さくらインターネットの将来性は?統合報告書2023の取り組みから今後の成長を考察
迷えるエンジニア2

「さくらインターネットの将来性は良い?それとも悪い?就職を考えてるから、詳細を教えてほしい!」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「さくらインターネットの将来性が気になる就活生・転職希望者」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • さくらインターネットの将来性を取り組みから考察
  • 将来性からさくらインターネット就職に向いてる人の特徴
  • 将来性ありのさくらインターネットから内定を勝ち取る方法

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

結論、さくらインターネットの将来性は明るい。ISMAPに登録されたのは何よりの証拠であり、クラウド事業も右肩上がりで上昇しています。

当然、将来性のある会社は、就活生にも人気の会社として映ります。

つまり、さくらインターネットに就職したい就活生は、入念な就活対策が必須だということ。

ではどうすれば、さくらインターネットから内定を勝ち取れるようになるのか?入念な就活対策といっても、何をすればいいのか?悩む就活生は少なくありません。

将来性ありのさくらインターネットから内定を勝ち取る方法は「IT業界に強い就活エージェント」をフル活用することです。

なぜなら、IT企業への内定実績が豊富だから。実際、何も就活対策なく、企業に応募しても簡単に落とされるのがオチです。

ですが、さくらインターネットなどの大手IT企業に新卒で就職したい就活生は、その業界を専門とする就活サービスを活用することで内定率アップに繋がります。

では、どの就活エージェントを利用すればいいのか?
特におすすめは、ES添削・面接対策から内定獲得まで一貫した就活サポートを受けられる「レバテックルーキー」の利用がおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。レバテックルーキーは、5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活支援サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。

ファーストキャリアをさくらインターネットなど大手IT企業と決めている就活生の方は、ぜひご活用ください。

さくらインターネットとはどんな会社?

さくらインターネットの将来性について考察する前に、さくらインターネットとはどんな会社か?特徴をご紹介します。

さくらインターネットは、1996年に設立され、日本のインターネットサービスプロバイダーとして、サーバホスティングやクラウドサービスを提供しています。大阪市を本拠地とし、全国にデータセンターを持ち、特に高い信頼性と安全性を誇るインフラが強みです。

企業の特徴として、独自のデータセンター運営に加え、地域社会との連携やIoT、AI技術の研究開発に力を入れています。例えば、地方創生を目指したプロジェクトや、宇宙×ITの分野での新しい価値創造に積極的です。また、IT教育支援を通じて、次世代のIT人材育成にも貢献しています。その他、データセンターの提供、クラウドサービス、IoT、人工知能(AI)、そして宇宙開発関連のITサービスなど、多岐にわたる分野で革新的なソリューションを提供しています。

さくらインターネットは「未来のインターネットのあり方」を追求し続け、幅広いITソリューションを提供することで、顧客の多様なニーズに応えています。独自技術とイノベーションを駆使し、持続可能な社会の実現を目指す姿勢が評価されています。

さくらインターネットの将来性を4つの取り組みから考察

会社に就職や転職を決断する前に、気になるのが「志望企業の将来性」

将来性のない会社に、誰も就職などしたくないですよね。
さくらインターネットも同様に、将来性はあるのか?それともないのか?

本章では、さくらインターネットが公開した「統合報告書(さくらのレポート2023)」を基にさくらインターネットの将来性を4つの取り組みから考察していきます。

【取組1】ES編

まず1つ目の取り組みとして掲げられるのが「ES編」

ES(Employee Success) の取り組みは、まず人材の価値を高めること。

そのために、社員がやりがいを感じ、個々の成功プランを描けるような制度や仕組みが整えられています。

具体的には、

  • DX人材を育成する社内研修「DX Journey」でキャリア形成を推進
  • 心と体の健康を優先させた「ウェルビーイング経営」の維持
  • 性別、地域、国籍に捉われない人材価値の創出
  • 事業創造や新規事業の創出を活発に行える企業環境づくり
  • リモートワーク前提の柔軟な職場環境の整備

上記「5つの柱」がESの主要な取り組みとなります。

実際、上記の取り組みにより、目に見える成果としては、

データで見るさくら 実績(成果) 業界平均
月間残業時間 8時間57分 15.7時間
有給消化率 79.4% 58.3%
育休取得率(男性) 63.6% (全国平均)14.0%
フレックスの利用率 62.2%
中途採用比率 86.6%(2022年度)
リモートワーク実施率 89.9%

上記の通り、好成績のデータを残しています。

学生ベンチャーとしてはじまった企業のため、年功序列といった組織体制は採用せず、幅広い年齢層が偏りなく活躍できる環境が整えられています。

以上のような取り組みを通じて、働きがいや働きやすさの点で、さくらインターネットの事業に将来性があると言えます。

【取組2】CS編

次に2つ目の取り組みとして掲げられるのが「CS編」

CS(Customer Success)として、さくらインターネットは、顧客に対して、LTV(Life Time Value/顧客生涯価値)の精神を徹底しています。

つまり、ビジネスの規模や個人・法人に関わらず、運用からサポートまで長期的なアプローチを行うことで、顧客に評価されることを目指しています。

具体的なサービスは、

  • さくらのクラウド:ネット上でインフラ構成が実現できるサービス
  • さくらのVPS:仮想サーバーサービス
  • さくらのレンタルサーバ:創業時からのメイン業務であるホスティングサービス

その他の取り組みとしては、社員がカリキュラムを組み、顧客のもとに講師として伺う勉強会があります。

勉強会により、ITインフラをエンジニアに普及するだけでなく、イベント交流を通じて、ともに成長できる場が生まれていると言えます。

また、カスタマーサポートにも力を入れています。

たとえば、顧客自身で解決できるような仕組みを作るとともに、「顔の見える」サポートとして、充実した対話型サポートを実施しています。

さらに、顧客満足度調査やアンケート調査も定期的に行うことで、サービス向上のフィードバックに役立てているようですね。

こうした顧客と共に成長できる仕組みが、さくらインターネットの強みであり、将来性のある証拠だと言えるでしょう。

【取組3】クラウド編

3つ目の取り組みとして掲げられるのが「クラウド編」

さくらインターネットのクラウドサービスは、ISMAP(政府のセキュリティ評価制度)にも登録されています。

ISMAPに登録されることで、国や地方自治体が利用できるクラウドサービスとなり、結果的に、一般企業でも選ばれやすいセキュリティ水準となっています。

たとえば、ISMAPに登録された「さくらのクラウド」の信頼を支える3つの柱として、

  • 自社開発によるサービス基盤の安定
  • 公式フィードバック用Webサイトで顧客の意見をダイレクトに反映
  • サービスやシステム運用の向上に特化したエンジニア室(SRE)の設置

上記のような多面的な取り組みによって、信頼性を高めています。

実際、さくらのクラウド事業の業績(24/3期)を見ると、クラウドインフラストラクチャーサービスにおいて、前年同期比が10.4%増と好調です。

また、安全性への取り組みも、

  • Abuse対策:迷惑行為・不正なサイトなどを報告できる窓口の設置
  • 情報システム統括:セキュリティ認証取得や社員の安全面をサポートする管理体制

上記のような取り組みから、セキュリティ面の信頼性を高めていると言えます。

クラウドサービスは、今後市場ニーズが非常に高まると予想されるため、さくらインターネットのサービスも、将来性のある事業のひとつだと言えるでしょう。

【取組4】DX編

そして4つ目の取り組みとして掲げられるのが「DX編」

企業のDX化は、今や都市部から地方まで、広く普及している活動のひとつ。

さくらインターネットでは、そんな活動を運営面と資金面からバックアップしています。

具体的には、

  • スタートアップ支援
  • 大阪本社、東京支社以外の社員を増やす地方創生

上記のような取り組みを行っており、また、未来のIT人材を輩出するために、教育分野にも力を入れており、ワークショップや学習支援活動を行っています。

さらに、IoT特化事業部を作り、DXへの貢献として、

  • さくらのセキュアモバイルコネクト
  • さくらのモノプラットフォーム

これら開発をオープンにすることで、社会貢献から知見のフィードバックを行い、企業や個人がIoTを身近に感じられる環境を整えています。

以上のような取り組みは、日本全体のDX化に寄与しており、さくらインターネットの取り組みが次世代の社会を繋ぐ重要な役割を果てしていると言えるでしょう。

将来性からさくらインターネット就職に向いてる人の特徴

ここまで、さくらインターネットの将来性を4つの取り組みから考察してきました。

では、どういった人にさくらインターネットは向いている会社なのか?

具体的な将来性からさくらインターネット就職に向いてる人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】リモートワークでも頑張れる人

まず1つ目の特徴として「リモートワークでも頑張れる人」

さくらインターネットは、 ESの観点からリモートワークが前提の働き方になります。

従って、リモートワークによって、仕事の効率が下がってしまう人は、さくらインターネットでの業務に向いていないかもしれません。

実際、ある企業のアンケート調査によると、リモートワークを実施している人に業務効率がどう変化したか尋ねたところ、

リモートワークによる業務効率の変化

  • 効率が下がった:24.3%
  • 効率が上がった:18.9%
  • 変わらない:56.8%

上記結果の通り、下がった人の方が、上がった人よりも多いことがわかります。

主な理由は、公私のメリハリがつきにくい、とのことなので、リモートワークという柔軟な労働環境の中でも、実力を発揮させなければいけません。

ですので、リモートワークでも頑張れる人が、さくらインターネットでの就職に向いている人の特徴と言えます。

【特徴2】幅広いスキルを身につけたい人

次に2つ目の特徴として「幅広いスキルを身につけたい人」

さくらインターネットの業務は、エンジニアの中でもインフラを整備するシステム開発が主力となります。

インフラエンジニアは、ハードウェアがメインなので、ネットワーク機器やサーバー機器に触れる機会が多いです。

従って、扱う機器の数も多く、幅広いスキルを身につけることができます。

実際、ネットワークシステムを開発する企業の実態調査で、インフラエンジニアとして働くモチベーションを尋ねたところ、

インフラエンジニアとして働くモチベ―ション

  • 広範な知識、スキルが身につく:51.0%
  • 景気に関わらず、長く継続できる:33.3%
  • 収入が安定している:33.3%

広い知識やスキルが身につくと回答した人が最も多かったです。

ですので、新しい知識やスキルを身につけるのに貪欲な人や、苦にならない人が向いている可能性が非常に高いです。

以上のように、さくらインターネットでの就職に向いている人の特徴として、幅広いスキルを身につけたい人が挙げられます。

【特徴3】言葉を伝えたり話をするのが好きな人

そして3つ目の特徴として「言葉を伝えたり話をするのが好きな人」

さくらインターネットは、リモート主体とはいえ、業務の取り組みを見る限り、顧客や職場との対話を重視している傾向が高いです。

ですので、人と言葉を介したコミュニケーションを得意とする人が、向いていると言えます。

実際、さくらインターネットの公式サイトを見ると、社員全員が実践すべき行動指針として、

さくらインターネット社員全員が実践すべき行動指針

  • 肯定ファースト:相手の意見を肯定的してから議論を進める
  • リード&フォロー:それぞれの役割で互いに補い合う
  • 伝わるまで話す:すれ違いをなくす

上記のような点を重視するよう心掛けているとのこと。

つまり、社員一人一人のやりがいやバリューを磨くために、対話を主眼に置いた取り組みを行っていることがわかります。

以上を踏まえると、言葉を伝えたり話をするのが好きな人が、さくらインターネットでの就職に向いている人に入ります。

将来性ありのさくらインターネットから内定を勝ち取る方法

さくらインターネットの将来性について、多角的に考察してきました。

結論、さくらインターネットの将来性は明るい。ISMAPに登録されたのは何よりの証拠であり、クラウド事業も右肩上がりで上昇しています。

当然、将来性のある会社は、就活生にも人気の会社として映ります。

つまり、さくらインターネットに就職したい就活生は、入念な就活対策が必須だということ。

ではどうすれば、さくらインターネットから内定を勝ち取れるようになるのか?入念な就活対策といっても、何をすればいいのか?悩む就活生は少なくありません。

そんな将来性ありのさくらインターネットから内定を勝ち取る方法「IT業界に強い就活エージェント」をフル活用することです。

なぜなら、IT企業への内定実績が豊富だから。
実際、何も就活対策なく、企業に応募しても簡単に落とされるのがオチです。

ですが、さくらインターネットなどの大手IT企業に新卒で就職したい就活生は、その業界を専門とする就活サービスを活用することで内定率アップに繋がります。

では、どの就活エージェントを利用すればいいのか?
特におすすめは、ES添削・面接対策から内定獲得まで一貫した就活サポートを受けられる「レバテックルーキー」の利用がおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。レバテックルーキーは、5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活支援サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。

ファーストキャリアをさくらインターネットなど大手IT企業と決めている就活生の方は、ぜひご活用ください。

さくらインターネットの将来性に期待して転職したい人向けサービス

もし、あなたが現役のエンジニアで、さくらインターネットなど将来性ある大手IT企業に転職を希望するなら。

「IT専門の転職エージェント」をフル活用することを強くおすすめします。

効率的かつ有効に求人を探すためにも、転職エージェントの活用は必須です。

なぜなら、自力で求人を探すのは時間がかかり過ぎるから。

日本にはどれくらいの会社があるかご存知でしょうか?上場企業だけでも4,000社弱、中小零細も含めると400万社を超えています。

これらの企業の中から、自分に合った会社はどこか?転職先としてニーズにマッチした企業はどこか?調べるのは現実的ではありません。

そこで、転職エージェントの活用です。あなたのニーズに合った企業“だけ”を求人紹介してくれます。

転職先企業の希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます

求人の紹介を受けるだけでも価値があります。ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。さくらインターネットの将来性に期待して転職したい人向けサービスを厳選して3社ご紹介します、ぜひご活用ください。

【転職支援1】マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT」は、IT・Webエンジニア向けの転職支援サービスです。専任のキャリアアドバイザーが、年収アップや転職後の定着率向上をサポートします。応募書類の添削や模擬面接などの徹底した対策が特徴で、すべてのサービスが無料で利用できます。

サービスの特徴・強み

  • 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のサービス
  • 全国の大手上場企業から人気ベンチャーまで幅広い求人の紹介が可能
  • 特に関東エリアの求人を網羅!一都三県の優良企業の求人が豊富
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート
  • IT業界出身のキャリアコンサルタントがニーズにマッチした転職を提案

利用に向いてる人

  • IT、Web業界経験者
  • 首都圏・関西圏・東海圏在住の方
  • 幅広い求人の中から自分にあった会社を選びたい方

『マイナビIT AGENT』今すぐ無料登録してIT企業を紹介してもらう
※マイナビのプロモーションを含みます。

【転職支援2】レバテックキャリア

レバテックキャリア」は、IT・WEB業界のエンジニア向けの転職支援サービスです。業界に精通したキャリアアドバイザーが、個別のキャリアプランニングや求人紹介を行い、内定後もフォローアップを提供します。最新の市場情報やトレンドを活用したサポートが特徴で、技術職のニーズに対応した求人情報が豊富です。

サービスの特徴・強み

  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
  • 求人紹介だけでなく開発現場のリアルな情報も把握可能
  • IT・Web業界を知り尽くしたアドバイザーが徹底サポート
  • 内定率を上げる企業別の面接対策・アドバイスも実施
  • エンジニアとしての市場価値診断(年収診断)も受けられる

利用に向いてる人

  • IT/Web系エンジニアの経験者
  • 転職で年収アップ・キャリアアップを実現したい方
  • 関東・関西・東海・九州(福岡)で転職を考えている方

【転職支援3】ギークリー

ギークリー」は、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。専任のキャリアアドバイザーが、個々のニーズに応じた求人紹介やキャリアサポートを提供し、非公開求人も多数取り扱っています。面接対策や書類添削、入社後のフォローアップまで一貫したサポートが特徴です。

サービスの特徴・強み

  • IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス
  • 大手を中心に非公開求人数かつギークリー独占の求人も豊富!
  • 転職希望者のスキルや経験をもとに、多角的に分析してマッチング

利用に向いてる人

  • IT・Web・ゲーム業界経験者
  • 一都三県での勤務を希望している方

【Q&A】今後の将来性が気になるさくらインターネットのよくある質問

最後に今後の将来性が気になるさくらインターネットのよくある質問をまとめます。

【質問1】さくらインターネットの経営状況は?

疑問に思うエンジニア

「さくらインターネットの経営状況は?」

さくらインターネットの経営状況は安定しており、成長を続けています。まず、2023年3月期は前年度比3%増加し、20億円に達しました。この成長はクラウドサービスやデータセンター事業の拡大によるものです。また、経常利益も増加し、収益性の向上が見られます。さらに、積極的な研究開発投資により、先端技術の導入やサービスの強化を図っています。このように、堅実な財務基盤と成長戦略により、今後も安定した経営が期待できます。

【質問2】さくらインターネットは国策銘柄ですか?

疑問に思うエンジニア

「さくらインターネットは国策銘柄ですか?」

さくらインターネットは国策銘柄として注目されています。理由は、日本政府が推進するデジタルトランスフォーメーション(DX)や地域振興に関連する取り組みを積極的に行っているためです。具体的には、地方自治体と協力し、IoTやクラウドサービスの提供を通じて地方経済の活性化に寄与しています。また、政府のサイバーセキュリティ対策に対応した高い安全性を持つデータセンターの運営も評価されています。これにより、国のIT戦略と連動した成長が期待されています。

【質問3】さくらインターネットの株価は今後どうなる?

疑問に思うエンジニア

「さくらインターネットの株価は今後どうなる?」

さくらインターネットの株価は今後の業績や市場環境によって変動する可能性があります。まず、2023年3月期の売上高が20億円に達し、成長を続けているため、ポジティブな展望が見込まれます。加えて、クラウドサービスやデータセンター事業の拡大に伴い、さらなる収益増加が期待されています。ただし、株価は市場全体の動向や競合他社の影響も受けるため、一概に上昇すると断言するのは難しいです。投資の際は、最新の業績や市場トレンドを注視する必要があります。

【質問4】さくらインターネットの株価が暴落したのはなぜ?

疑問に思うエンジニア

「さくらインターネットの株価が暴落したのはなぜ?」

さくらインターネットの株価が暴落した主な理由は、業績の悪化と市場全体の影響です。今後の経営戦略と市場動向を注視する必要があります。

【質問5】さくらインターネットの株価が急騰・上昇した理由は何ですか?

疑問に思うエンジニア

「さくらインターネットの株価が急騰・上昇した理由は何ですか?」

さくらインターネットの株価が急騰・上昇した理由は、主に業績の好調と市場の期待感にあります。AI技術やIoT分野への積極的な投資が評価され、市場全体のIT関連株への注目も追い風となりました。これらの要因が重なり、株価が大幅に上昇しました。今後も持続的な成長が期待されます。

まとめ:さくらインターネットの将来性を多角的に考察

さくらインターネットの将来性を多角的に考察してきました。

改めて、さくらインターネットの将来性をまとめると、

さくらインターネットの将来性

  • ES編
  • CS編
  • クラウド編
  • DX編

結論、さくらインターネットの将来性は明るい。

特に、IoTやAI技術の導入により、今後も競争力を維持しつつ、さらなる成長を目指しています。

ただとはいえ、将来性ある人気の会社ともなれば、入念な就活対策が必須となります。

さくらインターネットから内定を勝ち取れるようになるのか?入念な就活対策といっても、何をすればいいのか?悩む就活生は少なくありません。

将来性ありのさくらインターネットから内定を勝ち取る方法は「IT業界に強い就活エージェント」をフル活用することです。

なぜなら、IT企業への内定実績が豊富だから。実際、何も就活対策なく、企業に応募しても簡単に落とされるのがオチです。

ですが、さくらインターネットなどの大手IT企業に新卒で就職したい就活生は、その業界を専門とする就活サービスを活用することで内定率アップに繋がります。

では、どの就活エージェントを利用すればいいのか?
特におすすめは、ES添削・面接対策から内定獲得まで一貫した就活サポートを受けられる「レバテックルーキー」の利用がおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。レバテックルーキーは、5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活支援サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。

ファーストキャリアをさくらインターネットなど大手IT企業と決めている就活生の方は、ぜひご活用ください。