高卒フリーターのままはやばい?悲惨な末路をたどる5つの理由と今すぐ抜け出す方法
現状に悩む人

「高卒フリーターのままはやばい?現状から今すぐ抜け出す方法があれば教えてほしい!」

この疑問・悩みに答えます。

本記事では、「高卒フリーターである状況に危機感を抱いている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事でわかること

  • 高卒フリーターのままはやばい理由
  • 高卒フリーターのまま30代を迎えた友人の末路
  • やばい高卒フリーターから今すぐ抜け出す方法

なぜ、高卒フリーターのままはやばいのか?

そして、やばい状況から抜け出すには、どうすればいいのか?

もしあなたが、現状をどうにかしたいと真剣に考えているなら。

高卒フリーターのままはやばい理由と現状から今すぐ抜け出す方法を詳しく解説していきます。

結論から先にお伝えすると・・・

結論、高卒フリーターのままはやばい。
経済的にも社会的にも、何より将来的にやばい状況が待っています。

高卒フリーターのまま抜け出せず、30代を迎えれば、不利な状況に追い込まれる一方です。

今行動して、現状から抜け出すか?
それとも、楽なフリーターのまま、将来訪れるリスクを負うか?

すべては、あなたの行動次第です。
といっても、現状をどうにか変えたくても、なかなか勇気も出せませんよね。

でも幸いにも、高卒フリーターから正社員就職を目指せる無料のサービスは数多く存在します。

無料登録して、カウンセラーと話すだけでも今後の方向性は見えてきます。

最初の一歩を踏み出すだけで、後はトントンと簡単に進みますよ。

正社員就職を目指したい方は、1人あたり平均10時間の手厚いサポートを無料で提供する「第二新卒エージェントneo」の利用がおすすめです。

需要のあるスキルを磨いて正社員就職を目指したい方は、プログラミングスクールの「ネットビジョンアカデミー」を利用するのが最もおすすめです。

ネットビジョンアカデミーは、受講料無料のプログラミングスクール。
未経験での就職率が98%とかなり高く、他社では20万円近くかかる費用も一切かからないのが魅力です。

高卒フリーターのままはやばい5つの理由

なぜ、高卒フリーターのままはやばいのか?

結論から先にお伝えすると、将来性がないから。
男性だけでなく、女性にとっても明るい未来は遠のくばかりです。

具体的な高卒フリーターのままはやばい5つの理由をまとめます。

【理由1】結婚がしづらくなるから

高卒フリーターのままではやばい理由として、1つ目は「結婚がしづらくなるから」

高卒フリーターのままでは、結婚しづらいのは事実です。

主な要因としては、フリーターの方が収入が安定しないことが大きいと言えます。

実際、労働政策研究・研修機構のデータから、男性の雇用形態別の有配偶率を見てみると、
(※女性は結婚や出産で、雇用形態の傾向が変わるため、省略しています)

【雇用形態別】有配偶率(男性の場合) 25~29歳 30~34歳 40~44歳
正社員の場合 29.1% 57.2% 73.0%
パート・アルバイトの場合 5.6% 12.0% 20.2%
差異 23.6pt 45.2pt 52.8pt

(出典:労働政策研究・研修機構「年齢階層別にみた有業・無業状況、個人年収別有配偶率」

上記の通り、いずれにおいてもパート・アルバイトの方が、有配偶率は低い結果となっています。

特に正社員は、30代から一気に割合が上昇傾向にある一方で、フリーターは上昇率が低く、停滞気味なことがわかります。

なので、フリーターのままだと、結婚がしづらくなるというのが、やばい理由のひとつに挙げられます。

【理由2】年収が低いまま上がらないから

2つ目の理由が、「年収が低いまま上がらないから」

高卒フリーターのままだと年収は低いままです。

主な要因として、フリーターは勤続年数によって評価される正社員と異なり、昇給がないことが大きいと言えます。

実際、国税庁の「民間給与実態統計調査(2022)」を見ると、正社員の平均給与は年間523万円に対し、非正規雇用者の平均給与は201万円と、大きな差があります。

さらに、厚労省の「賃金構造基本統計調査(2022)」で、雇用形態別の生涯年収の格差を見てみると、

【雇用形態別】生涯年収の格差 20~24歳 30~34歳 40~44歳 50~54歳
正社員の場合 221万円 288.4万円 347.5万円 387.5万円
正社員以外の場合 196.2万円 215.5万円 217.6万円 211.9万円
差異 24.8万円 72.9万円 129.9万円 175.6万円

(出典:厚労省「令和4年賃金構造基本統計調査の概況」

上記結果の通り、年を重ねるごとに、年収の格差が広がっていることがわかります。

特に50~54歳になると、その生涯年収の差は180万円近くまで格差が広がってしまっています。

以上を踏まえると、年収が低いまま上がらないのも、高卒フリーターのままはやばい理由に入ると言えます。

【理由3】キャリア形成のスキルが磨きにくいから

高卒フリーターのままだと、キャリア形成のためのスキルも磨きづらくなります。

たとえば、正社員とパート・アルバイトとでは、能力開発訓練の実施状況が大きく異なります。

実際、労働政策研究・研修機構の「若年者の就業状況・キャリア・ 職業能力開発の現状(2019)」における、就業状況別能力開発実施状況を見てみると、

就業状況別能力開発実施状況(15~34歳)

  • 正社員:46.6%
  • 契約社員・嘱託:32.3%
  • パート・アルバイト:16.2%

上記の通り、パート・アルバイトのスキルを磨く機会が少ないことがわかります。

さらに、同資料から学歴別の実施状況を見てみると、

学歴別の実施状況(15~34歳)

  • 大卒:44.6%
  • 高卒:24.0%

高卒だとかなり不利な状況になると言えます。

そもそもフリーターでキャリア形成を望む人は少ないかもしれません。
ですが、キャリア形成をしないと年収アップにつながらないので、勤続年数が増えても給与はそのままです。

なので、高卒フリーターのままではやばい理由に、キャリア形成のスキルが磨きにくいことも挙げられるでしょう。

【理由4】老後に生活が苦しくなるから

高卒フリーターのままだと、老後に生活が苦しくなります。

一番わかりやすい例としては、正社員と比べて「退職金制度」や「財形制度」などが適用されにくくなります。

財形制度とは、事業主が勤労者に代わり給料から天引きした金額分の貯蓄を行う制度。

財形制度により貯蓄されたお金は財産になり、年金などの形で受け取りができたりするので、老後の生活に役立てたりすることが可能です。

実際、厚労省の「就業の実態」において、就業形態別の現在の会社における各種制度適用状況の割合を見ると、

【就業形態別】各種制度適用状況の割合 厚生年金 退職金制度 財形制度
正社員の場合 96.1% 77.7% 43.4%
パートタイム労働者の場合 43.1% 8.0% 5.8%

(出典:厚労省「就業形態の多様化調査」

上記結果の通り、正社員と比べても適用制度が圧倒的に少ないことがわかります。

なので、年をとって生活の補償が必要となった時に、十分な手当てがもらえなくなる可能性が高いと言えます。

以上を踏まえると、老後に生活が苦しくなることも、高卒フリーターのままではやばい理由になります。

【理由5】大卒向けの求人に応募できないから

高卒フリーターだと、大卒の求人に応募できないことも不利な状況になってきます。

理由として、大卒の方が求人数は多いからです。

実際、厚労省のハローワークによる高校新卒者の求人数(2022年)と、リクルートワークスの大卒者の求人数(2023年3月卒)を比べてみると、

求人数比較(高卒vs大卒) 高卒 大卒 差(高卒-大卒)
製造業 110,250人 249,300人 -139,050人
建設業 67,099人 106,200人 -39,101人
卸売業・小売業 40,143人 269,000人 -228,857人

上記の通り、いずれの産業において、高卒の方が求人数は少ないのが実情。

大卒者と比較して、1.5倍以上の差があることがわかります。

なので、高卒フリーターは、求人の選択肢が大卒よりも狭くなり、採用される確率が低くなってしまうため、続けていくのが困難になっていきます。

以上のような理由で、大卒向けの求人に応募できないことも、高卒フリーターのままだとやばい要因になるのではないかと言えます。

高卒フリーターのまま30代を迎えた友人の末路

ここまで、高卒フリーターのままはやばい理由を解説してきました。

やばい理由があるのは事実です。
エビデンスですでに証明されているため、高卒フリーターのままではやばい末路が待っています。

さらに、実体験でもやばい末路があります。

ここでは、高卒フリーターのまま30代を迎えた友人の末路をご紹介します。

【末路1】就職の間口は狭まり誰にも相手にされない人生

Aさんは30代になっても高卒フリーターの生活を続けていました。彼の日常は不安定なアルバイトに明け暮れ、周囲の友人たちはすでに安定したキャリアと家庭を築いていました。Aさんも安定を求めて就職活動を始めましたが、彼の履歴書は長年のフリーター経験と散発的な職歴が災いし、企業からの反応は冷たかった。特にショックだったのは、ある面接での出来事です。

面接官から「こんな履歴では、うちでは雇えない」と断言されたのです。これにより自尊心は大きく傷つき、失業期間がさらに長引きました。

深刻なのは、Aさんが精神的な問題を抱え始めたことです。不安定な収入と将来への不安が彼を追い詰め、徐々に人との交流を避けるようになりました。友人たちとの差を痛感し、自己価値を失った彼は、社会からの孤立を深めていきました。最終的には、日々の生活に必要な最低限のアルバイトすら見つけることが困難になり、彼は完全に社会から取り残された存在になってしまいました。

このように、高卒フリーターとしての生活が続いたことで、彼の人生は先の暗い末路を迎えたのです。

【末路2】人生の終わりすら痛感するのが高卒フリーターという身分

Bさんは、高校卒業後、定職に就かず様々なアルバイトを転々としてきました。30代になった彼の生活は、多くの人にとって驚愕の末路と言えるかもしれません。

彼は小さなワンルームアパートに住み、日々の生計を立てるために、安い時給のアルバイトに明け暮れています。社会保険や年金の支払いを怠り、将来の安全網はまったくない状態です。友人たちはすでに家族を持ち、安定したキャリアを築いている中、Bさんは孤独と経済的不安に苛まれています。

彼の日常は、仕事と自宅の往復だけ。自己投資やスキルアップの機会もなく、心身ともに疲弊していきます。財政的な問題から、健康を害し、病院にも行けない日々が続いています。社会的なつながりも希薄で、友人や家族との関係も断絶してしまいました。

Bさんは、自分の状況に絶望しつつも、どうにかして状況を変えようと奮闘していますが、不安定な収入と低い自己肯定感が大きな障壁となっています。この体験談は、社会的な安全網の重要性と、早期からのキャリア計画の必要性を痛感させるものです。

【末路3】女性なら結婚・出産の機会もますます不利になる

Cさんは若い頃から短期間のアルバイトを転々とし、キャリアや専門技能の構築には注力してきませんでした。30代になると、彼女は仕事の選択肢が狭まり、低賃金のアルバイトに頼ることが多くなります。これは特に女性にとって、キャリアの停滞や将来への不安をもたらす要因となります。

さらに、女性としての生物学的な時計の進行は、Cさんに追加のプレッシャーを与えます。彼女がもし子供を望むなら、その機会は年齢と共に減っていきます。しかし、不安定な職業状況と経済的な制約は、彼女が家庭を持つことを難しくします。

また、女性は男性よりも高い確率で介護や家族の世話に関わることが多く、これがキャリアの機会をさらに限定する可能性があります。Cさんも年老いた両親の介護に迫られるかもしれず、これは彼女の個人的な自由やキャリア選択をさらに制約します。

健康面でも、不安定な収入は十分な医療を受ける能力に影響を及ぼす可能性があります。女性特有の健康問題に対して適切なケアを受けられない状況は、彼女の健康と幸福に深刻な影響を与えるかもしれません。

これらの事情は、Cさんが直面する女性としての特有の困難を浮き彫りにします。彼女の人生は、経済的な不安定さと社会的な期待の間で葛藤し、将来に対する恐れと不確実性に満ちています。

やばい高卒フリーターから今すぐ抜け出す方法3選

実は、フリーターから正社員になりたい人は、すぐにでもなりたい24.8%と、いずれはなりたい31.8%で、56.6%にのぼります。

数字からも分かる通り実は、正社員になりたいフリーターは非常に多い。

でもどうすれば、正社員になれるのかわからない、という人の方が多いことをご存知でしょうか。

でも安心してください。
ここでは、高卒フリーターから正社員就職に特化した方法のみ厳選してご紹介します!

ご紹介する方法はすべて無料です。
かつ、自力で行うのではなく、プロの支援のもと正社員を目指す方法です。

あなたは登録するだけでOK。
早速、やばい高卒フリーターから今すぐ抜け出す方法3選をまとめていきます!

【方法1】フリーター向けの就職エージェントを活用する

まず1つ目の方法は「フリーター向けの就職エージェントを活用する」

就職エージェントとは、求職者に専任のアドバイザーがつき、希望に沿った求人を紹介してくれるサポートサービスです。

似たようなサービスに「転職エージェント」がありますが、異なるので注意が必要です。

具体的に言うと、転職エージェントは、正社員が対象となります。
一方で、就職エージェントは、フリーターを対象にしたサービスで、「就活エージェント」とも呼ばれることがあります。

就職エージェントを利用するメリットは、就活のプロに相談でき、また、求人の交渉も代行してやってくれるので、とても便利です。

自分ひとつでは見つけられない優良企業に出会える可能性があり、かつ、効率よく探してもられるので、短期間で内定が得られる場合もあります。

なので、フリーターの現状から脱出する方法として、就職エージョントは非常に有効であると言えます。

ここでは、数ある就職エージェントの中でも最もおすすめのサービスをご紹介します。

それが1人あたり平均10時間の手厚いサポートを無料で提供する「第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoの他にないメリットはこちら。

第二新卒エージェントneoを利用するメリット

  • 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介!
  • 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行います。(スタッフは全員第二新卒)
  • 企業担当による面談対策と幅広い求人を紹介可能!内定後はもちろん、入社後もサポートします。

サポートはもちろん、内定獲得まですべて無料でサービスを受けられます。

気になる方、正社員就職を目指したい方は、まずはカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

【方法2】受講料無料のプログラミングスクールを受講する

次に2つ目の方法は「受講料無料のプログラミングスクールを受講する」

プログラミングスクールの受講も、正社員になるのにおすすめです。
なぜなら、フリーターから就職するのに、IT業界は比較的就職しやすいといえるから。

その最たる要因として、IT業界は人材が不足していることが挙げられます。

実際、経産省の試算では、IT人材の不足は2020年の37万人から、2030年には79万人に拡大すると見ており、今後需要がますます高まると予想されています。

とはいえ、全く知識のないフリーターが、IT業界に飛び込むのは無謀すぎます。

そこでおすすめするのが、受講料無料のプログラミングスクールです。

特に「ネットビジョンアカデミー」は、無料スクールの中でも最も充実していると言えます。

未経験での就職率が98%とかなり高く、他社では20万円近くかかる費用も一切かからないのが魅力です。

IT業界は即戦力が求められる場合が多いので、上記のようなスクールでスキルを身につければ、就職できる可能性が高まります。

なので、受講料無料のプログラミングスクールを受講することも、正社員になる有効な方法といえます。

まずは、無料のカウンセリングから受けてみることをおすすめします。

プログラミングスクールの受講が最適といっても、向き不向きはあります。
受講を決めた後に「やっぱりプログラミングは向いてない。。。」なんてことになったら後の祭り

適正を見極めるためにも、カウンセリングを受けることから始めてみてください。

【方法3】20代でも実力主義で活躍できるITエンジニアを目指す

そして3つ目の方法が「20代でも実力主義で活躍できるITエンジニアを目指す」

フリーターに、IT業界をおすすめ理由は人材不足であるからと先ほど述べた通り。
ですが、IT業界の中でもITエンジニアを目指すほうが、よりメリットが多いと言えるでしょう。

その理由は、ITエンジニアは、未経験からでも転職がしやすいからです。

実際、あるエンジニア派遣事業の「未経験のエンジニア転職」のデータによると、異業種から未経験でエンジニアに転職した人を年代別にみると、

異業種から未経験でエンジニアに転職した人の年代別割合

  • 20代:62%
  • 30代:26%
  • 40代:12%

上記結果の通り、20代であれば、未経験でも就職しやすいことがわかります。

また、エンジニアは、特別な資格は必要なく、学歴なども関係なしに活躍できるので、スキルを磨ければ、キャリアアップも目指しやすい職種です。

以上のような点から、20代でITエンジニアを目指すことも、フリーターから正社員になる方法のひとつだと言えます。

ITエンジニアを目指すためにも、プログラミングスクールの受講が最適解です。

ここでは、おすすめのスクールを3つ厳選しご紹介します。
気になる方、ITエンジニアを目指したい方は、まずは無料のカウンセリングから始めてみてください。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

向いてる仕事が見つからない高卒フリーターに最適なサービス

向いてる仕事が見つからないフリーターに最適なサービスがあります。

それが、キャリアのプロに相談するのが良いです。

「キャリアのプロ」とは、個人のキャリアデザインをサポートし、自律的な成長の手助けをするキャリアコーチングを指します。

キャリアに関する専門知識を持っているので、キャリアアップに必要な具体的方法を教えてもらうことができます。

なかでも、おすすめのサービスは累計相談者数が24,000名を突破した「ポジウィルキャリアです。

ポジウィルキャリアは、キャリアに特化したパーソナル・トレーニング。
初めて転職をする人や、年収を上げたい人、若くして理想のキャリアを築きたい人を中心に、キャリアサポートで実績を上げています。

一人ひとり個人に向き合った、キャリア形成の計画やアドバイスを立ててくれるので、効率よくキャリアを積みたいという人に最適なサービスだと言えるでしょう。

なので、実際に転職を決意した人は、まずはキャリアのプロに相談するのがおすすめです。

\20~30代のキャリア相談No.1/
『ポジウィルキャリア』まずは無料カウンセリングを予約する
【公式サイト:https://posiwill.jp

【Q&A】やばいと言われる高卒フリーターに関するよくある質問

最後にやばいと言われる高卒フリーターに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】高卒のフリーターは何割くらいですか?

現状に悩む人

「高卒のフリーターは何割くらいですか?」

労働政策研究・研修機構の「若年者の就業状況・キャリア・ 職業能力開発の現状(2019)」のデータによると、学歴別のフリーターの数は、

学歴別のフリーターの数

  • 中学卒:14万7,300人
  • 高校卒:68万100人
  • 専門、短大、高専卒:34万2,400人
  • 大学、大学院卒:27万2,200人

フリーター全体の中では、高卒が約47%を占めており、一番高い割合であることがわかります。

【質問2】高卒フリーターで専門学校を卒業すると就職に有利?

現状に悩む人

「高卒フリーターで専門学校を卒業すると就職に有利?」

結論、職種によるでしょう。

専門学校で学んだ技術が、希望する企業の業種に沿ったものであれば、多少は有利に働くことがあるかもしれません。

ですが、学歴だけで専門学校だから高卒よりも有利に働く、といったことはないでしょう。
むしろ、専門学校で費やす受講年数や受講料を考えると、就職するうえでは、必ずしも効率が良いとは言えません。

それよりも、就職エージェントやスキルを学べるスクール(IT業界ならプログラミングスクールなど)に通ったほうが、はるかに効率が良いです。

実際、プログラミングスクールの一覧を見てみると、短い期間で専門学校よりも安く受講できるスクールが数多くあることがわかります。

また、就職エージェントも、自分の希望に沿った職種をピンポイントで探してくれるので、専門学校よりも効率が良いです。

なので、専門学校で勉強するよりも、自分の希望する職種のスキルを短期間で学べるスールや、就職エージェントのほうが就職できる可能性は高いです。

【質問3】高卒フリーターの女性は正社員で就職できる?

現状に悩む人

「高卒フリーターの女性は正社員で就職できる?」

結論、就職できます。

労働政策研究・研修機構の「労働政策研究報告書(2016)」でフリーターから正社員に「なろうとした割合」と「実際になれた割合」を見てみると、

フリーターから正社員への就職状況 なろうとした割合 実際になれた割合
高卒男性 69.7% 63.0%
高卒女性 56.1% 40.0%

男性よりも女性の方が値は低いものの、実際に正社員になれた人は4割いることがわかります。

また、同じ労働政策研究・研修機構の「若年者の就業状況・キャリア・ 職業能力開発の現状」でフリーターを辞めた人の正社員移行率(2017)を見てみると、

高卒の非典型雇用離職者計6,394人(全体の45.3%)

  • 高卒男性の正社員移行率:32.5%
  • 高卒女性の正社員移行率:13.8%

なので、少ないとはいえ、実際に正社員に就職している人はいるので、諦めずに活動をしてみることをおすすめいたします。

まとめ:高卒フリーターはやばい悲惨な末路と今すぐ抜け出す方法

高卒フリーターはやばい悲惨な末路と今すぐ抜け出す方法をまとめてきました。

改めて、高卒フリーターのままはやばい理由をまとめると、

高卒フリーターのままはやばい理由

  1. 結婚がしづらくなるから
  2. 年収が低いまま上がらないか
  3. キャリア形成のスキルが磨きにくいから
  4. 老後に生活が苦しくなるから
  5. 大卒向けの求人に応募できないから

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選