フリーターから抜け出したい?現状から今すぐ脱出する簡単な方法3選と抜け出せない理由
現状に悩む人

「フリーターから抜け出したい。。現状から今すぐ脱出する簡単な方法を教えてほしい!」

この疑問・悩みに答えます。

本記事では、「現状から抜け出したいフリーターの方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事でわかること

  • フリーターから抜け出せない理由
  • フリーターの現状から今すぐ脱出する簡単な方法
  • 向いてる仕事が見つからないフリーターに最適なサービス

どうすれば、フリーターから抜け出せるのか?

今すぐ現状から抜け出したい方は、このまま読み進めてください。

フリーターのまま30代を迎えた友人の末路と現状から今すぐ脱出する簡単な方法を解説していきます。

結論から先にお伝えすると・・・

フリーターから抜け出せない理由があるのは事実。
ですが、抜け出さないまま30代を迎えれば、不利な状況に追い込まれる一方です。

今行動して、現状から抜け出すか?
それとも、楽なフリーターのまま、将来訪れるリスクを負うか?

すべては、あなたの行動次第です。
といっても、現状をどうにか変えたくても、なかなか勇気も出せませんよね。

でも幸いにも、フリーターから正社員就職を目指せる無料のサービスは数多く存在します。

無料登録して、カウンセラーと話すだけでも今後の方向性は見えてきます。

最初の一歩を踏み出すだけで、後はトントンと簡単に進みますよ。

正社員就職を目指したい方は、1人あたり平均10時間の手厚いサポートを無料で提供する「第二新卒エージェントneo」の利用がおすすめです。

需要のあるスキルを磨いて正社員就職を目指したい方は、プログラミングスクールの「ネットビジョンアカデミー」を利用するのが最もおすすめです。

フリーターから抜け出せない3つの理由

【若年層のフリーターの推移】

フリーターの数は、総務省の労働力調査(2022年)によると、132万人。

前年に比べて、6万人の減少。
年々減少傾向にあることからも、現状から抜け出したいと感じるフリーターは多いといえます。

なんですが、なかには抜け出せずにいる方もいるのも事実。

なぜ、フリーターから抜け出せないのか?
具体的なフリーターから抜け出せない3つの理由についてまとめます。

【理由1】やりたいことが見つからないから

フリーターから抜け出せない理由として、「やりたいことが見つからない」という人が多いです。

主な要因としては、大学生から社会人になる際に、自分自身がなりたい明確なビジョンを持てなかったことが挙げられます。

実際、キャリア支援サイトによる20代の就職・仕事に関する調査で、「就職活動について、今悩んでいること」を尋ねた結果、

  • 向いている仕事がわからない:68.4%
  • やりたいことがわからない:56.8%

就職の方向性が見えない大学生は、非常に多いことがわかります。

上記のような大学生が、フリーターになってしまう可能性が高いと言えます。
また、フリーターになってからの調査をみても、「フリーターになったきっかけ」として多いのが、

フリーターになったきっかけ

  • 正社員で働くより楽だから:24.8%
  • 明確な職業を思い描けなかった:22.1%

「正社員よりも楽」の24.8%に次いで、2位の多さであることがわかりました。

以上を踏まえると、フリーターから抜け出せない理由として、やりたいことが見つからないことが、大きな要因と考えられます。

【理由2】やりたいことがあるのにできないから

とはいえ、やりたいことが見つからない人がいる一方で、「やりたいことがあるのにできない」人も、多くいます。

そんな人たちは、なりたい自分になるための準備期間として、フリーターを選ぶケースがあるようですね。

実際、フリーターの意識・就労実態調査(2023年)で、フリーターとして働く人に希望のキャリアにつくための「学び直し」について尋ねると、

【新しいスキルを身に付けたり、学び直しをすることについて(全体 n=2,465)】

  • 必要性を感じている:61.3%
  • 必要性を感じていない:38.7%

上図の通り、かなり高い割合で「学び直し」を意識していることがわかりました。

一方、上記の人たちに「経済的なゆとりの有無」を尋ねたところ、80.0%の人が「ゆとりがない」と回答し、その中の24.9%が「貯金が無い」と回答しています。

なので、上記のようなフリーターは、やりたいことがないわけではなく、やりたいことがある(あるいはやりたいことが見つかった)のにできないという状況にあります。

以上のようなことから、やりたいことがあるのにできないという理由も、フリーターから抜け出せない理由として挙げられます。

【理由3】自由な時間が奪われるから

会社に縛られずに、フリーターのような自由な時間を希望する人も、抜け出せない理由として大きいと言えます。

実際、厚労省の「正社員以外の労働者の仕事に対する意識(2019)」を見てみると、現在の就業形態を選んだ理由として、

現在の就業形態(正社員以外)を選んだ理由

  • 自分の都合のよい時間に働けるから:36.1%
  • 家庭の事情(家事・育児・介護等)と両立しやすいから:29.2%
  • 家計の補助、学費等を得たいから:27.5%

「自分の都合のよい時間に働ける」ことを優先していることがわかります。

また、IT企業のアンケートでも、「フリーターから正社員への就職で不安なこと」を調査した結果、「自由度が低くなる」と回答した人は500人中125人とトップでした。

ですので、これらの結果からも分かる通り、フリーターから抜け出せない人は、自由な時間で働きたいという人が多いと考えられます。

フリーターのまま30代を迎えた友人の末路

ここまで、フリーターから抜け出せない理由について解説してきました。

フリーターから抜け出せない理由があるのは事実。
なんですが、早くにフリーターから抜け出さないとやばい末路が待っています。

いったいどんな末路なのか。
筆者の体験だけでなくフリーターのまま30代を迎えた友人の末路をご紹介します。

【末路1】スキルの欠如によるキャリアの限界

友人の一人は、フリーターとして30代を迎えた後、安定した職に就くことを切望していましたが、長年の非正規雇用が彼の履歴書に深い影を落としていました。経験不足と年齢の壁に直面し、彼は就職市場での厳しい現実に直面します。面接の度に断られ、次第に自信を失い始めます。

最悪の転機は、彼が住んでいた賃貸アパートが突然の建て替えで解体されるというニュースを聞いた時でした。限られた貯金と不安定な収入では新しい住居を確保することが困難で、彼は友人や親族に頼ることもできず、仕方なく路上生活を余儀なくされます。

この状況は、彼の精神状態にも影響を与え、彼は徐々に人とのつながりを避けるようになります。かつては活発で社交的だった彼は、孤独と絶望の中で自分の将来について深く悩むようになりました。友人たちは安定した生活を築きつつある中、彼は自分の置かれた状況に絶望し、将来への希望を見失ってしまうのでした。

【末路2】一生解消されない経済的な不安定さ

友人の大輔は30代になってもフリーターとしての生活を続けていました。彼の仕事は不定期で、収入も月ごとに大きく変動していました。30歳を過ぎても、将来のための貯蓄はほとんどなく、経済的な不安定さは日々深刻化していきました。そんなある日、急な病気に見舞われましたが、フリーターの職では十分な健康保険がなく、医療費の支払いに苦労しました。健康が回復しても、病気の影響で仕事の機会は減り、収入はさらに低下しました。

病気が原因で長期間の休職を余儀なくされた大輔は、生活費を賄うのが困難になりました。また、専門的なスキル不足と年齢の壁に直面し、安定した職への転職も難しい状況になりました。友人たちは家庭やキャリアに忙しく、大輔は徐々に孤立していきました。経済的な不安定さは精神的な負担にもなり、将来への見通しはますます暗くなっていきました。

このように、フリーターとして生活を続けることは、経済的な不安定さだけでなく、健康や社会的な関係にも大きな影響を及ぼすリスクがあります。現状から抜け出すためには、安定した職への転職やスキルアップを目指すことが重要です。安定した収入は、精神的な安心感と将来への希望をもたらします。

【末路3】社会的かつ心理的に追い込まれる日々

友人の杏子は、30代になってもフリーターとして働いていました。杏子の仕事は単発的で、安定した収入源がありませんでした。周りの友人は次々と正社員としてキャリアを築き、家庭を持ち始めていましたが、杏子はその波に乗り遅れ、孤立感を深めていきました。

日々の生活は経済的な不安に満ちており、将来への希望を見出すことが難しくなっていました。社会的なつながりが薄れるにつれ、杏子は精神的な孤独を強く感じ始めました。その孤独感は、自己評価の低下につながり、ますます社会からの孤立を深める悪循環に陥りました。

また、フリーターとしての不安定な生活は、杏子の心理的な健康にも影響を及ぼしました。不規則な生活や経済的なプレッシャーは、持続的なストレスとなり、深刻なうつ病を引き起こす原因となりました。周囲の人々との関係が希薄になる中、杏子は必要なサポートを得ることができず、自己解決を試みるものの、状況は改善されませんでした。

このような状況から脱却し、健康な心理状態を取り戻すためには、現状を変える決断が必要です。安定した職に就くこと、社会的なネットワークを築くこと、適切なメンタルケアを受けることが、フリーターの方々にとって重要です。安定した生活は、精神的な安定と社会的な充実感をもたらします。

フリーターの現状から今すぐ脱出する簡単な方法3選

正社員になりたい人は、すぐにでもなりたい24.8%と、いずれはなりたい31.8%で、56.6%の人がなりたいと思っている。

実は、正社員になりたいフリーターは非常に多い。

でもどうすれば、正社員になれるのかわからない、という人がとにかく多いんです。

でも安心してください。
ここでは、フリーターから正社員就職に特化した方法のみ厳選してご紹介します。

フリーターの現状から今すぐ脱出する簡単な方法3選をご紹介します。

【方法1】フリーター向けの就職エージェントを活用する

まず1つ目の方法は「フリーター向けの就職エージェントを活用する」

就職エージェントとは、求職者に専任のアドバイザーがつき、希望に沿った求人を紹介してくれるサポートサービスです。

似たようなサービスに「転職エージェント」がありますが、異なるので注意が必要です。

具体的に言うと、転職エージェントは、正社員が対象となります。
一方で、就職エージェントは、フリーターを対象にしたサービスで、「就活エージェント」とも呼ばれることがあります。

就職エージェントを利用するメリットは、就活のプロに相談でき、また、求人の交渉も代行してやってくれるので、とても便利です。

自分ひとつでは見つけられない優良企業に出会える可能性があり、かつ、効率よく探してもられるので、短期間で内定が得られる場合もあります。

なので、フリーターの現状から脱出する方法として、就職エージョントは非常に有効であると言えます。

ここでは、数ある就職エージェントの中でも最もおすすめのサービスをご紹介します。

それが1人あたり平均10時間の手厚いサポートを無料で提供する「第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoの他にないメリットはこちら。

第二新卒エージェントneoを利用するメリット

  • 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介!
  • 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行います。(スタッフは全員第二新卒)
  • 企業担当による面談対策と幅広い求人を紹介可能!内定後はもちろん、入社後もサポートします。

サポートはもちろん、内定獲得まですべて無料でサービスを受けられます。

気になる方、正社員就職を目指したい方は、まずはカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

【方法2】受講料無料のプログラミングスクールを受講する

次に2つ目の方法は「受講料無料のプログラミングスクールを受講する」

プログラミングスクールの受講も、正社員になるのにおすすめです。
なぜなら、フリーターから就職するのに、IT業界は比較的就職しやすいといえるから。

その最たる要因として、IT業界は人材が不足していることが挙げられます。

実際、経産省の試算では、IT人材の不足は2020年の37万人から、2030年には79万人に拡大すると見ており、今後需要がますます高まると予想されています。

とはいえ、全く知識のないフリーターが、IT業界に飛び込むのは無謀すぎます。

そこでおすすめするのが、受講料無料のプログラミングスクールです。

特に「ネットビジョンアカデミー」は、無料スクールの中でも最も充実していると言えます。

未経験での就職率が98%とかなり高く、他社では20万円近くかかる費用も一切かからないのが魅力です。

IT業界は即戦力が求められる場合が多いので、上記のようなスクールでスキルを身につければ、就職できる可能性が高まります。

なので、受講料無料のプログラミングスクールを受講することも、正社員になる有効な方法と言えるでしょう。

【方法3】20代でも実力主義で活躍できるITエンジニアを目指す

そして3つ目の方法が「20代でも実力主義で活躍できるITエンジニアを目指す」

フリーターに、IT業界をおすすめ理由は人材不足であるからと先ほど述べた通り。
ですが、IT業界の中でもITエンジニアを目指すほうが、よりメリットが多いと言えるでしょう。

その理由は、ITエンジニアは、未経験からでも転職がしやすいからです。

実際、あるエンジニア派遣事業の「未経験のエンジニア転職」のデータによると、異業種から未経験でエンジニアに転職した人を年代別にみると、

異業種から未経験でエンジニアに転職した人の年代別割合

  • 20代:62%
  • 30代:26%
  • 40代:12%

上記結果の通り、20代であれば、未経験でも就職しやすいことがわかります。

また、エンジニアは、特別な資格は必要なく、学歴なども関係なしに活躍できるので、スキルを磨ければ、キャリアアップも目指しやすい職種です。

以上のような点から、20代でITエンジニアを目指すことも、フリーターから正社員になる方法のひとつだと言えます。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

向いてる仕事が見つからないフリーターに最適なサービス

向いてる仕事が見つからないフリーターに最適なサービスがあります。

それが、キャリアのプロに相談するのが良いです。

「キャリアのプロ」とは、個人のキャリアデザインをサポートし、自律的な成長の手助けをするキャリアコーチングを指します。

キャリアに関する専門知識を持っているので、キャリアアップに必要な具体的方法を教えてもらうことができます。

なかでも、おすすめのサービスは累計相談者数が24,000名を突破した「ポジウィルキャリアです。

ポジウィルキャリアは、キャリアに特化したパーソナル・トレーニング。
初めて転職をする人や、年収を上げたい人、若くして理想のキャリアを築きたい人を中心に、キャリアサポートで実績を上げています。

一人ひとり個人に向き合った、キャリア形成の計画やアドバイスを立ててくれるので、効率よくキャリアを積みたいという人に最適なサービスだと言えるでしょう。

なので、実際に転職を決意した人は、まずはキャリアのプロに相談するのがおすすめです。

\20~30代のキャリア相談No.1/
『ポジウィルキャリア』まずは無料カウンセリングを予約する
【公式サイト:https://posiwill.jp

【Q&A】フリーターを抜け出したい人が感じるよくある疑問

最後にフリーターを抜け出したい人が感じるよくある疑問をまとめます。

【質問1】フリーターは何歳まで許される?

現状に悩む人

「フリーターは何歳まで許される?」

厚労省によると、フリーターの定義は「15~34歳の若年者のうち、勤め先における呼称がアルバイト又はパートである者」となります。

なので、世間的には34歳くらいまでがフリーターとして許される範囲ではないかと考えられます。

フリーターが何歳まで許されるかどうかとは別に、実際問題として考えた場合、高齢化すればするほど、就職は難しくなると考えておいたほうが良いでしょう。

たとえば、労働政策研究・研修機構の「労働政策研究報告書(2022)」によると、フリーター期間別で正社員になれた者の割合は、

  • 1年以内:68.8%
  • 2年~3年:56.6%
  • 5年以上:32.3%

上図結果の通り、フリーター期間が長くなるほど、正社員への就職が困難になる傾向にあります。

なので、フリーターから抜け出したいと考えている人は、少しでも早く行動に移した方があとあとになって後悔しないと思います。

【質問2】フリーターの空白期間はどうなりますか?

現状に悩む人

「フリーターの空白期間はどうなりますか?」

フリーターの空白期間は、就職する場合、雇用主にとって良い印象を与える伝え方をするのが得策だと言えます。

たとえば、フリーターの間に、アルバイトをしていた場合、履歴書にアルバイトの職歴を書くのは、仕事をしていたことの証明になるので、書いた方が効果的です。

また、ひきこもりやニートをしていた場合は、「一身上の都合により」と記載することも良いようですね。

いずれにしても、「なにもしていなかった」等、マイナスな印象を与えることを記載するのは、雇用主に良い印象を持たれないので、避けたほうが無難です。

【質問3】フリーターのままでいる問題点は何ですか?

現状に悩む人

「フリーターのままでいる問題点は何ですか?」

年齢を重ねるごとに、スキルがないと就職が難しくなります。

実際、厚労省・東京労働局のデータで、関東労働市場圏の有効求人倍率(2023年6月)を年齢別に見てみると、

関東労働市場圏の有効求人倍率(2023年6月)

  • 34歳以下:1.54
  • 35~44歳:1.27
  • 45~54歳:0.88
  • 55歳以上:0.74

有効求人倍率は、1以下だと採用したい企業が求職者よりも少ない状況を指すため、40歳を越えたあたりから、仕事が見つかりにくい状況になると予想されます。

加えて、ミドル世代の求人は、求められるスキルも若年層とは異なってくるので、さらに採用されるのが狭き門になります。

たとえば、エン・ジャパンが行った「ミドル人材の求人動向」のアンケート調査で、求人コンサルタントにミドル求人募集が増えていると感じる「ポジション」を尋ねると、

ミドル求人募集が増えていると感じる「ポジション」

  • 課長クラス:64%
  • 部長・次長クラス:53%
  • 主任・係長クラス:48%

上記結果の通り、スキルを既に持っている即戦力のある人材が求められていることがわかります。

こうした状況を踏まえると、フリーターが年齢を重ねると、就職することが次第に難しくなり、ますます現状から抜け出せない状況になると考えられます。

なので、フリーターのままでいるにしても、ある程度のスキルを磨くことは必須と言えるでしょう。

まとめ:フリーターから抜け出せない理由と現状から脱出する方法

フリーターから抜け出せない理由と現状から脱出する方法をまとめてきました。

改めて、フリーターから抜け出せない理由をまとめると、

フリーターから抜け出せない理由

  1. やりたいことが見つからないから
  2. やりたいことがあるのにできないから
  3. 自由な時間が奪われるから

フリーターから抜け出せない理由があるのは事実。
ですが、抜け出さないまま30代を迎えれば、やばい末路が待っています。

今行動して、現状から抜け出すか?
それとも、楽なフリーターのまま、リスクを取るか?

最終的には、あなたの行動次第で、将来の可能性を潰すことになります。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

需要のあるスキルを磨いて正社員就職を目指したい方は、プログラミングスクールの「ネットビジョンアカデミー」を利用するのが最もおすすめです。