楽天の社風はどうなの?社員の口コミから考察【就活・転職対策あり】
迷えるエンジニア2

「楽天の社風は、どういった特徴がある?どんな人に向いてる会社?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「楽天の社風を調べている就活生・転職希望者」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • 楽天の社風について社員の口コミから考察
  • 口コミから鑑みて楽天の社風に合わない人の特徴
  • 楽天の社員になる就活対策と転職活動時のおすすめサービス

楽天など大手IT企業に就職や転職するなら

結論、IT専門の転職エージェントをフル活用するのがおすすめです。

あなたの希望にマッチした企業のみを紹介してくれます。
ですので、求人を探す手間も、応募や企業とのやり取りも省くことができます。

本記事で紹介する転職エージェントは、大手から人気ベンチャーまで幅広く求人を扱っています

興味がある方は、まずは無料相談から受けてみてください。
キャリア相談や市場価値の把握など、プロの話を聞くだけでも有益な時間を過ごせます。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

もし、あなたが就活生で楽天など大手IT企業に就職を希望しているなら、5,000社以上の企業情報を保有する「レバテックルーキー」の活用が最もおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。ファーストキャリアを楽天などIT大手と決めている方は、ぜひご活用ください。

楽天とはどんな会社?

楽天の社風について深堀考察していく前に、そもそも楽天とはどんな会社か?概要をご紹介します。

楽天グループ株式会社は、日本を代表するインターネットサービス企業で、1997年に三木谷浩史によって創業されました。主な事業は、国内外のECサイト「楽天市場」をはじめ、金融サービス、デジタルコンテンツ、通信、旅行、プロスポーツ運営など多岐にわたります。

楽天は「イノベーション」を強く推進しており、最先端の技術やサービスを提供し続けることを目指しています。グローバル展開も積極的に行い、海外市場への進出も進めています。また、社員の自己成長をサポートするための環境やプログラムが充実しており、多様な人材が活躍できる場を提供しています。

楽天のミッションは「Empowerment」、つまり人々や社会を力づけることです。この理念に基づき、顧客満足度の向上と社会貢献に取り組んでいます。

楽天社員の年収

気になる楽天社員の年収についてもご紹介します。

最新のIR情報(2023年12月期)では、「794万円」となっています。

社員紹介と楽天社員の特徴

そして、社員紹介と楽天社員の特徴についてです。

楽天社員の特徴は、多様性と国際性に富んでいることです。楽天では、さまざまなバックグラウンドを持つ人々が集まり、各分野で専門性を発揮しています。多国籍な環境が広がっており、社内公用語として英語が使われることもあります。これにより、異文化理解やグローバルな視野が求められます。

楽天の社員は、自ら学び成長する姿勢を持っていることが多いです。自己啓発やスキルアップを奨励する風土があり、さまざまな研修やトレーニングプログラムが提供されています。挑戦を恐れず、新しいアイデアや技術を積極的に取り入れる姿勢も重要視されます。

また、楽天社員はチームワークを重視します。プロジェクトの成功に向けて協力し合い、情報を共有しながら進めることで、個々の力を最大限に引き出すことを目指しています。結果として、高い成果を上げるために、一丸となって取り組む姿勢が楽天社員の特徴と言えるでしょう。

楽天の社風について社員の口コミから考察

ではここから早速、楽天の社風について社員の口コミから考察していきます。

【社風1】女性が活躍できる職場環境

まず1つ目に挙げられる社風が「女性が活躍できる職場環境」

楽天は、女性が働きやすい環境であるとの意見があります。

たとえば、仕事と育児が両立できる体制が整えられていたり、出産休暇が取りやすい等のサポートが充実しています。

女性が活躍しやすい職場かどうかを判断するポイントとして、社員や役職の女性比率を見るのが目安となります。

実際に、楽天グループの公式ページで、職場の女性比率を見てみると、

楽天グループにおける職場の女性比率

  • 女性社員割合:40.4%
  • 女性管理職割合:30.1%

上記のようなデータがあります。

一方、厚生労働省の「雇用均等基本調査(2022)」から、全国の企業の管理職に占める女性の割合を見てみると、

  • 部長相当職:8.0%
  • 課長相当職:11.6%
  • 係長相当職:18.7%
  • 係長相当職以上:14.7%

データを比較しても、楽天の女性管理職のほうが、割合が高い結果となっています。

従って、楽天では女性が活躍できる職場環境が整っており、さらには、実力次第で管理職に就くことも可能な企業であるということができます。

以上を踏まえると、楽天の社風として、女性が活躍できる職場環境である点が挙げられます。

【社風2】グローバルな視点を身につけることができる

次に2つ目に挙げられる社風が「グローバルな視点を身につけることができる」

元楽天社員の口コミとして、グローバル人材が多いとの意見もあります。

グローバル人材の多さでわかることは、多様な国籍や文化の人材と交流する機会が多いことから、幅広い知見や考え方を吸収することができます。

実際に、楽天グループの公式ページから、グローバル人材が多いことがわかるデータを抜き出してみると、

  • グローバル展開拠点数:30ヶ国
  • グローバル流通総額:33.8兆円
  • 社員の出身国:100超

外国人を採用する企業のメリットは、異文化に対する理解が寛容なだけでなく、日本人社員が活き活きと働ける点にあります。

たとえば、人材サービス企業の「外国人留学生・高度外国人材の採用に関する調査」で、外国人留学生を採用した企業に、自社の影響を尋ねたところ、

外国人留学生採用による自社への好影響の内容

  • 異文化、多様性への理解の向上:63.8%
  • 日本人社員への刺激、社内活性化:59.4%
  • グローバル化推進への理解、意識醸成:59.4%
  • 海外の拠点や取引先との関係の向上:37.7%

多様性への理解の次に社内活性化が良い影響との意見があります。

こうした意見やデータを踏まえると、楽天の社風も、グローバル人材による良い影響を受けていると考えられます。

以上のように、グローバルな視点を身につけることができる点が、楽天の社風に挙げられます。

【社風3】英語主体のコミュニケーションがとれる

3つ目に挙げられる社風が「英語主体のコミュニケーションがとれる」

楽天は社内公用語が英語というのは、有名な話ですよね。

楽天が英語化に踏み切った理由は、社員の英語力アップが目的というよりも、グローバル人材が多い社内での業務の円滑化が第一だったとか。

その結果、2015年に全社目標のTOEIC平均スコア800点を達成したというから驚きですよね。

英語の社内公用化は、IT産業の国際競争力を高めるためにも、重要だと言えます。

実際に、総務省の「IoT国際競争力指標」において、ICT市場(情報処理だけでなく通信技術も含めた産業の市場)の国別シェアを見ると、

ICT市場の国別シェア(2022)

  • 日本:8%
  • 米国:45%
  • ドイツ:2%
  • 韓国:6%
  • 中国:17%

日本は8%と低いことがわかります。

これは、世界230万人を対象に行った「EF英語能力指数」で、日本が100の国のうち53位と、5段階中4番目の「低い」評価を受けていることからも明らかです。

従って、社内公用語を英語にする楽天は、英語力を高めたいと考えている人にとって、理想的な職場と言えるでしょう。

以上のように、楽天の社風として、英語主体のコミュニケーションがとれる点が挙げられます。

【社風4】柔軟かつ効率的な勤務スタイルが整っている

4つ目に挙げられる社風が「柔軟かつ効率的な勤務スタイルが整っている」

楽天は、勤務スタイルにおいても柔軟性があり、働きやすい環境が整えられています。

実際、楽天グループの公式ページで、具体的なワークスタイルを見てみると、

楽天グループのワークスタイル

  • フレックスタイム制度:所定の範囲内で、始業・終業時刻などが決められる
  • 時差勤務制度:定時前後2時間の時差勤務が可能
  • 在宅勤務:育児や病気などの場合に在宅勤務が選べる

フレックス制の主要なメリットは、仕事の効率がアップすること。

実際に、厚生労働省の「裁量労働制等に関するアンケート調査」では、制度を導入したことによる効果を尋ねたところ、

  • 効率よく仕事を進めるように従業員の意識が変わった:61.5%
  • 従業員のモチベーションが向上した:29.7%
  • 労働時間短縮につながった:19.9%

上記結果の通りで、仕事の効率やモチベーションの向上に役立ったとの回答が多いです。

従って、楽天の職場も、フレックス制の導入により、社員の労働モチベーションの高い職場であると考えられます。

以上のように、楽天の社風として、柔軟かつ効率的な勤務スタイルといった点も入ると言えます。

【社風5】頑張るほど評価されるキャリアシステムがある

そして5つ目に挙げられる社風が「頑張るほど評価されるキャリアシステムがある」

楽天の社風としては、グローバルな職場の多くが採用している成果主義の傾向が強いと考えられます。

成果主義のメリットは、年功に関わらず、成果を出せば出すほど、評価され昇給することができる点にあります。

たとえば、楽天では「エキスパート認定制度」があり、高い技術力を持っていたり、スキル向上に寄与している人材を積極的に評価する制度が整備されています。

実力主義の会社で働きたい人の数は、年々増加傾向にあります。

実際、日本能率協会の「新入社員意識調査」で、実力・成果主義の職場で働きたい人の割合を年代別に見てみると、

実力・成果主義の職場で働きたい人の割合

  • 2010年:49.3%
  • 2014年:56.4%
  • 2018年:65.0%
  • 2019年:63.0%
  • 2020年:66.1%

上記の通りで増加傾向にあることがわかります。

従って、楽天の職場環境は、近年の新入社員のニーズに合致しており、やりがいを感じられる職場であると考えられます。

以上を踏まえると、楽天の社風として、頑張るほど評価されるキャリアシステムがある点が挙げられます。

口コミから鑑みて楽天の社風に合わない人の特徴

ここまで、楽天の社風について社員の口コミから考察してきました。

では、どういった人が、楽天には向いてないのか?

口コミから鑑みて楽天の社風に合わない人の特徴をまとめていきます。

【特徴1】英語を話すのが苦手な人

まず1つ目の特徴として「英語を話すのが苦手な人」

楽天の社内公用語である英語の習得が苦手な人は、就職できても苦しいと感じてしまう可能性が高いと言えます。

一部の口コミによると、社内基準であるTOEICが800点以下だと、給料も下がってしまうといった意見もあります。

実際に調査してみたところ、楽天公式ページにある「採用情報」のQ&Aでは、

  • TOEICスコアがなくてもエントリーが可能
  • しかし、入社までに800点の取得が必要

上記のことが明記されています。

従って、英語が苦手な人や、英語に興味があってもTOEICが800点未満の人は、楽天の職場で働けない可能性が高いです。

以上のように、英語を話すのが苦手な人は、楽天の社風に合わない人の特徴に挙げられます。

【特徴2】少人数でコツコツ仕事をするのが好きな人

次に2つ目の特徴として「少人数でコツコツ仕事をするのが好きな人」

楽天の職場は、ワークスタイルから考えると、活発なコミュニケーションを重視したオープンな環境である可能性が高いです。

ですので、少数先鋭型で地道にコツコツと仕事をしたい人にとっては、社風が合わないと感じられるかもしれません。

実際、楽天の職場スペースを見てみると、フロア各所に打合せスペースを設置した、非常に開放的な空間であることがわかります。

そのため、従業員同士の活発なコミュニケーションが推奨されるワークスタイルとなり、人によっては好みが分かれる職場だと言えます。

以上を踏まえると、楽天の社風に合わない人の特徴に、少人数でコツコツ仕事をするのが好きな人が入ると言えるでしょう。

【特徴3】ノルマや目標を重視する成果主義がきつい人

そして3つ目の特徴として「ノルマや目標を重視する成果主義がきつい人」

実力・成果主義の社風が合わない人も、楽天には向いていないと言えます。

年功序列型が良いとは言えないものの、実力主義が徹底された職場だと、ノルマや目標がきついと感じてしまう可能性が高いです。

実力・成果主義の問題点のひとつに、評価基準があいまいといった意見があります。

実際に、人事評価に関する実態調査によると、人事評価制度に不満を感じている人の割合は、

人事評価制度に不満を感じている人の割合

  • とても感じている:23.2%
  • やや感じている:23.4%
  • どちらかといえば感じている:28.6%

全体で75.2%の人が不満を持っている結果となりました。

ですので、成果主義の人事制度に不満を持つ人は、楽天の社風にも合わない可能性が高いと言えます。

以上のように、楽天の社風に合わない特徴として、ノルマや目標を重視する成果主義がきついと感じる人も挙げられます。

楽天の社員になるには?就職活動の対策とポイント

すでに、楽天へのエントリーを決めている就活生も多いことでしょう。

ですが、楽天はグローバル企業、非常に人気のある会社であり、海外からの人材も多く受け入れています。

ですので、楽天の就職難易度は言わずもがな高いです。一筋縄では攻略できず、万全の就活対策が必須になります。

ここからは、楽天への就職を希望する就活生向けに、楽天の社員になるには?就職活動の対策とポイントを詳しくご紹介していきます!

【対策1】企業研究を徹底的に行う

まず必須の対策が「企業研究を徹底的に行う」

企業研究を徹底的に行うことは、楽天の社員になるための重要なポイントです。なぜなら、企業研究を通じて会社の文化や価値観を理解することで、面接で効果的なアピールができるからです。

例えば、楽天のビジョンやミッション、主な事業内容、最近のニュースを調べておくと、面接で具体的な質問に対して的確な回答ができるようになります。これにより、採用担当者に熱意と理解を示すことができます。また、実際に楽天で働いている社員の声をSNSや口コミサイトでチェックすることで、会社の内部事情を把握し、自分に合った企業かどうかを判断する材料にもなります。企業研究を通じて自信を持って面接に臨むことが、採用成功への一歩です。

【対策2】英語力の強化しアピールポイントを作る

次に対策しておきたいのは「英語力の強化しアピールポイントを作る」

英語力の強化は、楽天の社員になるための重要なポイントです。なぜなら、楽天はグローバル企業であり、日常業務や社内コミュニケーションで英語を使用する機会が多いためです。

例えば、TOEICTOEFLのスコアを向上させるために、毎日の勉強時間を確保し、リスニングやスピーキングの練習を行うことが有効です。また、オンライン英会話や英語のニュースを読むことで実践的な英語力を磨くことができます。英語力を高めることで、履歴書や面接で具体的なスコアや経験をアピールでき、採用担当者に強い印象を与えることが可能です。英語力の向上は、自信を持ってグローバルな職場で活躍するための大切な準備です。

【対策3】IT業界に強い就活エージェントをフル活用する

内定獲得の成功確率を少しでも上げたい人は、「IT業界に強い就活エージェント」を活用しましょう。

なぜなら、IT企業への内定実績が豊富だから。何も就活対策なく、応募しても簡単に落とされるのがオチです。

IT業界に強い就活エージェントを活用することで、例えば、履歴書や職務経歴書の作成支援、模擬面接の実施など、企業ごとの面接対策を無料で受けられます。

ですので、志望するIT企業から内定を勝ち取るためにも、その業界の専門とする就活エージェントをフル活用することをおすすめします。

そして、5,000社以上の企業情報を保有する「レバテックルーキー」が特におすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。ファーストキャリアを楽天などIT大手と決めている方は、ぜひご活用ください。

楽天の社風に共感して転職したい人向けおすすめサービス

もし、あなたが現役のエンジニアで、楽天など大手IT企業に転職を希望するなら。

「IT専門の転職エージェント」をフル活用することを強くおすすめします。

効率的かつ有効に求人を探すためにも、転職エージェントの活用は必須です。

なぜなら、自力で求人を探すのは時間がかかり過ぎるから。

日本にはどれくらいの会社があるかご存知でしょうか?上場企業だけでも4,000社弱、中小零細も含めると400万社を超えています。

これらの企業の中から、自分に合った会社はどこか?転職先としてニーズにマッチした企業はどこか?調べるのは現実的ではありません。

そこで、転職エージェントの活用です。あなたのニーズに合った企業“だけ”を求人紹介してくれます。

転職先企業の希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます。求人の紹介を受けるだけでも価値があります。

ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。楽天の社風に共感して転職したい人向けおすすめサービスを厳選して3社ご紹介します、ぜひご活用ください。

【転職支援1】マイナビIT AGENT

サービスの特徴・強み

  • 国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のサービス
  • 全国の大手上場企業から人気ベンチャーまで幅広い求人の紹介が可能
  • 特に関東エリアの求人を網羅!一都三県の優良企業の求人が豊富
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート
  • IT業界出身のキャリアコンサルタントがニーズにマッチした転職を提案

利用に向いてる人

  • IT、Web業界経験者
  • 首都圏・関西圏・東海圏在住の方
  • 幅広い求人の中から自分にあった会社を選びたい方

『マイナビIT AGENT』今すぐ無料登録してIT企業を紹介してもらう
※マイナビのプロモーションを含みます。

【転職支援2】レバテックキャリア

サービスの特徴・強み

  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
  • 求人紹介だけでなく開発現場のリアルな情報も把握可能
  • IT・Web業界を知り尽くしたアドバイザーが徹底サポート
  • 内定率を上げる企業別の面接対策・アドバイスも実施
  • エンジニアとしての市場価値診断(年収診断)も受けられる

利用に向いてる人

  • IT/Web系エンジニアの経験者
  • 転職で年収アップ・キャリアアップを実現したい方
  • 関東・関西・東海・九州(福岡)で転職を考えている方

【転職支援3】ギークリー

サービスの特徴・強み

  • IT・WEB・ソーシャルゲーム業界を専門とした転職支援サービス
  • 大手を中心に非公開求人数かつギークリー独占の求人も豊富!
  • 転職希望者のスキルや経験をもとに、多角的に分析してマッチング

利用に向いてる人

  • IT・Web・ゲーム業界経験者
  • 一都三県での勤務を希望している方

【Q&A】社風が気になる楽天グループのよくある質問

最後に社風が気になる楽天グループのよくある質問をまとめます。

【質問1】楽天はもともと何の会社だったのですか?

疑問に思うエンジニア

「楽天はもともと何の会社だったのですか?」

楽天は、もともとインターネットショッピングモール「楽天市場」を運営する会社でした。

創業者の三木谷浩史氏が1997年に設立し、最初はオンラインショッピングのプラットフォームを提供することからスタートしました。当初から、インターネットを利用した新しいビジネスモデルを目指し、出店者と消費者を結びつけるサービスを展開してきました。成功を収めた楽天市場は、日本国内で急速に成長し、多くの利用者を獲得しました。

その後、楽天は金融サービス、旅行、通信など多岐にわたる事業を展開し、グローバルにも進出しています。インターネットショッピングモールとしての成功が、現在の多角的なビジネス展開の基盤となっているのです。

【質問2】楽天社員はかわいいってホント?

疑問に思うエンジニア

「楽天社員はかわいいってホント?」

楽天の社員は、フレンドリーで明るい雰囲気を持つ人が多いことから「かわいい」と評価されることがあるのです。

例えば、楽天はオープンな社風を大切にしており、社員同士のコミュニケーションが活発です。そのため、笑顔や気配りが自然と求められる環境が整っています。また、社内イベントやチームビルディング活動が盛んであり、社員一人ひとりの人間関係が良好です。

こうした環境が、楽天社員の魅力的なイメージを形成していると言えるでしょう。結果として、楽天社員は「かわいい」と感じられることが多いのです。

【質問3】楽天社員になればモテるってホント?

疑問に思うエンジニア

「楽天社員になればモテるってホント?」

結論、楽天社員になればモテるという話には一定の根拠があります。

楽天は大手のIT企業であり、働いている社員は高いスキルや知識を持っています。そのため、信頼性や将来性を感じさせる要素が多く、異性にとって魅力的に映ることがあるのです。例えば、楽天はグローバルに展開しており、社員は多様なバックグラウンドを持つ人々と交流する機会が多いため、コミュニケーション能力が高いです。また、会社が提供する充実した福利厚生や成長機会も、社員の魅力を高める要素となります。これらの要因が組み合わさることで、楽天社員はモテると言われることがあるのです。

しかし、最も大切なのは個々の人間性や魅力であり、企業名だけではなく自分自身の努力が大切です。

【質問4】楽天に転職して後悔した理由は?

疑問に思うエンジニア

「楽天に転職して後悔した理由は?」

楽天に転職して後悔した理由について、いくつかのケースがあります。なぜなら、期待していた業務内容や働き方と実際の業務にギャップを感じることがあるからです。

例えば、楽天は非常にスピーディーなビジネス環境であり、変化に対応するために柔軟な働き方が求められます。しかし、一部の社員はこの速いペースに適応できず、ストレスを感じることがあります。また、楽天の社風は成果主義であるため、プレッシャーを感じることが多いです。このため、家庭とのバランスが取りにくいと感じる人もいます。これらの要素が合わさることで、楽天に転職した後に後悔する理由になることがあるのです。

ただし、個々の適応力や価値観によって感じ方は異なるため、自分に合った環境かどうかを事前によく検討することが大切です。

【質問5】楽天社員のボーナスはいくらですか?

疑問に思うエンジニア

「楽天社員のボーナスはいくらですか?」

楽天社員のボーナスについては、具体的な金額を一概に言うことは難しいです。なぜなら、ボーナスは個人の業績や役職、評価によって異なるためです。

例えば、楽天では成果主義を採用しており、業績が優れた社員には高額なボーナスが支給される傾向があります。また、一般的な正社員の場合、年に2回のボーナスが支給されることが多いです。さらに、特定のプロジェクトでの成功や特別な貢献が認められた場合には、特別ボーナスが支給されることもあります。

したがって、楽天のボーナスは一律ではなく、個々の努力や成果に応じて大きく変動します。自分の能力や成果を発揮することで、より高い報酬を得るチャンスがあるのが楽天の魅力の一つです。

まとめ:楽天の社風と楽天の社員になる就活・転職対策

楽天の社風と楽天の社員になる就活・転職対策に関する情報をまとめてきました。

改めて、楽天の社風をまとめると、

楽天の社風

  • 女性が活躍できる職場環境
  • グローバルな視点を身につけることができる
  • 英語主体のコミュニケーションがとれる
  • 柔軟かつ効率的な勤務スタイルが整っている
  • 頑張るほど評価されるキャリアシステムがある

社風からも伺えるように、楽天は、常に新しい挑戦を続け、成長を続ける企業です。

楽天などの大手IT企業に新卒で就職したい就活生は、その業界を専門とする就活サービスを活用することで内定率アップに繋がります。

では、どの就活エージェントを利用すればいいのか?特におすすめは、ES添削・面接対策から内定獲得まで一貫した就活サポートを受けられる「レバテックルーキー」の利用がおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。レバテックルーキーは、5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活支援サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。ファーストキャリアを楽天などIT大手と決めている方は、ぜひご活用ください。