【どうすれば?】22歳でフリーターはやばい?5つの理由と手遅れになる前に正社員になる方法
現状に悩む人

「22歳でフリーターはやばい?早く正社員になったほうがいいのかな・・?」

この疑問・悩みに答えます。

本記事では、「22歳でフリーターである状況に危機感を抱いている方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事でわかること

  • 22歳でフリーターはやばい理由とは
  • 22歳フリーターで経験した友人のやばい末路
  • やばい22歳フリーターから手遅れになる前に正社員になる方法

なぜ、22歳でフリーターはやばいのか?

現状に危機感を抱いている方は、このまま読み進めてください。

22歳でフリーターはやばい理由と手遅れになる前に正社員になる方法を詳しく解説していきます。

結論から先にお伝えすると・・・

結論、22歳でフリーターのままはやばい。
経済的にも社会的にも、何より将来的にやばい状況が待っています。

フリーターのまま抜け出せず、30代を迎えれば、不利な状況に追い込まれる一方です。

今行動して、現状から抜け出すか?
それとも、楽なフリーターのまま、将来訪れるリスクを負うか?

すべては、あなたの行動次第です。
といっても、現状をどうにか変えたくても、なかなか勇気も出せませんよね。

でも幸いにも、フリーターから正社員就職を目指せる無料のサービスは数多く存在します。

無料登録して、カウンセラーと話すだけでも今後の方向性は見えてきます。

最初の一歩を踏み出すだけで、後はトントンと簡単に進みますよ。

もし、正社員就職を目指したいなら、1人あたり平均10時間の手厚いサポートを無料で提供する「第二新卒エージェントneo」の利用がおすすめです。

需要のあるスキルを磨いて正社員就職を目指したい方は、プログラミングスクールの「ネットビジョンアカデミー」を利用するのが最もおすすめです。

22歳でフリーターはやばい5つの理由

22歳でフリーターはやばいのかどうか。

先に結論をいうと、非常にマズいです。
現在フリーターで危機感を抱いている方は、早々に解決策に動くことをおすすめします。

ではなぜ、22歳フリーターはやばいのか?
具体的な22歳でフリーターはやばい5つの理由を解説していきます。

【理由1】スキルを磨く機会が失われるから

まず1つ目の理由が「スキルを磨く機会が失われるから」

年齢を重ねるごとに、スキルがないと就職は難しくなります。

実際、厚労省のデータで、関東労働市場圏の有効求人倍率(2023年6月)を年齢別に見てみると、

【年齢別】有効求人倍率(関東労働市場圏)

  • 34歳以下:1.54
  • 35~44歳:1.27
  • 45~54歳:0.88
  • 55歳以上:0.74

有効求人倍率は、1以下だと採用したい企業が求職者よりも少ない状況を指すため、40歳を越えたあたりから、仕事が見つかりにくい状況になると予想されます。

当然のことながら、スキルを磨くには時間が必要になります。
なので、22歳だから大丈夫だと思っていても、スキル磨く時間を考慮に入れないと、やりたい仕事に就けなくなります。

以上の点から、22歳でフリーターはやばい理由のひとつに、スキルを磨く機会が失われることが挙げられます。

【理由2】生涯年収が少なくなるから

次に2つ目の理由が「生涯年収が少なくなるから」

主な要因としては、フリーターは勤続年数によって評価される正社員と異なり、昇給がないことが大きいと言えます。

実際、国税庁の「民間給与実態統計調査(令和4年分)」を見ると、正社員の平均給与は年間523万円に対し、非正規雇用者の平均給与は201万円と、300万円以上もの大きな差があります。

さらに、厚労省の「賃金構造基本統計調査」で、雇用形態別の生涯年収の格差を見てみると、

【雇用形態別】生涯年収の格差 20~24歳 30~34歳 40~44歳 50~54歳
正社員の場合 221万円 288.4万円 347.5万円 387.5万円
正社員以外の場合 196.2万円 215.5万円 217.6万円 211.9万円
差異 24.8万円 72.9万円 129.9万円 175.6万円

(出典:厚労省「令和4年賃金構造基本統計調査の概況」

結果を見ても明らかで、年を重ねるごとに、年収の格差が広がっていることがわかります。

20~24歳の若年層であっても、すでに約25万円もの差がありますね。

以上を踏まえると、生涯年収が少なくなるのも、22歳でフリーターはやばい理由に入ると言えます。

※ 今すぐやばい22歳フリーターから手遅れになる前に正社員になる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。読み飛ばしできます。

【理由3】年を取るとキャリアが必要になるから

3つ目の理由が「年を取るとキャリアが必要になるから」

ある程度年齢を重ねてから転職を考えても、キャリアがないと就職できない可能性が高くなります。

実際、エン・ジャパンが行った「ミドル人材の求人動向」のアンケート調査で、求人コンサルタントにミドル求人募集が増えていると感じる「ポジション」を尋ねると、

ミドル求人募集が増えていると感じる「ポジション」

  • 課長クラス:64%
  • 部長・次長クラス:53%
  • 主任・係長クラス:48%

上記のように、スキルを既に持っている即戦力のある人材が求められていることがわかります。

なので、フリーターが年齢を重ねても、即戦力がないと就職することが難しくなり、ますます現状から抜け出せない状況になると考えられます。

以上のように、年を取るとキャリアが必要になる点が、22歳でフリーターはやばい理由のひとつに挙げられます。

【理由4】能力開発訓練の機会が少ないから

4つ目の理由が「能力開発訓練の機会が少ないから」

フリーターは、能力開発訓練の機会が少ないので、正社員よりも不利になります。

実際、正社員とパート・アルバイトとでは、能力開発訓練の実施状況が大きく異なります。

具体的には、労働政策研究・研修機構の「若年者の就業状況・キャリア・ 職業能力開発の現状」で、15~34歳の就業状況別能力開発実施状況を見てみると、

15~34歳の就業状況別能力開発実施状況

  • 正社員:46.6%
  • 契約社員・嘱託:32.3%
  • パート・アルバイト:16.2%

上記の通り、パート・アルバイトは正社員の半分以下の水準となります。

従って、フリーターは正社員よりも圧倒的に能力開発を訓練する機会が失われるので、年齢を重ねるごとに、その差は大きくなると予想されます。

なので、能力開発訓練の機会が少ないというのも、フリーターの22歳はやばい理由のひとつとなります。

【理由5】老後の年金保障が少なくなるから

5つ目の理由が「老後の年金保障が少なくなるから」

フリーターのままだと、老後に生活が苦しくなります。
一番わかりやすい例としては、正社員と比べて「退職金制度」や「財形制度」などが適用されにくくなります。

財形制度とは、事業主が勤労者に代わり給料から天引きした金額分の貯蓄を行う制度。
財形制度により貯蓄されたお金は財産になり、年金などの形で受け取りができたりするので、老後の生活に役立てたりすることが可能です。

実際、厚労省の「就業の実態」において、就業形態別の、現在の会社における各種制度適用状況の割合を見ると、

【就業形態別】各種制度適用状況の割合 厚生年金 退職金制度 財形制度
正社員の場合 96.1% 77.7% 43.4%
パートタイム労働者の場合 43.1% 8.0% 5.8%

(出典:厚労省「就業形態の多様化調査」

上記結果の通り、正社員と比べても適用制度が圧倒的に少ないことがわかります。

なので、年をとって生活の補償が必要となった時に、十分な手当てがもらえなくなる可能性が高いと言えます。

以上を踏まえると、老後の年金保障が少なくなる点も、22歳でフリーターのままはやばい理由になります。

※ 今すぐやばい22歳フリーターから手遅れになる前に正社員になる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。読み飛ばしできます。

22歳フリーターで経験した友人のやばい末路

22歳でフリーターはやばい理由を解説してきました。

やばい理由があるのは紛れもない事実です。
事実ですが、「22歳だからまだ大丈夫」と先送りしてしまう人も少なくありません。

ですが、早く行動しないとリスクは高まるばかり。
後回しにすればするほど、本来抱えなくて済んだデメリットも増える一方です。

では、どんなリスクが潜んでいるのか。
ここからは、22歳フリーターで経験した友人のやばい末路を3つご紹介します。

【体験談1】不安定な収入は将来のライフイベントにも影響

22歳でフリーターの友人(健太)は、安定しない収入により多くのライフイベントに影響を受けました。健太は若い頃、自由な生活を楽しみ、フリーターとしての日々に満足していました。しかし、30歳を過ぎた頃から、同年代の友人たちが正社員としてキャリアを築き、家族を持ち始める中、健太は自分の未来に不安を感じ始めました。安定しない収入のため、住宅ローンを組むことができず、結婚や家族計画にも踏み出せませんでした。さらに、医療費や老後の資金についても心配が尽きなかったのです。

周囲の友人たちは安定した生活を送り、子供の教育や趣味への投資もできていましたが、健太にはそれらが手の届かない夢のようでした。特に、友人が家族と幸せな時間を過ごす姿を見る度に、彼は自身の選択に疑問を感じるようになりました。

年を重ねるごとに、健太は「もし若い頃に正社員として働いていたら」という後悔の念に苛まれるようになりました。安定した収入とキャリアの積み重ねがあれば、違った人生を歩むことができたと悟ったのです。

【体験談2】社会的な評価は今気にしなくても自尊心を蝕む

友人の一人(直樹)は22歳でフリーターとして働き始めました。初めは自由な生活と気軽な仕事に満足していましたが、年齢を重ねるにつれて、周囲の友人たちが正社員としてキャリアを築き始めるのを見て、自分の選択に疑問を持ち始めました。直樹は社会的な評価が低いと感じるようになり、これが彼の自尊心に影響を与えました。友人たちが安定した収入と社会的な地位を得ている間、彼は依然として不安定な生活を送っていました。

直樹は、家族や親戚の集まりで自分の職業について話すのが恥ずかしく感じるようになり、人との交流を避けるようになりました。自分の仕事に誇りを持てず、自己評価が低下し、精神的にも不安定になっていきました。歳を重ねるごとに、直樹は「もし若い頃に正社員として働いていたら」という後悔の念に苛まれるようになりました。安定したキャリアがあれば、自己評価が高まり、社会的な地位も確立されたはずだと悟ったのです。

※ 今すぐやばい22歳フリーターから手遅れになる前に正社員になる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。読み飛ばしできます。

【体験談3】安定しない雇用に精神的ストレスで追い込まれた

友人の陽介は22歳でフリーターとしての生活を始めました。最初は気軽な仕事と自由な時間を楽しんでいましたが、時間が経つにつれて、仕事の不安定さによる精神的なストレスが増加していきました。陽介は、常に次の仕事を探す必要があり、収入が不安定であるため、将来に対する不安が日々強まっていきました。

30歳を過ぎた頃、陽介の友人たちは正社員としてキャリアを築き、安定した生活を送っていました。一方で陽介は、未だに不安定な仕事を続けており、友人たちとの格差を痛感するようになりました。この状況は陽介の自己評価を下げ、社会的な孤立感を深め、次第に精神的な健康にも影響を及ぼしました。

やがて、陽介は自分の生活を振り返り、「もし若い頃に正社員として働いていたら」という後悔の念に苛まれるようになりました。安定した収入とキャリアの積み重ねがあれば、精神的な安定や社会的な充実を得ることができたはずだと悟ったのです。

この体験談は、22歳でフリーターである状況に危機感を抱いている方々に向けて、正社員としての道を選ぶことの重要性を示しています。安定した雇用は、精神的な健康と生活の質を大きく向上させるため、早い段階でキャリアプランを立てることが重要です。

やばい22歳フリーターから手遅れになる前に正社員になる方法

実は、フリーターから正社員になりたい人は、すぐにでもなりたい24.8%と、いずれはなりたい31.8%で、56.6%にのぼります。

数字からも分かる通り実は、正社員になりたいフリーターは非常に多い。

ではどうすれば、フリーターから正社員に就職できるのか?
肝心なやばい22歳フリーターから手遅れになる前に正社員になる方法をご紹介します!

【方法1】無料のプログラミングスクールを受講する

プログラミングスクールの受講も、正社員になるのにおすすめです。
なぜなら、フリーターから就職するのに、IT業界は比較的就職しやすいといえるから。

その最たる要因として、IT業界は人材が不足していることが挙げられます。

実際、経産省の試算では、IT人材の不足は2020年の37万人から、2030年には79万人に拡大すると見ており、今後需要がますます高まると予想されています。

とはいえ、全く知識のないフリーターが、IT業界に飛び込むのは無謀すぎます。

そこでおすすめするのが、受講料無料のプログラミングスクールです。

特に「ネットビジョンアカデミー」は、無料スクールの中でも最も充実していると言えます。

未経験での就職率が98%とかなり高く、他社では20万円近くかかる費用も一切かからないのが魅力です。

IT業界は即戦力が求められる場合が多いので、上記のようなスクールでスキルを身につければ、就職できる可能性が高まります。

なので、受講料無料のプログラミングスクールを受講することも、正社員になる有効な方法といえます。

まずは、無料のカウンセリングから受けてみることをおすすめします。

プログラミングスクールの受講が最適といっても、向き不向きはあります。
受講を決めた後に「やっぱりプログラミングは向いてない。。。」なんてことになったら後の祭り

適正を見極めるためにも、カウンセリングを受けることから始めてみてください。

【方法2】フリーター向けの就職エージェントを活用する

就職エージェントとは、求職者に専任のアドバイザーがつき、希望に沿った求人を紹介してくれるサポートサービスです。

似たようなサービスに「転職エージェント」がありますが、異なるので注意が必要です。

具体的に言うと、転職エージェントは、正社員が対象となります。
一方で、就職エージェントは、フリーターを対象にしたサービスで、「就活エージェント」とも呼ばれることがあります。

就職エージェントを利用するメリットは、就活のプロに相談でき、また、求人の交渉も代行してやってくれるので、とても便利です。

自分ひとつでは見つけられない優良企業に出会える可能性があり、かつ、効率よく探してもられるので、短期間で内定が得られる場合もあります。

なので、フリーターの現状から脱出する方法として、就職エージョントは非常に有効であると言えます。

ここでは、数ある就職エージェントの中でも最もおすすめのサービスをご紹介します。

それが1人あたり平均10時間の手厚いサポートを無料で提供する「第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoの他にないメリットはこちら。

第二新卒エージェントneoを利用するメリット

  • 豊富な経験を持つのキャリアアドバイザーがあなたの将来像や希望、適正を踏まえて求人をご紹介!
  • 履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行います。(スタッフは全員第二新卒)
  • 企業担当による面談対策と幅広い求人を紹介可能!内定後はもちろん、入社後もサポートします。

サポートはもちろん、内定獲得まですべて無料でサービスを受けられます。

気になる方、正社員就職を目指したい方は、まずはカウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

【方法3】20代でも実力主義で活躍できるITエンジニアを目指す

フリーターに、IT業界をおすすめ理由は人材不足であるからと先ほど述べた通り。
ですが、IT業界の中でもITエンジニアを目指すほうが、よりメリットが多いと言えるでしょう。

その理由は、ITエンジニアは、未経験からでも転職がしやすいからです。

実際、あるエンジニア派遣事業の「未経験のエンジニア転職」のデータによると、異業種から未経験でエンジニアに転職した人を年代別にみると、

異業種から未経験でエンジニアに転職した人の年代別割合

  • 20代:62%
  • 30代:26%
  • 40代:12%

上記結果の通り、20代であれば、未経験でも就職しやすいことがわかります。

また、エンジニアは、特別な資格は必要なく、学歴なども関係なしに活躍できるので、スキルを磨ければ、キャリアアップも目指しやすい職種です。

以上のような点から、20代でITエンジニアを目指すことも、フリーターから正社員になる方法のひとつだと言えます。

ITエンジニアを目指すためにも、プログラミングスクールの受講が最適解です。

ここでは、おすすめのスクールを3つ厳選しご紹介します。
気になる方、ITエンジニアを目指したい方は、まずは無料のカウンセリングから始めてみてください。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

向いてる仕事が見つからない22歳フリーターに最適なサービス

向いてる仕事が見つからない22歳フリーターに最適なサービスがあります。

それが、キャリアのプロに相談するのが良いです。

「キャリアのプロ」とは、個人のキャリアデザインをサポートし、自律的な成長の手助けをするキャリアコーチングを指します。

キャリアに関する専門知識を持っているので、キャリアアップに必要な具体的方法を教えてもらうことができます。

なかでも、おすすめのサービスは累計相談者数が24,000名を突破した「ポジウィルキャリアです。

ポジウィルキャリアは、キャリアに特化したパーソナル・トレーニング。
初めて転職をする人や、年収を上げたい人、若くして理想のキャリアを築きたい人を中心に、キャリアサポートで実績を上げています。

一人ひとり個人に向き合った、キャリア形成の計画やアドバイスを立ててくれるので、効率よくキャリアを積みたいという人に最適なサービスだと言えるでしょう。

なので、実際に転職を決意した人は、まずはキャリアのプロに相談するのがおすすめです。

\20~30代のキャリア相談No.1/
『ポジウィルキャリア』まずは無料カウンセリングを予約する
【公式サイト:https://posiwill.jp

【Q&A】やばいと言われる22歳フリーターに関するよくある質問

最後にやばいと言われる22歳フリーターに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】女で22歳フリーターもやばい?

迷える女性エンジニア3

「女で22歳フリーターもやばい?」

結論、女性の方が22歳フリーターはやばいと言えます。

なぜなら、平均給与額が男性に比べて、はるかに少ないからです。

実際、国税局の「民間給与実態統計調査」において、2022年の平均年収を男女別で見てみると、

平均年収比較【男女別×雇用形態別】 正社員 正社員以外 差異(雇用形態別)
男性 583.8万円 270.4万円 313.4万円、53.7%減
女性 406.9万円 166.3万円 240.6万円、59.1%減
差異(男女別) 176.9万円 104.1万円

いずれも男性に比べて、女性の方が収入は少ないです。
さらに、女性の雇用形態別でみても、正社員以外と正社員との差は6割近くになってしまいます。

従って、女性の方がフリーターとして生活していくのが難しく、厳しいものとなると考えられます。

年齢を重ねても、フリーターとしての求人はあると思いますが、正社員への転職を考えているのなら、断然早いほうが有利だと言えます。

【質問2】22歳ニートが大学進学は無謀?

現状に悩む人

「22歳ニートが大学進学は無謀?」

結論、無謀ではありません。
むしろ、大学を卒業することで、就職の幅が広がると言えます。

実際、厚労省の「賃金構造基本統計調査」 で、学歴別の年間賃金を見てみると、

学歴別の年間賃金(男女計)

  • 高卒:273.8万円
  • 専門卒:294.2万円
  • 大学卒:362.8万円

高卒と大学卒とでは、年間90万円近くも差が出てきます。

22歳で大学に入っても、26歳で卒業できるので、年齢的にも新卒の正社員として就職することは可能です。

なので、大学進学に興味をお持ちなら、ぜひ挑戦してみることをおすすめいたします。

【質問3】22歳フリーターからどうすれば抜け出せる?

現状に悩む人

「22歳フリーターからどうすれば抜け出せる?」

就職エージェントに登録し、求人を紹介してもらうのが最適解です。

また、すぐに就職するのが不安であれば、スキルや技術を身につけてから、就職するのもおすすめです。

スキルや技術を身につければ、転職が容易になり、また、努力次第でキャリアアップへの道も開けます。

未経験からでも無理なく学習できる能力開発訓練やスクールはたくさんあるので、自分に興味のあるものを見つけて、受講してみるのもひとつの手です。

いずれにせよ、フリーターのままでは、先行きはおぼつかなくなるので、若いうちに何かしらのアクションを起こした方が、あとで後悔することはないでしょう。

まとめ:22歳でフリーターはやばい理由と今すぐ正社員になる方法

22歳でフリーターはやばい理由と今すぐ正社員になる方法をまとめてきました。

改めて、22歳でフリーターはやばい理由をまとめると、

22歳でフリーターはやばい理由

  1. スキルを磨く機会が失われるから
  2. 生涯年収が少なくなるから
  3. 年を取るとキャリアが必要になるから
  4. 能力開発訓練の機会が少ないから
  5. 老後の年金保障が少なくなるから

フリーター・ニートから正社員を目指すなら「IT業界」を目指すのがおすすめです。

なぜなら、フリーターから就職するのに、IT業界は比較的就職しやすいといえるから。

その最たる要因として、IT業界は人材が不足していることが挙げられます。
ただとはいえ、全く知識のないフリーターが、IT業界に飛び込むのは無謀すぎます。

そこでおすすめするのが、受講料無料のプログラミングスクールです。

特に「ネットビジョンアカデミー」は、無料スクールの中でも最も充実していると言えます。

未経験での就職率が98%とかなり高く、他社では20万円近くかかる費用も一切かからないのが魅力です。

IT業界は即戦力が求められる場合が多いので、上記のようなスクールでスキルを身につければ、就職できる可能性が高まります。

なので、受講料無料のプログラミングスクールを受講することも、正社員になる有効な方法といえます。

まずは、無料のカウンセリングから受けてみることをおすすめします。

プログラミングスクールの受講が最適といっても、向き不向きはあります。
受講を決めた後に「やっぱりプログラミングは向いてない。。。」なんてことになったら後の祭り

適正を見極めるためにも、カウンセリングを受けることから始めてみてください。

手厚いサポートを受けながら正社員就職を目指したい方は「第二新卒エージェントneo」の利用が最もおすすめです。