頭悪い人はプログラミングを習得できない?向かない人の特徴と挫折させない学習方法
迷えるエンジニア

「頭悪い人はプログラミングを習得できない?向かない人の特徴と挫折させない学習方法を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「プログラミングの習得は頭の良し悪しで決まるのか懸念している学習予定者」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 頭悪い人はプログラミングを習得できないのかの結論
  • 誰でもできるは嘘!プログラミングに向かない人の特徴
  • 頭悪い人でもプログラミングで挫折させないおすすめの学習方法

頭悪い人はプログラミングを習得できないのかどうか?

どうすれば、挫折せずにプログラミングを習得できるようになるのか?

気になるプログラミングのおすすめ学習方法と向かない人の特徴を詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、頭悪い人でもプログラミングは習得できます。
なぜなら、プログラミング習得に頭の良し悪しは関係ないから。

ですが、誰でも習得できるとは限りません。

当然ですが、習得には向き不向きがあります。
向かないまま学習を進めても、途中で挫折するなどのリスクも孕みます。

では、どうすれば頭悪い人でもプログラミングを習得できるようになるのか?

最適な方法は、プログラミングスクールの受講。
プログラミングスクールだと、わからないことをすぐに聞ける環境にあるので、挫折や行き詰まりといったリスクを最小限に抑えられます

続けられないと、そもそも目的を果たすことは不可能です。

今では優れたスクールが数多く提供されています。
転職保証付きや受講料無料など、スクールそれぞれにもメリットや特徴は異なります。

その中でも、特に実績豊富なプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

【結論】頭悪い人はプログラミングを習得できない?

頭悪い人はプログラミングを習得できないのかどうか?

結論からいうと、頭悪い人でもプログラミングは習得できます。

なぜなら、プログラミング習得に頭の良し悪しは関係ないから。

一体どういうことなのか?
より具体的に、頭悪い人でもプログラミングを習得できる理由を解説していきます。

【前提】「頭悪い人」とは?本記事での定義

そもそも「頭悪い人」とは?
前提として、「頭悪い人」がどのような人を指すのかを示しておかないと話が進みません。

なので、言い方の良し悪しは別にして、まず本記事で扱う「頭悪い人」を定義しておきたいと思います。

辞書で調べると、一般的に言われるのは、

  • 要領の悪い人
  • 仕事ができない人
  • 頭の回転が鈍い人

このように言われています。

ですが、本記事では、よりわかりやすくするために、「勉強ができない人」を「頭が悪い人」と定義して話を進めていきます。

【理由1】学歴とは関係のない分野だから

勉強ができないとは、つまり、学歴の低さだと言うこともできます。

ですが、プログラミングに学歴は一切関係ありません。
なぜなら、高卒の人でもIT業界で活躍している人は大勢いるから。

実際、厚労省が公開する情報通信業の入職者数(2020年)を見てみると、合計218万9千人の入職者のうち、

【学歴別】情報通信業の入職者数

  • 高卒:27万1千人
  • 専門学校・短大卒:25万9千人
  • 大学・大学院卒:139万5千人

上記の通り、大卒が一番多いものの、高卒も一定数入職者はいるのがわかります。

また、厚労省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果(2017年)」において、「ITスキル」を判断する際の情報系分野の学歴重要度を尋ねるアンケートでは、

ITスキルの重要度

  • 重視している(「非常に重視している」と「ある程度重視している」の合算):31.8%
  • 重視していない(「あまり重視していない」と「まったく重視していない」の合算):49.2%

上記結果の通りで、あまり重視していない企業の方が多いという結果になりました。

ですので、プログラミング習得に学歴はあまり関係がなく、「頭悪い人」でも十分身につけられるスキルだと言うことができます。

【理由2】計算が苦手でも習得できるから

プログラミングは、計算ができなくても習得することが可能です。

つまり、理数系分野が不得意でも身につけることができるスキルと言えます。

実際、情報処理推進機構の「IT人材白書(2020年)」では、先端IT従事者、先端IT非従事者の最終学歴での専攻分野を見てみると、

従事者ごとの専攻分野割合 先端IT従事者 先端IT非従事者
IT・情報系の専攻 36.0% 25.4%
IT・情報系以外の文系を専攻 30.2% 34.6%
その他 7.4% 21.1%

上記結果の通り、先端ITと非先端ITとも、 IT・情報系以外の文系は3割以上を占めています。

先端IT従事者とは、「IT人材需給に関する調査」によると、AI・ビッグデータなどを扱う人材で、非IT従事者とは、従来型のIT人材を指します。

上記を踏まえると、一般的なSEなどの「従来型IT従事者」は理系よりも、むしろ文系の方が割合的に多いことがわかります。

なので、結論としては、プログラミングの習得に理数系で必要とされる計算や数値を扱う能力は、必ずしも重要ではないと言えます。

従って、「頭悪い人」でも習得できる理由として、計算が苦手でも習得できることが挙げられると言えるでしょう。

※ 今すぐ頭悪い人でもプログラミングで挫折させないおすすめの学習方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。読み飛ばしできます。

誰でもできるは嘘!プログラミングに向かない人の特徴

ここまで、頭悪い人でもプログラミングを習得できる理由を解説してきました。

ただ注意したいのは、「誰でもプログラミングができる」、とは限らないということ。

当然ですが、習得には向き不向きがあります。
向かないまま学習を進めても、途中で挫折するなどのリスクも孕みます。

ですので、学習を始める前にプログラミングに向かない人の特徴もみておきましょう。

【特徴1】論理的な思考が苦手な人

まず1つ目の特徴が「論理的な思考が苦手な人」

論理的に物事を考えられない人は向いていないと言えます。
なぜなら、システムの設計や開発には、プログラミング言語を始めとした論理的な考え方が必要となるからです。

実際、文科省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について」という資料では、プログラミング思考を「論理的に考えていく力」と定義しています。

つまり、ある記号同士を組み合わせた結果、どのような動きになるかを秩序立てて考えられる力が必要になります。

なので、論理的に理解の仕方が苦手な人、たとえば、感覚的に物事を理解する人などは、プログラミング習得が難しいと感じる可能性が高いです。

以上のような点で、論理的な思考が苦手な人は、プログラミングに向いていないと言えます。

【特徴2】日々のスキル磨きが苦手な人

次に2つ目の特徴が「日々のスキル磨きが苦手な人」

IT技術の進歩は、どの業界にも増して、変化が目まぐるしいと言われています。
なので、急速な技術変化に対応できない人は、プログラミング習得は向いていないでしょう。

たとえば、IT専門の求人サイトによる「プログラミングの適性がある人の特徴」のひとつに、「好奇心旺盛で学習が苦にならない」人が挙げられています。

これは要するに、変化の激しい業界では、最新の情報や技術を学ぶ意欲や好奇心がないと継続が難しいことを意味します。

時には、主流となる技術が入れ替わることもあるので、スキルの習得には日々のたゆまぬ学習意欲が必要になります。

従って、技術の進歩に対応できるような柔軟な学習意欲が必要となりますので、日々のスキル磨きが苦手な人は、向いていない人の特徴のひとつになると言えるでしょう。

【特徴3】失敗することに恐れを感じる人

そして3つ目の特徴が「失敗することに恐れを感じる人」

失敗することに恐れを抱く人も、プログラミング学習には向いていないです。

なぜなら、コード入力にエラーは付き物だから。
実際、プログラミング思考の代表として、「トライ&エラー」の方法がよく取り上げられるのは、よく知られている事実です。

「トライ&エラーの」考え方は、日常的なプログラミングの学習法だけでなく、実際のシステム開発の現場でも大事になってくる考え方です。

エラーを恐れていては、プログラミングの習得はおろか、実際のシステム開発においても業務が困難になります。

なので、失敗することに恐れを感じる人は、プログラミングに向いていないと言えるでしょう。

頭悪い人でもプログラミングで挫折させないおすすめの学習方法

ここまで、プログラミングに向かない人の特徴もご紹介してきました。

では、どうすればプログラミングを習得できるのか?
どういった学習方法が、これら「頭悪い人」に最適な方法なのか?

最も気になる頭悪い人でもプログラミングで挫折させないおすすめの学習方法を3つ厳選してご紹介します!

【方法1】独学ではなくプログラミングスクールに通う

まず取り入れたい方法が「独学ではなくプログラミングスクールに通う」

独学でプログラミングを学ぶのは、実際問題難しいです。
なぜなら、プログラミング学習者の約9割が、挫折を経験したというアンケート調査もあるくらいだから。

同調査によると、挫折や行き詰まりを感じた理由として、「気軽に聞ける環境になかった」ことが上位に入っています。

つまり、独学は最も挫折しやすい環境であるということ。
言い換えれば、気軽に聞ける環境に身を置けば、プログラミングの習得にも近づけることを意味します。

なので、問題の本質は、プログラミング学習自体が難しいのではなく、学習方法が間違っているということがわかります。

ではどうすれば、気軽に聞ける環境にいれるか?
その最適な学習方法というのが、プログラミングスクールを活用することです。

プログラミングスクールだと、わからないことをすぐに聞ける環境にあるので、挫折や行き詰まりといったリスクを最小限に抑えられます。

さらに、スクール講師の多くは現役のエンジニアが務めるため、最短で学習効果を得られるメリットもあります。

今では優れたスクールが数多く提供されています。
その中でも、特に実績豊富なプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

転職保証付きや受講料無料など、スクールそれぞれにもメリットや特徴は異なります。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

【方法2】プロにワンツーマンで教わりながら学習する

実は最も効果的なのが「プロにワンツーマンで教わりながら学習する」

気軽に聞けない環境の解決策として、もうひとつ「プロにワンツーマンで教わりながら学習する」という方法があります。

プログラミングスクールには、マンツーマンで学べるコースを設けているスクールもあります。

主にネット動画で学ぶスタイルのものが多く、オンライン授業であれば自分の好きな時間に受けることができるので、勉強時間を確保しやすいのがメリットです。

マンツーマンの場合、学習の進捗度を確認しながら進めることができ、わからないことがあってもすぐにアドバイスをもらえるのが魅力だと言えます。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

【方法3】プログラミングの基礎を固めてから応用に進む

完全初心者の方なら「プログラミングの基礎を固めてから応用に進む」

プログラミング学習のやさしい基礎から固める方法も、有効と言えるでしょう。

実際、「初心者からプログラミング学習を始めた人の意識調査」で、初心者の「主な学習方法」として、

プログラミング初心者の主な学習方法

  • 1位:オンライン学習サイト/サービス(32%)
  • 2位:本・書籍(20%)
  • 3位:YouTube(18%)

オンラインで基礎を学ぶ人は、実は多いことがわかります。

オンラインで基礎を固めた後は、挫折しにくい方法としてスクールで学ぶこともできます。

いずれにしても、まずは基礎を徹底的に固めてしまえば、「頭悪い人」でも挫折せずにプログラミング学習を継続することができると言えるでしょう。

【Q&A】頭悪いと習得できないと感じるプログラミングのよくある質問

最後に頭悪いと習得できないと感じるプログラミングのよくある質問をまとめます。

【質問1】プログラミングで頭良くなるってホント?

疑問に思うエンジニア

「プログラミングで頭良くなるってホント?」

プログラミングは、プログラミング的思考が身につくとよく言われています。

なので、プログラミング的思考が身につくという点では、頭が良くなると言えるでしょう。

教育系の情報サイトによると、プログラミング的思考とは、論理的思考のひとつであるが同じではなく、順序のプロセスがより効率的かどうかを考える思考とのこと。

同サイトでは、プログラミング的思考を用いてパソコンに指示を与えるのがプログラミングであるとしています。

小学生教育でのプログラミング的思考の必要性は、政府でも議論されるようになったことからも、プログラミングは学習能力を高める上で、役に立つスキルといえるでしょう。

【質問2】プログラミングのセンスを診断する方法はありますか?

疑問に思うエンジニア

「プログラミングのセンスを診断する方法はありますか?」

プログラミングのセンスを診断するには、適性診断がおすすめです。

適性診断は、ネットで簡単にできるものから、試験としてお金を払って受けるものまで幅広くあります。

代表的な適性診断を3つご紹介します。

プログラミングの適性検査

  • GEEK JOB「5分でプログラマー適性がわかる!」
  • 一般財団法人 エンジニアリング協会「適性診断」
  • 日本エス・エイチ・エル「CAB」

GEEK JOBの「5分でプログラマー適性がわかる!」 は、ネットですぐに適性が見れる診断テストですが、個人情報の登録が必要となります。

次にエンジニアリング協会の適性診断は、15の質問に答えて、誰でもすぐに結果がわかる診断テストですが、簡易すぎるので、信ぴょう性は定かではありません。

最後に「CAB」は、コンピュータ職適性テストで、 SE・プログラマーの職務適性だけでなく、社会人として必要な特性についても予測診断ができるようです。

「CAB」は二種類あり、

・ Webテスト形式:1回3000円 72分
・マークシート形式:1回3500円 95分

本格的な診断をしたい人に向いていると言えます。

ちなみに、同じ会社の有料テストで「GAB」という似たテストがありますが、一般総合職向けの適性テストなので、混同しないように注意してください。

まとめ:頭悪い人はプログラミングを習得できないのかの結論と学習方法

頭悪い人はプログラミングを習得できないのかの結論と学習方法をまとめてきました。

結論、頭悪い人でもプログラミングは習得できます。
なぜなら、プログラミング習得に頭の良し悪しは関係ないから。

ですが、誰でも習得できるとは限りません。

当然ですが、習得には向き不向きがあります。
向かないまま学習を進めても、途中で挫折するなどのリスクも孕みます。

では、どうすれば頭悪い人でもプログラミングを習得できるようになるのか?

最適な方法は、プログラミングスクールの受講。
プログラミングスクールだと、わからないことをすぐに聞ける環境にあるので、挫折や行き詰まりといったリスクを最小限に抑えられます

続けられないと、そもそも目的を果たすことは不可能です。

今では優れたスクールが数多く提供されています。
転職保証付きや受講料無料など、スクールそれぞれにもメリットや特徴は異なります。

その中でも、特に実績豊富なプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選