一生就職できない人の5つの原因と今すぐ正社員になる方法【ニート・フリーター向け】
現状に悩む人

「このまま一生就職できないのかな。。今すぐ正社員になる方法はありませんか?」

この疑問・悩みに答えます。

本記事では、「一生就職できないと感じるニート・フリーターの方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事でわかること

  • 一生就職できない人の原因
  • 逆にフリーターでもすぐに就職が決まる人の特徴
  • ニート・フリーターから今すぐ正社員になる方法

一生就職できない人の6つの原因

なぜ、一生就職できないと感じてしまうのか?

実は「一生就職できない」人には、共通する原因があります。

ここでは、一生就職できない人の6つの原因について深堀解説していきます。

【原因1】就職先の理想が高すぎるため

まず1つ目の原因が「就職先の理想が高すぎるため」

近年の就職できない人は、理想が高すぎるためにできない人が多いと考えられます。
なぜなら、完全失業率は2割台をキープしているのに、新卒未就職者の数は増えているからです。

具体的に数字で示すと、ここ5年間の推移を見ると、

完全失業率 新卒未就職者(全体の割合)
2018年 2.4% 39,854人(7.0%)
2019年 2.4% 38,232人(6.7%)
2020年 2.8% 40,809人(7.1%)
2021年 2.8% 56,228人(9.6%)
2022年 2.6% 55,286人(9.4%)

(出典:総務省「労働力調査(基本集計)2022年(令和4年)平均結果の概要」文科省「令和4年学校基本調査確報報道発表資料」

上記結果の通り、失業率の割合に比べて、未就職者の数が増えています。

ちなみに、10年前の完全失業率は、総務省統計局の「労働力調査」によると、4.0%と高いので、近年の就職状況は、改善しつつあるはず。

にも関わらず、新卒で就職できない人が増えているのは、「できない」のではなく、「しない」選択肢を選ぶ人が多いのではないかと、推測できます。

つまり、就職したくてもできないのではなく、自分の希望とする就職先につけないために、就職しない道を選ぶ人が、多いのではないかということ。

従って、一生就職できない人の原因として、就職先の理想が高すぎる点が挙げられると言えるでしょう。

【原因2】自分に合った仕事がわからないため

次に2つ目の原因が「自分に合った仕事がわからないため」

理想が高すぎて就職できない人がいる反面、自分に合った仕事がわからない、という人も多いと言えます。

実際、退職に関する情報サイトの調査によると、「今の仕事が適していると思いますか?」というアンケートを行ったところ、

  • 分からない:38%
  • 一部適している:30%
  • 適していると思う:16%
  • 全く適していない:16%

上記の通り、「分からない」が一番多い結果となっていました。

そして今度は、すでに退職した人を見てみると、全国就業パネル実態調査で、転職活動者に「まだ転職していない理由」を尋ねたところ、

まだ転職していない理由

  • 自分に合った仕事がわからない:14.2%
  • 思ったよりも手間がかかって進んでいない:10.9%
  • 賃金・給料が希望にあわない:9.5%

「自分に合った仕事がわからない」が最も多い結果となっています。

以上のように、現在就職している人もそうでない人も、いかに現状の仕事を適職と思っていないかがわかります。

従って、自分に合った仕事がわからないといった点も、一生就職できない原因になると言えます。

【原因3】安定した会社が少ないため

3つ目の原因が「安定した会社が少ないため」

昨今の物価高や不安定な情勢のために、安定した会社が少ないと感じる人も多いと考えられます。

実際、マイナビの「2022年卒大学生就職意識調査」によると、新卒大学生の企業選択のポイントは、

企業志向×「企業選びのポイント」

  • 安定している会社:42.8%
  • 自分のやりたい仕事(職種)ができる:34.6%

上記結果の通り、「やりたい仕事」よりも「安定している会社」を求める傾向が強くなっています。

就業者の方を見ても、転職サイトの「仕事の満足感」についてのアンケートで、「仕事がイヤになったのはどんな状況の時」なのかを尋ねると、

仕事がイヤになったのはどんな状況の時ですか?

  • 会社の将来性が感じられない:約38%
  • 収入が上がらない:約35%
  • 上司に認められない:約33%

「やりがい」などよりも「安定性」を重視していることがわかります。

上記のようなデータから、安定性を求めるあまり、就職できないと感じる人が一定数いることが考えられます。

従って、安定した会社が少ないというのも、一生就職できない人の原因に挙げられると言えます。

【原因4】働く意欲が湧いてこないため

4つ目の原因が「働く意欲が湧いてこないため」

10代~50代の働く男女1,000人に「働きたくないと思ったことがあるか」を聞くと、845人が「ある」と答えたアンケート結果があります。

働きたくないと思っている人のうち、仕事が生活のための手段になっている人は、特に、働く意欲が湧きにくいかと思います。

なぜなら、仕事の原動力が、「やりがい」や「楽しさ」などのプラス要因ではなく、生活の「苦しさ」や「しんどさ」などのマイナス要因となっているから。

実際、同アンケートの働く男女1,000人に、働く理由を尋ねたところ、生活のためと答えた人が740人と、過半数を占めていることがわかります。

上記のことから、生活のためと答えた人は、マイナスな要因が重なると仕事を辞めやすく、また、一旦辞めると再開することが負担になる人が多いと言えます。

なので、働く意欲が湧いてこない点も、一生就職できない人の原因に、十分になり得ると考えることができます。

【原因5】ニートの期間が長すぎるため

5つ目の原因が「ニートの期間が長すぎるため」

ニートの定義は、厚労省によると、「13~34歳までの非労働力人口のうち家事も通学もしていない者」が該当するようです。

上記のような「若年無業者」は、総務省統計局の「労働力調査」によると57万人に及び、35~ 44歳の無業者と合わせると、なんと93万人に上ります。

これらの無業者は、期間が長くなればなるほど、就職がしにくい状況になっていくと言えます。

実際、労働政策研究・研修機構の資料で、15~44歳の1年間における正社員移行率を見てみると、

  • 15~19歳:29.9%
  • 20~24歳:32.7%
  • 25~29歳:25.5%
  • 30~34歳:18.1%
  • 35~39歳:15.5%
  • 40~44歳:15.6%

上記結果の通り、年を重ねるほどに、正社員になれる確率が低くなっています。

なので、ニートの期間が長くなればなるほど、就職がますますできなくなると見ることができます。

以上のことから、ニートの期間が長すぎることも、一生就職できない原因になると考えられます。

【原因6】社会に出るのが怖いため

そして6つ目の原因が「社会に出るのが怖いため」

精神的な要因で、働きたくても働けない状況にある人も、なかにはいると思います。

たとえば、うつ病になると、働きたい気持ちがあっても、病気を治さない限り、就職することが難しくなってくるでしょう。

実際、厚労省の「患者調査」で、うつ病に該当する「気分障害」の患者の割合を見てみると、

  • 入院数:22万人
  • 外来数:72万人

合計94万人もの患者がおり、身近な病気であることがわかります。

また、経済協力開発機構(OECD)のメンタルヘルスに関する国際調査によると、日本のうつ病の割合は、コロナ前の7.9%から、17.3%と2倍になったとのこと。

上記を踏まえると、実際に病院に行っていなくても、精神的な要因によって社会に出たくないと考えている人の数は、多いと予想されます。

なので、社会に出るのが怖い人も、一生就職できない原因のひとつになると言えるでしょう。

逆にフリーターでもすぐに就職が決まる人の特徴

ここまで、一生就職できない人の原因について解説してきました。

ただ、一生就職できないと嘆く一方で、就職が決まるフリーターの方ももちろんいます。

この違いは何なのか?
逆にフリーターでもすぐに就職が決まる人の特徴をご紹介します。

【特徴1】失敗を恐れずに進める人

まず1つ目の特徴が「失敗を恐れずに進める人」

働く意思やスキルがあっても、ミスを恐れて動き出せないでいれば、就職することは難しいでしょう。

近年では若い世代ほど、失敗を恐れたり、他人の評価を気にしたりする傾向が強くなっているようですね。

たとえば、トレンド情報誌が行った調査で、世代別の正社員にアンケートをとったところ、失敗を恐れない割合は、

【世代別】失敗を恐れない割合

  • z世代:66.4%
  • ミレニアル世代:75.9%
  • 氷河期世代:80.7%
  • バブル世代:82.4%

若い世代につれて、低くなっていることがわかりますね。

なので、いかに失敗を恐れずに進めるかが、就職する上で大事になってきます。

以上のような点で、フリーターでもすぐに就職が決まる人の特徴として、失敗を恐れずに進める人が挙げられます。

【特徴2】すぐ行動に移すことができる人

次に2つ目の特徴が「すぐ行動に移すことができる人」

難しいことを考えずに、すぐに行動に移せる人も、就職が成功しやすいと言えるでしょう。

たとえば、ヒューマンロジック研究所が開発した「FFS(Five Factors & Stress)理論」によると、日本人の6割は「最初の一歩が踏み出せない」人に該当するようです。

上記の理論によれば、「最初の一歩が踏み出せない」のは、「保全性」が高い人に該当するらしく、「素直になる」ことで、状況が改善する可能性があるとのこと。

つまり、すぐに行動に移せる人とそうでない人の差は、意識のちょっとした心がけの差であるということがわかります。

従って、すぐ行動に移すことができる人も、就職ができる人の特徴に入ると言えるでしょう。

【特徴3】フリーター向けの就職支援サービスを利用した人

そして3つ目の特徴が「フリーター向けの就職支援サービスを利用した人」

いわゆる「就職エージェント」を利用した人のことを指します。

正社員向けではなく、フリーター向けの就職エージェントも、国内にはさまざまなものがあります。

フリーター向けの就職エージェントを利用するメリットは、

フリーター向けの就職エージェントを利用するメリット

  • 自分の希望にあった個別の求人を専門スタッフが紹介してくれる
  • フリーターでも就活サポートを利用することができる
  • 質の悪い企業(ブラック企業)を除外してくれる

つまり、自分一人の就活では手の届かない部分をフォローしてくれる点にあります。

行き詰った時に、相談に乗ってもらえたりもするので、精神的にも心強いサービスではないでしょうか。

以上の点で、フリーター向けの就職支援サービスを利用した人も、フリーターでもすぐに就職が決まる人の特徴と言えます。

結局「一生就職できない・人生終わり」はホント?

結局「一生就職できない・人生終わり」はホントなのかどうか?

結論からいうと、一生就職できないなんてことはありません。
なぜなら、先にも紹介した通りで、フリーターやニートであっても就職が決まる人はいるからです。

ではなぜ、「一生就職できない」と嘆く人は多いのか?
その最たる原因は、適切な就職支援サービスを利用せず、フリーター期間が長くなってしまっていることにあります。

実際、労働政策研究・研修機構の「労働政策研究報告書」によると、フリーター期間別で正社員になれた者の割合は、

  • 1年以内:68.8%
  • 2年~3年:56.6%
  • 5年以上:32.3%

上記結果の通り、フリーター期間が長くなるほど、正社員への就職は困難になる傾向にあります。

従って、フリーターの期間が長引けば、正社員に就職できる確率が低くなっていきますので、できるだけ早めに、対策を立てるのが得策だと言えます。

以上を踏まえると、効率的に求人を探してくれる「就職支援サービス」を利用することは、最も有効で、かつお手軽な方法だと言えるでしょう。

ニート・フリーターから今すぐ正社員になる方法

ニート・フリーターから今すぐ正社員になる方法をご紹介します!

【方法1】無料のプログラミングスクールを受講する

最もおすすめの方法が「無料のプログラミングスクールを受講する」

プログラミングスクールの受講も、正社員になるのにおすすめです。
なぜなら、フリーターから就職するのに、IT業界は比較的就職しやすいといえるから。

その最たる要因として、IT業界は人材が不足していることが挙げられます。

実際、経産省の試算では、IT人材の不足は2020年の37万人から、2030年には79万人に拡大すると見ており、今後需要がますます高まると予想されています。

とはいえ、全く知識のないフリーターが、IT業界に飛び込むのは無謀すぎます。

そこでおすすめするのが、受講料無料のプログラミングスクールです。

特に「ネットビジョンアカデミー」は、無料スクールの中でも最も充実していると言えます。

未経験での就職率が98%とかなり高く、他社では20万円近くかかる費用も一切かからないのが魅力です。

IT業界は即戦力が求められる場合が多いので、上記のようなスクールでスキルを身につければ、就職できる可能性が高まります。

なので、受講料無料のプログラミングスクールを受講することも、正社員になる有効な方法といえます。

まずは、無料のカウンセリングから受けてみることをおすすめします。

プログラミングスクールの受講が最適といっても、向き不向きはあります。
受講を決めた後に「やっぱりプログラミングは向いてない。。。」なんてことになったら後の祭り

適正を見極めるためにも、カウンセリングを受けることから始めてみてください。

【方法2】フリーター向け就職エージェントをフル活用する

ITエンジニア以外で正社員を目指す方法でおすすめなのが「フリーター向け就職エージェントをフル活用する」

就職エージェントとは、求職者に専任のアドバイザーがつき、希望に沿った求人を紹介してくれるサポートサービスです。

似たようなサービスに「転職エージェント」がありますが、異なるので注意が必要です。

具体的に言うと、転職エージェントは、正社員が対象となります。
一方で、就職エージェントは、フリーターを対象にしたサービスで、「就活エージェント」とも呼ばれることがあります。

就職エージェントを利用するメリットは、就活のプロに相談でき、また、求人の交渉も代行してやってくれるので、とても便利です。

自分ひとつでは見つけられない優良企業に出会える可能性があり、かつ、効率よく探してもられるので、短期間で内定が得られる場合もあります。

なので、フリーターの現状から脱出する方法として、就職エージョントは非常に有効であると言えます。

ここでは、数ある就職エージェントの中でも最もおすすめのサービスをご紹介します。

それが1人あたり平均10時間の手厚いサポートを無料で提供する「第二新卒エージェントneo」の活用が最もおすすめです。

第二新卒エージェントneoの他にないメリットはこちら。

第二新卒エージェントneoを利用するメリット

  • 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介!
  • 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行います。(スタッフは全員第二新卒)
  • 企業担当による面談対策と幅広い求人を紹介可能!内定後はもちろん、入社後もサポートします。

サポートはもちろん、内定獲得まですべて無料でサービスを受けられます。

気になる方、正社員就職を目指したい方は、まずはカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

【方法3】就活生なら就活エージェントを利用して就活を乗り切る

そして「就活生なら就活エージェントを利用して就活を乗り切る」

就活生は、IT専門の就活エージェントをフル活用するのが最適解です。

なぜなら、IT企業への内定実績が豊富だから。
何も就活対策なく、応募しても簡単に落とされるのがオチです。

IT企業に新卒で就職したい就活生は、その業界の専門とする就活エージェントをフル活用するのが最適解。

特におすすめは、5,000社以上の企業情報を保有する「レバテックルーキー」の活用が最もおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。
5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。

ファーストキャリアをBPO業界に就職すると決めてる方は、ぜひご活用ください。

ニート・フリーターの就職におすすめの仕事3選

ニート・フリーターの就職におすすめの仕事3選をご紹介します!

【仕事1】エンジニア職

IT業界は、能力・成果重視の職場環境なので、フリーターが就職しやすい業界だと言えます。

実際、厚労省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」において、IT企業の給与決定には何が重視されているかのアンケートでは、

IT企業の給与決定要因

  1. 成果:32.8%
  2. ITスキルのレベル(設計力、開発力、スピードなど):30.2%

ITスキルのレベルと成果が最も重視されていることがわかります。

なので、自分のスキル次第で、いくらでも参入できることから、エンジニア職は、就職しやすく、かつ将来性も大いに期待できる職種であると言えます。

【仕事2】営業職

営業職は、さまざまな業界で必要な職種であることから、求人数が多く、フリーターにとって就職しやすいと言えるでしょう。

実際、求人サイトdodaの情報によると、営業の種類は業界による違いだけでなく、手法による違いもあるらしく、

営業の種類

  • 新規営業(新規顧客を開拓や獲得するための営業)
  • ルート営業(固定客に決まった商品を届ける営業)
  • 反響営業(広告等で問い合わせてきた見込み客に行う営業)
  • 代理店営業(代理店の開拓や代理店の支援を行う営業)
  • ソリューション営業(顧客との商談で提案や問題解決を行う営業)

上記のように、実に豊富な選択肢があります。

また、同じくdodaの情報によると、2024年上半期の営業職の求人ニーズは、「継続して高い状況」にあるとのこと。

従って、フリーターにとって求人を見つけやすく、就職できる確率も高いと言えます。

【仕事3】事務職

デスクワークが中心の事務職は、特別なスキルや資格を必要としないことから、人気のある職種です。

さらに、残業が少なく、ワークライフバランスは実現しやすいことも、魅力であると言えるでしょう。

事務職の種類と主な業務としては、以下の通り。

事務職の種類と主な業務

  • 総務:備品やOA機器の調達と管理、職場環境の整備など
  • 経理・財務:決算書や申告書などの作成、予算や決算の業務など
  • 労務:従業員の勤務状況の管理、福利厚生や社会保険関係の手配など

求人も豊富にあるので、自分に合った職種を選んで、トライしてみるのも良いのではないでしょうか。

【Q&A】一生就職できないと嘆くフリーターのよくある質問

最後に一生就職できないと嘆くフリーターのよくある質問をまとめます。

【質問1】就活できないは甘えですか?

現状に悩む人

「就活できないは甘えですか?」

【質問2】どこにも就職できなかったらどうしたらいいですか?

現状に悩む人

「どこにも就職できなかったらどうしたらいいですか?」

【質問3】30代ニートで就職できない人は一生就職できない?

現状に悩む人

「30代ニートで就職できない人は一生就職できない?」

【質問4】HSPで就活できない人はどんな仕事が向いてる?

現状に悩む人

「HSPで就活できない人はどんな仕事が向いてる?」

まとめ:一生就職できない人の原因と今すぐ正社員になる方法

一生就職できない人の原因と今すぐ正社員になる方法をまとめてきました。

改めて、一生就職できない人の原因をまとめると、

一生就職できない人の原因

  1. 就職先の理想が高すぎるため
  2. 自分に合った仕事がわからないため
  3. 安定した会社が少ないため
  4. 働く意欲が湧いてこないため
  5. ニートの期間が長すぎるため
  6. 社会に出るのが怖いため

フリーター・ニートから正社員を目指すなら「IT業界」を目指すのがおすすめです。

なぜなら、フリーターから就職するのに、IT業界は比較的就職しやすいといえるから。

その最たる要因として、IT業界は人材が不足していることが挙げられます。
ただとはいえ、全く知識のないフリーターが、IT業界に飛び込むのは無謀すぎます。

そこでおすすめするのが、受講料無料のプログラミングスクールです。

特に「ネットビジョンアカデミー」は、無料スクールの中でも最も充実していると言えます。

未経験での就職率が98%とかなり高く、他社では20万円近くかかる費用も一切かからないのが魅力です。

IT業界は即戦力が求められる場合が多いので、上記のようなスクールでスキルを身につければ、就職できる可能性が高まります。

なので、受講料無料のプログラミングスクールを受講することも、正社員になる有効な方法といえます。

まずは、無料のカウンセリングから受けてみることをおすすめします。

プログラミングスクールの受講が最適といっても、向き不向きはあります。
受講を決めた後に「やっぱりプログラミングは向いてない。。。」なんてことになったら後の祭り

適正を見極めるためにも、カウンセリングを受けることから始めてみてください。