングの基礎を固めてから応用に進む」

プログラミング学習のやさしい基礎から固める方法も、有効と言えるでしょう。

実際、「初心者からプログラミング学習を始めた人の意識調査」で、初心者の「主な学習方法」として、

プログラミング初心者の主な学習方法

  • 1位:オンライン学習サイト/サービス(32%)
  • 2位:本・書籍(20%)
  • 3位:YouTube(18%)

オンラインで基礎を学ぶ人は、実は多いことがわかります。

オンラインで基礎を固めた後は、挫折しにくい方法としてスクールで学ぶこともできます。

いずれにしても、まずは基礎を徹底的に固めてしまえば、挫折せずにプログラミング学習を継続することができると言えるでしょう。

まとめ:プログラミングは誰でもできるは嘘である結論とその理由

プログラミングは誰でもできるは嘘である結論とその理由ををまとめてきました。

結論、「プログラミングは誰でもできる」は嘘。
残念ながら、プログラミングは誰でもできるほど簡単ではありません。

ではなぜ、プログラミングは難しいのか?
「プログラミングは誰でもできる」は嘘である理由を改めてみてみると、

「プログラミングは誰でもできる」は嘘である理由

  • 継続する力が必要だから
  • 勉強時間がかなり必要だから
  • コミュニケーション能力が必要だから

当然ですが、習得には向き不向きがあります。
向かないまま学習を進めても、途中で挫折するなどのリスクも孕みます。

ではどうすれば、プログラミングを習得できるようになるのか?

その最適な学習方法というのが、プログラミングスクールを活用することです。

プログラミングスクールだと、わからないことをすぐに聞ける環境にあるので、挫折や行き詰まりといったリスクを最小限に抑えられます。

今では優れたスクールが数多く提供されています。
転職保証付きのスクールや受講料無料で受けられるスクールなど、ニーズに合わせて選択できます。

その中でも、特に実績豊富なプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選