技術系アウトソーシング(技術者派遣)業界はやめとけ?やめた方がいい5つの理由と向いてる人の特徴
疑問に思うエンジニア

「アウトソーシング業界はやめとけってホント?技術者派遣として勤めるメリットは?向いてる人の特徴を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「アウトソーシング業界に就職・転職しようか迷っている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • アウトソーシング業界はやめとけと言われる理由
  • アウトソーシングの技術者派遣として勤めるメリット
  • アウトソーシング業界に就職・転職する最適な方法

なぜ、アウトソーシング業界はやめとけと言われるのか?

アウトソーシングの技術者派遣として勤めるメリットはないのか?

今後、アウトソーシング業界に就職や転職を考えている方にとっては、非常に気になる情報です。

気になるアウトソーシング業界はやめとけと言われる理由と就職・転職する最適な方法を詳しく解説していきます。

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、技術系アウトソーシング(技術者派遣)業界はやめとけの理由があることは事実です。
特に契約期間によって、労働環境や条件が変わることに関して、負担になる人が多い印象を受けました。

主な要因として、派遣は3ヶ月から半年以内の雇用期間の案件が多いため、どうしても職場を転々とする結果になってしまうことが大きいと言えます。

とはいえ、残業が少なかったり、柔軟な労働環境で働けるので、ひとつの会社に縛られずに自由な仕事がしたいという人には最適な業界です。

アウトソーシング業界に就職・転職したい。
転職したいけど、自分に合う会社や仕事を探しきれない。

そんな、今すぐ就職・転職を考えている方は「IT専門の転職エージェント」を活用することをおすすめします。

転職エージェントは、あなたのニーズに合った企業“だけ”を求人紹介してくれます。

求人の紹介を受けるだけでも価値があります。
ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
実績豊富な転職エージェントを3社厳選しご紹介します、ぜひご活用ください。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

もし、技術系の派遣社員として働くことを決めている方なら「パーソルクロステクノロジー」の利用が最もおすすめです。

時給2500円以上、時短、リモートワークなど。
魅力的な案件、高単価案件を数多く揃える、IT・Web・ものづくりに特化した派遣サービスです。

スマホのオンライン登録なら、たった5分で登録が完了します。
無料オンライン登録後、プロフィール入力を完了させれば、簡単に仕事を紹介してもらえるようになります。

技術系アウトソーシングとはどんな業界?

アウトソーシング業界はやめとけと言われる理由に触れる前に。
そもそも技術系アウトソーシング(技術者派遣)とはどんな業界か?基本情報をまとめておきます。

アウトソーシングとは、企業の業務の一部を外部に委託する勤務形態のひとつです。

なかでも技術系アウトソーシングは、技術者として技術を提供したい人が派遣会社に登録し、派遣先の企業で働く就業形態のひとつです。

技術者派遣はエンジニア派遣とも呼ばれ、派遣先はIT企業以外にも、メーカーの設計部門に就業したり、様々な分野で募集されています。

メリットとしては、多くの案件に携わることでスキルアップが図れる、自分の希望に合った案件を選べるので柔軟に働ける、などが挙げられます。
一方、デメリットとしては、契約期間が決まっている場合、案件が途切れるリスクがあること、労働環境が派遣先に影響されること、などが挙げられます。

登録型派遣

アウトソーシング業界は、大別すると「登録型派遣」と「常用型派遣」に分かれます。

まず「登録型派遣」について説明します。

登録型派遣は、派遣会社にエントリーし、派遣先企業と派遣会社のあいだで結ばれる派遣契約にある期間だけ雇用契約を結ぶ形態です。

派遣会社と就業者で契約が結ばれるのは、企業に派遣されるときで、雇用期間が終了すると派遣会社との契約も終了します。

一般的な「人材派遣」は、登録型派遣が主流となります。

常用型派遣

次に「常用型派遣」について説明します。

常用型派遣は、派遣会社と雇用契約を結んでから企業へ派遣されます。

つまり、派遣会社の従業員として派遣される形となるため、派遣先企業の雇用期間が終了しても、派遣会社との契約関係は継続されます。

なので、万一、次の派遣先がすぐに見つからない場合でも、派遣会社からは給料が支払われます。

常用型派遣は、主に専門性を有する人材で活用され、研究機関やメーカーの開発部門、設備の工事管理や生産管理など、技術系を中心として利用されています。

近年では、介護系などの専門職でも常用型が活用されていたりするため、活用の幅(業種)は広いといえます。

※ 今すぐアウトソーシング業界に就職・転職する最適な方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料であなたに合った仕事・会社を見つけることができます。

アウトソーシング業界はやめとけと言われる5つの理由

なぜ、「アウトソーシング業界はやめとけ」と言われるのか?

就職や転職を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは、具体的なアウトソーシング業界はやめとけと言われる5つの理由について深堀解説していきます。

【理由1】キャリア形成がしづらいから

技術者派遣は、良くも悪くも派遣先企業の業務に左右され、自分の望むエンジニアとして身につけたいスキル以外のものを要求される可能性があります。

なので、自分の経験したい業務とは違った仕事をさせられ、結果、キャリア形成がしづらい悪循環に陥る可能性があります。

実際、派遣会社の方でも、派遣技術者の能力開発・キャリア形成については、積極的な支援体制を整えきれていないというのが現状と言えるでしょう。

たとえば、パーソル総合研究所の「派遣社員のリスキリングに関する定量調査」において、派遣元担当者のフォロー実態を見てみると、

上記の通り、重要な「キャリアへの相談」と「学びの助言」が、「事務連絡」よりも水準が低く「重要だが実施されていない」状況であることが指摘されています。

なので、キャリア形成がしづらい点は、アウトソーシング業界をやめた方がよい理由のひとつになると言えます。

【理由2】仕事の実績が評価されづらいから

技術者派遣は、派遣先企業に出向する勤務スタイルなので、自分の所属する会社の上司に仕事内容を評価されづらい傾向にあります。

なので、出向先でいくら仕事を頑張っても、正当に評価されず、キャリア形成に繋がらない状況に陥る可能性が高いです。

実際、厚労省の「派遣労働者のキャリア形成に向けた取組事例集」によると、派遣労働者の評価で難しい点は、

派遣労働者の評価で難しい点

  • 派遣先によって評価情報が異なるため、評価基準への当てはめが難しい:36.1%
  • 派遣先の業務を通して向上した能力を評価することが難しい:28.7%
  • 派遣元の評価者によって評価にバラツキがある:23.5%

上記の通り、評価結果を下すことが困難であることを主要な課題として、現在も指摘されています。

なので、仕事を選ぶ際は、派遣先の会社できちんと評価される体制が整っているかなどの、職場環境をチェックをする必要があります。

以上のような点から、仕事の実績が評価されづらいというのも、アウトソーシング業界はやめたほうがよいと言われる理由のひとつと言えます。

【理由3】帰属意識が希薄になるから

技術者派遣は、帰属意識が希薄になることが挙げられます。

「常用型派遣」で派遣会社に所属している場合、所属会社に対する帰属意識が薄くなり、「登録型派遣」でも、勤務先の会社に帰属意識は持ちにくくなります。

帰属意識が薄れると発生するリスクとして、以下の要因が挙げられます。

帰属意識が薄れると発生するリスク

  • 簡単に退職してしまう
  • 自社に貢献する意識が低下する
  • モチベーションが保ちにくくなる

つまり、帰属意識が低くなれば、それだけ仕事に取り組む意欲が低下してしまう恐れがあります。

また、意欲が低いと生産性も高くなりません。

以上のように、帰属意識が希薄になるということも、アウトソーシング業界をやめた方がよい理由のひとつになりえます。

【理由4】収入が不安定になるから

技術者派遣は、収入が安定しないからというのも、やめた方が良い理由のひとつです。

特に「登録型」の派遣エンジニアは、雇用期間がプロジェクトごとに決められているため、契約が期間が終了すると、収入がなくなります。

実際、IT派遣会社が実施したアンケートで、未経験から派遣エンジニアとして働いたことのある人に、派遣エンジニアのデメリットをたずねると、

派遣エンジニアのデメリット

  • 収入が不安定:23%
  • 残業や土日出勤が多い:23%

上記結果の通り、もっとも回答数の多いことがわかりました。

なので、派遣エンジニアは、収入面において不安定になる可能性が高いことから、アウトソーシング業界をやめておいたほうが良い理由になると言えます。

【理由5】人間関係の構築が難しいから

アウトソーシング業界は、人間関係の構築が難しいことも、やめた方が良い理由のひとつと言えます。

主な理由としては、派遣先の職場によって労働環境が変わるため、時間をかけて信頼関係を築くことがなかなかできないことが大きいです。

実際、厚労省の「派遣労働者実態調査」によると、 派遣先に不満を感じていることをアンケートした結果、「派遣先の従業員との人間関係が難しい」が20.7%と、「特に不満を感じない」に次いで、2番目の高さであることがわかります。

なので、契約ごとに職場が変わり、一から人間関係を構築する必要があるため、ストレスを感じる人も多いと考えられます。

以上のような点で、人間関係の構築が難しいということも、アウトソーシング業界をやめた方が良い理由に挙げられると言えるでしょう

※ 今すぐアウトソーシング業界に就職・転職する最適な方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料であなたに合った仕事・会社を見つけることができます。

アウトソーシングの技術者派遣として勤めるメリット

ここまで、アウトソーシング業界はやめとけと言われる理由を解説してきました。

やめとけと言われる理由があるのは事実。
ですが、技術者派遣として勤めるメリットや魅力があるのも事実です。

どんなメリットがあるのか?

具体的なアウトソーシングの技術者派遣として勤めるメリットをご紹介します!

【メリット1】未経験でも仕事に就きやすい

まず1つ目のメリットが「未経験でも仕事に就きやすい」

技術者派遣は、未経験者でも比較的参入しやすい業種だと言えます。

主な要因としては、IT業界はプロジェクト単位で人員確保する際に、派遣のほうが戦力として確保しやすい点が挙げられます。

実際、マイナビの「派遣社員の意識・就労実態調査」の正社員と派遣社員の比較では、未経験の仕事に就きやすいのはどちらか尋ねると、

【正社員と派遣社員の比較】未経験の仕事に就きやすいのはどちら?

  • 正社員:11.8%
  • 派遣社員:44.7%

上記の通り、派遣社員の方が圧倒的に上回っていることがわかります。

また、IT業界はエンジニアの人材不足が深刻化しているため、スキルさえ身につけれいれば、未経験でも参入しやすいと言えます。

なので、未経験でも仕事に就きやすい点が、技術者派遣として勤めるメリットのひとつと言えます。

【メリット2】多種多様な環境で多くの経験が積める

次に2つ目のメリットが「多種多様な環境で多くの経験が積める」

正社員だとひとつの職場で長く働くことになりますが、派遣だと多種多様な環境で働くことができるため、多くの経験を積むことができます。

実際、技術者派遣を「人に勧めたい理由」として現役エンジニア2000名にアンケート調査を行ったところ、

技術者派遣を人に勧めたい理由

  • 多種多様な業界・業種・製品に携われる:797人
  • 自身のスキルアップ・成長することができる:266人
  • 自分の仕事・職場を選択することができる:168人

上記結果の通り、「多種多様な業界・業種・製品に携われる」ことがダントツに多いことがわかります。

さまざまな職場だけでなく、さまざまな業界にも技術者として働ける選択肢があるため、自身のキャリアアップに役立つと言えます。

以上の点で、さまざまな環境で経験が積めるのも、技術者派遣として勤めるメリットのひとつだと言えるでしょう。

【メリット3】残業が少なく自分の時間を確保しやすい

そして3つ目のメリットが「残業が少なく自分の時間を確保しやすい」

技術者派遣は、残業が少ない場合も多いです。

主な理由として、技術者派遣は、契約時点で残業時間に関する取り決めが行われるため、残業が発生すると追加料金を支払う必要があるからです。

実際、日本人材派遣協会(JASSA)が行った「派遣社員WEBアンケート調査結果」を見ると、派遣社員の1週間あたりの平均残業時間は、

  • 残業なし:61.2%
  • 1時間程度:17.0%
  • 2~3時間程度:9.2%

上記の通り、残業なしが圧倒的に多いことがわかります。

派遣報酬は、時間給で支払われるケースが多く、残業した場合はそれだけ多く会社の負担になります。

なので、できるだけ残業しないような働き方になっているようですね。

以上のように、残業が少なく自分の時間を確保しやすい点も、技術者派遣のメリットと言えるでしょう。

※ 今すぐアウトソーシング業界に就職・転職する最適な方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料であなたに合った仕事・会社を見つけることができます。

結局「アウトソーシング業界やめとけ」はホント?

ここまで、アウトソーシング業界の評判について情報をまとめてきました。

では結局「アウトソーシング業界やめとけ」はホントなのでしょうか?

結論からいうと、あなたの価値観次第です。
要は、アウトソーシング業界に勤めるにも向き不向きがあるということ。

実際、マンパワーグループの調査によると、派遣社員の約6割が「希望通りの働き方ができている」と満足している人が多い結果となっています。

では、満足する理由とは一体何なのでしょうか?

再度JASSA(日本人材派遣協会)の「派遣社員WEBアンケート調査結果」を見てみると、「派遣で働く理由」として、

  • 働く時間や時間帯を選べるため:46.1%
  • 勤務地を選べるため:39.2%
  • 働く時期や期間を選べるため:36.9%
  • やりたい職種や業務内容を選べるため:33.3%
  • すぐに仕事に就けるため:32.4%

特に理由で多かったのは「働く時間や時間帯を選べるため」
いずれも、自身のライフワークの自由度や充実度が上位に入っている印象です。

つまり、アウトソーシングで働くスタイルが自分のライフスタイルに合っている人は、十分満足に働けるということがわかります。

なので、自分の人生設計において、どの点に優先順位を置くかが大事になると言えます。

その優先順位によって、派遣がいいのか、正社員がいいのかが見えてきますね。

以上のような点で、アウトソーシング業界をやめた方がよいかどうかは、その人の価値観次第であり、向き不向きがあると言うことができるでしょう。

※ 今すぐアウトソーシング業界に就職・転職する最適な方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料であなたに合った仕事・会社を見つけることができます。

アウトソーシング(技術者派遣)勤務に向いてる人の特徴

結論、アウトソーシングとして勤めるにも向き不向きがあります。

ではどんな人が、技術者派遣の勤務に向いているのか?

ここでは、アウトソーシング(技術者派遣)勤務に向いてる人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】人と話をするのが好きな人

まず1つ目の特徴が「人と話をするのが好きな人」

技術者派遣は、初対面の人と会話する機会が多いので、対話の好きな人が向いていると言えます。

実際、人材サービス産業協議会の「派遣社員の評価に関する派遣先担当者調査結果」によると、派遣社員に求めるスキル・能力は、コミュニケーションスキルや協調性など対人スキルが職種、規模に関わらず多いようです。

必ずしもコミュニケーション能力に長けている必要はありませんが、人との会話を苦痛に感じてしまう人は、ストレスを感じることが多い職種だと言えます。

なので、いろんな人と接するという点でも、人と話をするのが好きな人が向いていると言えます。

【特徴2】多くの現場で働きたい人

次に2つ目の特徴が「多くの現場で働きたい人」

さまざまな職場に出向くことで、多様な仕事の現場を目にしたい、という人は技術者派遣が向いていると言えます。

たとえば、『エン派遣』のユーザーアンケートによると、「派遣で働くことで叶えられたことは何ですか?」という質問に対して、

派遣で働くことで叶えられたことは何ですか?

  • 生活するための収入が得られた:51%
  • 様々な仕事・職場を経験できた:34%

上記の通り、収入に次いで2位が、「様々な仕事・職場を経験できた」と答えています。

技術者派遣であれば、様々な職場で、多くの経験ができます。
多くの経験を積み、多様なノウハウを吸収することで、将来的なキャリアアップを目指すことも可能です。

なので、多くの現場で働きたいという人も、技術者派遣に向いていると言えます。

【特徴3】仕事を通じて人脈を広げたい人

次に3つ目の特徴が「仕事を通じて人脈を広げたい人」

仕事を通じて人脈を広げたいと考えている人も、技術者派遣は向いていると言えます。
実際、求人サイトレバテックの記事でも、派遣技術者のメリットとして、「実務経験の幅と人脈が広がる」ことを挙げています。

技術者派遣は、多くの現場で、人と交流する機会に恵まれています。
なので、人との繋がりが生まれ、思わぬ仕事が舞い込んだりすることもないとは言えません。

また、キャリアアップのために、人脈を広げていきたいと考えている人にも、非常に有効な勤務スタイルだと言えるでしょう。

人脈作りは通常の会社勤めだと経験できる機会が限られているので、効率的に人脈作りがしたいと考えている人には、技術者派遣が向いていると言えます。

※ 今すぐアウトソーシング業界に就職・転職する最適な方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料であなたに合った仕事・会社を見つけることができます。

アウトソーシング(技術者派遣)勤務に向いていない人の特徴

一方で、アウトソーシング(技術者派遣)勤務に向いていない人の特徴は以下の通りです。

アウトソーシング(技術者派遣)勤務に向いていない人の特徴

  • 同じ職場で働きたい人
  • 安定した収入を確保したい人
  • 環境の変化にストレスを感じる人

順番に説明しますと。

まず、「同じ職場で働きたい人」は、技術者派遣においては、実現が難しいと言えます。
理由としては、派遣は期間を決めて働く有期雇用となるため、契約が変わるごとに勤務地も変わってしまうから。

次に、「安定した収入を確保したい人」も、派遣では、一旦契約期間が終了し、次の職場に移る際に、派遣先が決まらなければ、収入が途切れるリスクがあります。
なので、たとえ時間単価が良くても、派遣先が決まらないといったブランクがあれば、安定した収入を見込めなくなってしまいます。

最後に、「環境の変化にストレスを感じる人」が向いていない理由は、契約ごとに職場が変わるということは、労働環境も変わるため、変化に柔軟に対応する必要があるから。
従って、変化を好まず、ひとつのスキルをじっくりと時間をかけて磨いていきたいと考えている人は、技術者派遣はあまり向いていないと言えます。

【未経験OK】アウトソーシング業界に就職・転職する最適な方法

ここまで、アウトソーシング業界に関する情報を網羅的にまとめてきました。

疑問に思うエンジニア

「アウトソーシング業界やめとけの理由も分かった!それでも就職したい!でも、どうすれば、アウトソーシング業界に就職・転職できる?」

あなたが知りたいのは、アウトソーシング業界に就職・転職する方法ですよね。

ここでは、アウトソーシング業界に就職・転職する最適な方法をご紹介します!

【方法1】正社員かつ大手に転職希望なら「IT専門の転職エージェント」

まず活用したいのが正社員かつ大手に転職希望なら「IT専門の転職エージェント」

転職活動を有利に進めるためにも、転職エージェントの活用は必須です。

なぜなら、自力で求人を探すのは時間がかかり過ぎるから。

日本にはどれくらいの会社があるかご存知でしょうか?
上場企業だけでも4,000社弱、中小零細も含めると400万社を超えています。

これらの企業の中から、自分に合った会社はどこか?
転職先としてニーズにマッチした企業はどこか?調べるのは現実的ではありません。

そこで、転職エージェントの活用です。
転職エージェントは、あなたのニーズに合った企業“だけ”を求人紹介してくれます。

転職先企業の希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます

求人の紹介を受けるだけでも価値があります。
ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
実績豊富な転職エージェントを3社厳選しご紹介します、ぜひご活用ください。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

【方法2】未経験から就職希望なら「プログラミングスクール」

もし、未経験から就職希望なら「プログラミングスクール」の活用がおすすめです。

未経験からIT企業に就職するのは難しいです。
なぜなら、IT業界は実力主義の側面が強く、スキルを重視されがちだから。

では、どうすればIT業界未経験からIT企業に転職・就職できるようになるのか?

答えは、転職保証や就職支援が付いたプログラミングスクールを受講することです。

転職保証が付いていれば、未経験であっても、スキル習得から就活サポートまで一環して受けることが可能です。

そして今では、優れたスクールが数多く提供されています。
その中でも、特に実績豊富なプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

すべて実績豊富なスクールです。
まずは、無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

【方法3】派遣社員として働くなら「パーソルクロステクノロジー」

さらに、派遣社員として働くなら「パーソルクロステクノロジー」の利用がおすすめです。

パーソルクロステクノロジーは、ITエンジニア・Webクリエイター・ものづくりエンジニアなどに特化した派遣サービス。

派遣サービスも今では数多く提供されています。
その中でも、パーソルクロステクノロジーが他にない特徴・登録メリットを挙げると、以下の通りです。

パーソルクロステクノロジーの特徴や登録メリット

  • 時給2500円以上、時短、リモートワークなど案件多数!
  • 業界に精通したコーディネーターによるお仕事紹介!
  • 気軽に担当スタッフに相談できる抜群のフォロー体制!
  • 福利厚生・スキルアップ支援も充実!
  • 登録時の対応満足度が高い!

IT・Web業界の派遣として、高単価な仕事に就きたい方。
福利厚生も充実していて、自分らしい働き方を手に入れたい方。

上記のような方に、パーソルクロステクノロジーは応えてくれる派遣サービスとなっています。

スマホのオンライン登録なら、たった5分で登録が完了します。
無料オンライン登録後、プロフィール入力を完了させれば、簡単に仕事を紹介してもらえるようになります。

【Q&A】やめとけと囁かれるアウトソーシング業界のよくある質問

最後にやめとけと囁かれるアウトソーシング業界のよくある質問をまとめます。

【質問1】新卒でアウトソーシング業界はやめとけ?

疑問に思うエンジニア

「新卒でアウトソーシング業界はやめとけ?」

結論、自分の希望する勤務スタイルに合致しているのであれば、アウトソーシング業界で働くことも選択肢としてはアリです。

ただしデメリットは必ず把握しておきましょう。

アウトソーシング業界に勤めるデメリット

  • 安定した収入が見込めない可能性がある
  • 希望した仕事内容につけない場合がある
  • 勤務地が安定しない

これらデメリットを考慮しないで決断してしまえば、後悔する恐れが十分にあります。

多くの経験が積める、また、ワークライフバランスが実現しやすいと言ったメリットもあるので、どちらを優先したいかで決めると良いのではないでしょうか。

【質問2】アウトソーシング業界の離職率はどれくらい?

疑問に思うエンジニア

「アウトソーシング業界の離職率はどれくらい?」

アウトソーシング業界は、雇用期間にばらつきがあるため、離職率を求めることが難しいと言えます。

ただ、派遣の雇用期間がどれくらいのスパンなのかを調べたところ、厚労省の「派遣労働者実態調査」によるアンケートでは、

現在の派遣就労についての派遣契約期間は?

  • 常用雇用型派遣(1年~3年以内):18.3%
  • 登録型派遣(30日~3ヶ月以内):25.6%

一般的な有期雇用である「登録型」は、30日~3ヶ月以内の契約期間が一番多いようです。

また、同調査で、同じ派遣会社でどれくらいの期間を通算で働いたかを尋ねると、

現在の派遣先への通算派遣期間は?

  • 常用雇用型派遣(1年~3年以内):28.2%
  • 登録型派遣(1年~3年以内):28.2%

両者とも一番多いのが「1年~3年以内」なので、だいたい3年以内に派遣会社を退職する人が多い、ということがわかります。

従って、アウトソーシング業界では、1~3年以内で転職する人が多いと考えることができます。

【質問3】正社員型派遣のアウトソーシングに将来性はある?

疑問に思うエンジニア

「正社員型派遣のアウトソーシングに将来性はある?」

少なくとも、雇用する側にとっては、アウトソーシング業界は今後も活発化し、正社員型派遣の需要も増えるのではないかと考えられます。

理由としては、IT技術者の深刻な人材不足が挙げられます。

実際、経済産業省が発表した2019年の「IT人材需給に関する調査」によると、

IT人材の不足数

  • 2018年:22万人
  • 2020年:30万人
  • 2025年:36万人
  • 2030年:45万人

上記の通り、年々人材不足が多くなると予測されています。

そのため、たとえ派遣でも人員を確保したいという企業が増えているので、正社員型派遣も即戦力として、必要とされるのではないかと思います。

また、雇用する側にとっては、2023年の11月29日以降に見直された「キャリアアップ助成金」の影響も大きいと言えます。

具体的に言うと、正社員になりたい従業員を支援することで政府から助成される金額が、

  • 中小企業:57万円 → (見直し後)80万円
  • 大企業:42.75万円 → (見直し後)60万円

上記の通り、見直しにより大幅にアップしたので、正社員として登用する動きが業界全体で活発化するのではないかと思います。

以上を踏まえると、正社員型派遣のアウトソーシングも、十分に将来性はあると言えるのではないでしょうか。

まとめ:技術系アウトソーシング(技術者派遣)業界はやめとけの理由

技術系アウトソーシング(技術者派遣)業界はやめとけの理由をまとめてきました。

改めて、技術系アウトソーシング(技術者派遣)業界はやめとけの理由をまとめると、

技術系アウトソーシング(技術者派遣)業界はやめとけの理由

  1. キャリア形成がしづらいから
  2. 仕事の実績が評価されづらいから
  3. 帰属意識が希薄になるから
  4. 収入が不安定になるから
  5. 人間関係の構築が難しいから

技術系アウトソーシング(技術者派遣)業界はやめとけの理由があることは事実です。
特に、契約期間によって、労働環境や条件が変わることに関して、負担になる人が多い印象を受けました。

主な要因として、派遣は3ヶ月から半年以内の雇用期間の案件が多いため、どうしても職場を転々とする結果になってしまうことが大きいと言えます。

とはいえ、残業が少なかったり、柔軟な労働環境で働けるので、ひとつの会社に縛られずに自由な仕事がしたいという人には、ぴったりなのではないでしょうか。