一次請け(元請け)SIerを一覧で紹介!勤めるメリットや優良IT企業の求人を探す方法
迷えるエンジニア2

「一次請け(元請け)SIerにはどんなIT企業があるのかな?一覧で教えてほしい!」

この疑問・悩みに答えます。

本記事では、「一次請け(元請け)SIerに就職・転職を検討している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事でわかること

  • 一次請け(元請け)SIerを一覧で25社紹介
  • 一次請けSIerに勤めるメリット・デメリット
  • 一次請けSIerの中でも優良IT企業の求人を探す方法

「どんな一次請け(元請け)SIerがあるのか?」
「自分に合うSIer・IT企業を見つけたい!」

このようにIT企業への就職をお考えの方は、ぜひ読み進めてみてください。

一次請け(元請け)SIer一覧と勤めるメリットや優良IT企業の求人を探す方法を詳しく解説していきます!

一次請け(元請け)SIerに就職・転職するなら

結論、IT専門の転職エージェントをフル活用するのがおすすめです。

あなたの希望にマッチした企業のみを紹介してくれます。
ですので、求人を探す手間も、応募や企業とのやり取りも省くことができます。

本記事で紹介する一次請け(元請け)SIer以外にも、大手から人気ベンチャーまで幅広く求人を扱っています

興味がある方は、まずは無料相談から受けてみてください。
キャリア相談や市場価値の把握など、プロの話を聞くだけでも有益な時間を過ごせます。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

もし、あなたが就活生で一次請け(元請け)SIerに就職を希望しているなら「レバテックルーキー」の活用が最もおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。
5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、一次請け(元請け)SIer企業に内定率アップへ導きます。

一次請け(元請け)SIerとはどんなIT企業?

一次請け(元請け)SIerを一覧で紹介する前に。
そもそも一次請け(元請け)SIerとはどんなIT企業か?ご紹介します。

SIer(エスアイヤー)とは、「システムインテグレーター」の略称で、顧客のニーズに沿ったシステムを請け負う企業のことを指します。

中でも、一次請け(元請け)企業は、請負企業の中で、最上位企業、つまり、顧客と直接やりとりを行う企業(プライムベンダーと呼ばれる)を指します。

元請け企業が請ける案件をプライム案件と呼び、下請けの案件と区別させて呼ぶことがあります。
元請け企業は、案件を受けた後、要件定義やシステム開発などの上流工程に対応し、実際の開発業務やテストなどの下流工程は、下請け会社に委託されます。

SIerの種類は大きくわけて5つ

SIerの種類は大きくわけて5つあります。

具体的には以下の5つです。

SIerの種類

  • メーカー系SIer:PC・ハードウェアメーカーから独立してできた企業
  • ユーザー系SIer:IT系ではない一般企業のシステム課から分社して設立した企業
  • 独立系SIer:特定の親会社を持たない企業
  • コンサル系 SIer:コンサルティング業務を中心としたシステム開発を請け負う企業
  • 外資系SIer:親会社が海外のIT企業であり日本でSI事業化した企業

SI事業を展開する業界は、法人向けにビジネスをしている企業(BtoB企業)との取り引きが多いため、安定して案件を受注できるのが特徴です。

一次請けSIerと元請けSIerの違い

ここで気になるのが一次請けSIerと元請けSIerの違いについて。

結論からいうと、IT業界では、一次請け企業は元請け企業とほぼ同じ意味合いで使われます。

システム開発を発注するクライアント側は「エンド企業」と呼ばれ、エンド企業から直接受注する一次企業を「エンド直」と呼ぶこともあります。

一次請け企業は、エンド企業の要望をヒアリングし、予算の見積もりや戦略の提案を行うなど、営業的側面の強い業務を行います。
大きなプロジェクトの場合は、プロジェクト全体を統括する工程管理、環境構築など、マネジメント能力が問われるスキルが多くなります。

従って、システムの開発実務に携わることは少なく、技術的なスキルを上げたい人はあまり期待できないと言えます。

ITの二次請けなど下請け企業とは

では、ITの二次請けなど下請け企業とは何か?ご紹介すると。

二次請け企業は、元請け企業が受注した案件の一部、あるいは全部を請け負う企業を指します。

業務は、元請けの作成した計画書や仕様書に従い、プログラミングの実務にあたるシステム開発やテストを行います。

エンド企業との交渉はなく、取り引きは元請けに対して行われます。

元請けと下請け企業との間には、請負契約や準委任契約が交わされるのが一般的みたいですね。

大規模なプロジェクトの場合は、さらに三次請け企業、四次請け企業に委託されることもあります。

下請けにいけばいくほど、中間マージンが差し引かれるので、案件単価はどんどん安くなるのが特徴となります。

一次請け(元請け)SIerを一覧で25社紹介

ここから早速、一次請け(元請け)SIerを一覧で25社紹介していきます!

一次請け(元請け)SIer25社一覧

  1. 日立製作所
  2. 富士通
  3. NTTデータグループ
  4. NEC(日本電気株式会社)
  5. パナソニックコネクト
  6. 都築電気
  7. SCSK
  8. 伊藤忠テクノソリューションズ
  9. 日鉄ソリューションズ
  10. 電通総研
  11. キャノンITソリューションズ
  12. エヌ・ティ・ティ・コムウェア
  13. オービック
  14. 大塚商会
  15. BIPROGY
  16. TIS
  17. ビジネスエンジニアリング
  18. ODKソリューションズ
  19. 野村総合研究所
  20. 三菱総合研究所
  21. アビームコンサルティング
  22. ベイカレント・コンサルティング
  23. 日本オラクル
  24. アクセンチュア
  25. 日本アイ・ビー・エム

気になる一次請け(元請け)SIer企業は転職エージェントに相談することで、会社の内情も調べることができます。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

もし、あなたが就活生で一次請け(元請け)SIerに就職を希望しているなら「レバテックルーキー」の活用が最もおすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。
5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。

次章から、一次請け(元請け)SIerの種類別に、企業と会社の特徴・強みについてご紹介していきます!

メーカー系SIer

まず、一次請け(元請け)SIerのうちメーカー系SIerがこちら!

メーカー系SIer一覧

  • 日立製作所
  • 富士通
  • NTTデータグループ
  • NEC(日本電気株式会社)
  • パナソニックコネクト
  • 都築電気

順番に会社概要と会社の特徴・強みをご紹介していきます。

日立製作所

会社名 株式会社 日立製作所
所在地 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
従業員数 連結322,525名(2023年3月末現在)
資本金 462,817百万円(2023年3月末現在)
事業内容 デジタルシステム&サービス、グリーンエナジー&モビリティ、コネクティブインダストリーズ、日立Astemo

日立製作所は、多岐にわたるテクノロジーと製品を手掛ける大手メーカー系SIerです。

情報システムやインフラ構築で強みを持ち、特に「社会イノベーション事業」に注力しています。幅広い業界に対応する技術力と、高品質なソリューション提供が特徴。他社にはない独自の研究開発力と豊富な実績が、元請けSIerとしての魅力を高めています。

富士通

会社名 富士通株式会社
所在地 東京都港区東新橋一丁目5番2号
従業員数 124,000人(2023年3月31日現在)
資本金 3,246億円(2023年3月31日現在)
事業内容 サービスソリューション、ハードウェアソリューション、ユビキタスソリューション、デバイスソリューション

富士通は、ITソリューションとサービスに強みを持つ大手メーカー系SIerです。

クラウド、AI、IoTなどの先端技術を駆使し、幅広い業界に対応したシステム構築を提供。特に、高い技術力と安定したシステム運用サービスが強みで、一次請けとして信頼性が高いです。他社との違いは、独自の研究開発に基づく革新的な技術と、グローバルに展開するネットワークの充実度です。

NTTデータグループ

会社名 株式会社NTTデータグループ
所在地 東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル
従業員数 195,100(グループ全体/2023年3月31日現在)
資本金 142,520百万円(2023年3月31日現在)
事業内容 統合ITソリューション、コンサルティング、SI・ソフトウェア開発、メンテナンス・サポート

NTTデータグループは、情報技術を駆使したソリューション提供に優れたメーカー系SIerです。

特に公共・金融分野での豊富な経験と高い技術力が強み。グローバルネットワークを活用したサービス展開や、最新技術を取り入れたイノベーション推進が特徴です。他社との差別化点は、安定した基盤のもとで提供する多様なサービスと、顧客との強固な信頼関係にあります。一次請けSIerとしての信頼性と実績が魅力です。

NEC(日本電気株式会社)

会社名 日本電気株式会社
所在地 東京都港区芝五丁目7番1号
従業員数 単独 22,036名(2023年3月末現在)
連結 118,527名(2023年3月末現在)
資本金 4,278億円 (2023年3月31日現在)
事業内容 ITサービス事業、社会インフラ事業

NECは、幅広い技術と製品を持つ大手メーカー系SIerです。

通信システムやITソリューション、セキュリティ技術に強みを持ち、特に公共・宇宙・防衛分野での豊富な実績があります。他社との差別化点は、高度な技術力と、AIやIoTなどの最新技術を組み合わせた革新的なソリューション。安定した事業基盤のもと、多様なニーズに応える力が一次請けSIerとしての強みです。

パナソニックコネクト

会社名 パナソニック コネクト株式会社
所在地 東京都中央区銀座8丁目21番1号 住友不動産汐留浜離宮ビル
従業員数 約29,500名 国内 約13,400名/海外 16,100名 (2023年4月1日現在)
資本金 5億円
事業内容 「サプライチェーン」「公共サービス」「生活インフラ」「エンターテインメント」分野向け機器・ソフトウェアの開発/製造/販売、並びに、システムインテグレーション/施工/保守・メンテナンス、およびサービスを含むソリューションの提供

パナソニックコネクトは、ビジネス向けソリューションに特化したメーカー系SIerです。

製造・物流・小売など多様な業界向けに最適化されたソリューションを提供。特徴は、パナソニックグループの豊富な製品・技術を活用した独自性と、顧客の業務改善を支援する深い専門知識です。他社との強みは、実証済みの技術力と、IoTやAIを駆使したイノベーション。一次請けSIerとしての信頼性と、幅広いニーズに応える柔軟性が魅力です。

都築電気

会社名 都築電気株式会社
所在地 東京都港区新橋6丁目19番15号
従業員数 1,295名(2023年3月)
資本金 98億1,293万円
事業内容 ネットワークシステムおよび情報システムの設計、開発、施工、保守

都築電気は、通信インフラから情報システム構築まで幅広く手掛けるメーカー系SIerです。

特に通信ネットワークの構築・運用に強みを持ち、安定した通信環境の提供で知られています。他社との差別化は、長年に渡る通信技術のノウハウと、顧客のニーズに合わせた柔軟なソリューション開発です。一次請けSIerとしての経験と信頼性が高く、ビジネスの効率化・最適化に貢献する企業です。

ユーザー系SIer

一次請け(元請け)SIerのうちユーザー系SIerがこちら!

ユーザー系SIer一覧

  • SCSK
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 日鉄ソリューションズ
  • 電通総研
  • キャノンITソリューションズ
  • エヌ・ティ・ティ・コムウェア

順番に会社概要と会社の特徴・強みをご紹介していきます。

SCSK

会社名 SCSK株式会社
所在地 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント
従業員数 15,328名(2023年3月31日現在 連結)
資本金 21,285百万円
事業内容 BPO、ITハード・ソフト販売、ITマネジメント、ITインフラ構築、コンサルティング、システム開発、検証サービス

SCSKは、ITソリューションとアウトソーシングサービスに特化したユーザー系SIerです。

特に企業のシステムインテグレーションとITインフラの構築・管理に強みがあります。他社との差別化は、豊富な業界知識と、グローバルレベルでのサービス提供能力です。また、先進的なクラウドサービスやデータ分析技術を駆使したビジネスソリューションも特徴。一次請けSIerとして、安定した技術力と革新的なサービスで多くの企業のIT課題解決に貢献しています。

伊藤忠テクノソリューションズ

会社名 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称CTC)
所在地 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー
従業員数 単体 5,019名、CTCグループ 10,120名(2023年4月1日現在)
資本金 21,764百万円
事業内容 コンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守、ソフトウェア受託開発、情報処理サービス、科学・工学系情報サービス、サポート、その他

伊藤忠テクノソリューションズは、伊藤忠グループの一員として幅広いITサービスを提供するユーザー系SIerです。

特に、システムインテグレーションやアウトソーシングに強みを持ち、金融・製造・通信など多様な業界に対応しています。他社との強みは、大手商社グループの強固なバックボーンを活かした国内外のネットワークと、最新技術を取り入れた革新的なソリューション提供です。一次請けSIerとして、確かな技術力と豊富な経験で多くの企業のIT戦略を支えています。

日鉄ソリューションズ

会社名 日鉄ソリューションズ株式会社
所在地 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー
従業員数 7,458名(連結)[2023年3月期]
資本金 129億5,276万3,000円
事業内容 経営及びシステムに関するコンサルテーション、情報システムに関する企画・設計・開発・構築・運用・保守及び管理、情報システムに関するソフトウェア及びハードウェアの開発・製造並びに販売及び賃貸、ITを用いたアウトソーシングサービスその他各種サービス

日鉄ソリューションズは、製鉄大手の日本製鉄グループに属するユーザー系SIerです。

特に製造業を中心に、業務システムの開発・運用やITインフラの構築に強みを持ちます。他社との差別化点は、製鉄業の深い知見を活かした業界特化型のソリューション提供と、長年培われた高い技術力です。一次請けSIerとして、企業のデジタル変革をサポートする豊富な経験と信頼性を有しており、特に製造業界におけるIT課題解決に強い企業です。

電通総研

会社名 株式会社電通総研
所在地 東京都港区港南2-17-1
従業員数 3,388名(2022年12月末現在)
資本金 81億8,050万円
事業内容 コンサルティングサービス、受託システム開発、ソフトウェア製品(自社開発ソフトウェア)の販売/サポート、ソフトウェア商品(国内外ベンダーのソフトウェア)の販売/サポート、アウトソーシング・運用保守サービス、情報機器販売・その他

電通総研は、マーケティングとITを融合させた独自のサービスを提供するユーザー系SIerです。

電通グループの一員として、広告・メディア業界に強い知識と経験を持ち、デジタルマーケティング領域での強みがあります。他社との差別化は、豊富なデータとクリエイティブ力を活かしたマーケティングソリューションの提供にあります。一次請けSIerとして、クライアントのビジネス成長を支える先進的なITソリューションと、幅広い業界知識で注目されています。

キャノンITソリューションズ

会社名 キヤノンITソリューションズ株式会社
所在地 東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー
従業員数 3,778名(2022年12月末日現在・単体)
資本金 3,617百万円
事業内容 SIおよびコンサルティング、各種ソフトウエアの開発・販売

キャノンITソリューションズは、キャノングループの一員として多様なITサービスを提供するユーザー系SIerです。

特にドキュメント管理や画像処理技術に関するソリューションに強みを持ち、ビジネスプロセスの効率化をサポートします。他社との差別化は、キャノンの豊富な製品知識と技術力を生かした高品質なサービス提供にあります。一次請けSIerとして、文書・画像関連の業務効率化はもちろん、幅広いITニーズに応える能力を持つ企業です。

エヌ・ティ・ティ・コムウェア

会社名 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社(NTTコムウェア)
所在地 東京都港区港南1-9-1 NTT品川TWINS アネックスビル
従業員数 6,201名(2023年6月末)
資本金 200億円
事業内容 情報通信システム及びこれに関わるソフトウェア又は、各種装置の開発、製作、運用、保守及びそれらの受託、など。

エヌ・ティ・ティ・コムウェアは、NTTグループの一員として幅広いITソリューションを提供するユーザー系SIerです。

通信インフラと連携したシステム開発や運用管理が強みで、特にクラウド、セキュリティ、ビッグデータ関連の技術に注力しています。他社との差別化は、グループの通信技術を活かした高品質なサービスと、グローバルな規模でのサービス提供能力です。一次請けSIerとして、企業のデジタル化を強力に支援し、安定した技術力で信頼されています。

独立系SIer

一次請け(元請け)SIerのうち独立系SIerがこちら!

独立系SIer一覧

  • オービック
  • 大塚商会
  • BIPROGY
  • TIS
  • ビジネスエンジニアリング
  • ODKソリューションズ

順番に会社概要と会社の特徴・強みをご紹介していきます。

オービック

会社名 株式会社 オービック
所在地 東京都中央区京橋2丁目4番15号
従業員数 連結: 2,082名 単体: 1,888名 (2023年3月末日現在)
資本金 191億78百万円
事業内容 システムインテグレーション事業、システムサポート事業、オフィスオートメーション事業

(2023年3月末日現在)

オービックは、独立系SIerとして企業向けの業務アプリケーションソフトウェアの開発・販売に特化しています。

特に会計、販売管理、人事給与などのシステムに強みを持ち、中小企業から大企業まで幅広くサポートします。他社との強みは、ユーザーのニーズに合わせたカスタマイズ能力と、長年にわたる業務知識の蓄積です。一次請けSIerとして、確かな技術力と、顧客との密接な関係構築で高い評価を得ています。

大塚商会

会社名 株式会社大塚商会
所在地 東京都千代田区飯田橋2-18-4
従業員数 従業員数 7,524名(連結子会社を含めた従業員数 9,208名)
*2022年末日
資本金 10,374,851,000円
事業内容 システムインテグレーション事業/コンピューター、複合機、通信機器、ソフトウェアの販売および受託ソフトの開発など

大塚商会は、幅広いIT製品とサービスを提供する独立系SIerです。

特にオフィス向けの総合的なITソリューションで知られ、ハードウェアからソフトウェア、メンテナンスまで一貫したサービスを提供します。他社との強みは、中小企業から大企業まで対応可能な幅広い商品ラインナップと、地域に根ざした密接なサポート体制です。一次請けSIerとして、顧客の多様なニーズに応える柔軟性と、長年の経験に基づく信頼性が高く評価されています。

BIPROGY

会社名 BIPROGY株式会社
所在地 東京都江東区豊洲1-1-1
従業員数 8,124名(2023年3月31日現在 連結)
資本金 54億8,317万円
事業内容 クラウドやアウトソーシングなどのサービスビジネス、コンピュータシステムやネットワークシステムの販売・賃貸、ソフトウェアの開発・販売および各種システムサービス

BIPROGY(ビプロジー)は、デジタル変革(DX)に特化した独立系SIer企業です。

ITコンサルティングからシステム開発、運用保守まで一貫したサービスを提供し、特に最新のテクノロジーを活用したビジネス改革に強みを持っています。他社との強みは、AIやIoTなどの先端技術を駆使した革新的なソリューションと、柔軟なプロジェクト対応力です。一次請けSIerとして、企業のDX推進を強力にサポートし、新しい価値創出に貢献しています。

TIS

会社名 TIS株式会社
所在地 東京都新宿区西新宿8丁目17番1号
従業員数 連結:21,946名 単体:5,695名
(2023年3月31日時点)
資本金 100億円
事業内容 事業戦略コンサルティング、ペイメント、デジタルマーケティング、エンタープライズ、ITプラットフォーム・セキュリティ、AI・ロボティクス、R&D(研究開発)

TISは、幅広い業種に対応する独立系SIer企業です。

金融、製造、公共など様々な分野でのシステムインテグレーションやアウトソーシングサービスが特徴。他社との強みは、高度なITスキルと豊富なプロジェクト経験に基づく柔軟なソリューション提供能力です。クラウド、AI、IoTといった最新技術を活用し、企業のデジタル変革を強力にサポート。一次請けSIerとして、信頼性と実績が高く評価されています。

ビジネスエンジニアリング

会社名 ビジネスエンジニアリング株式会社
所在地 東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル
従業員数 連結:684名 単体:521名(2023年3月31日現在)
資本金 6億9,760万円
事業内容 企業経営および情報通信システムのコンサルティング、コンピュータネットワークの企画および開発、情報通信システムの企画、開発、販売およびリース

ビジネスエンジニアリングは、企業の経営資源最適化に特化した独立系SIer企業です。

ERP(統合基幹業務システム)の導入・運用を主軸に、ビジネスプロセスの改善とIT戦略の実現を支援します。他社との強みは、独自のERPソリューション「SuperStream」を軸にした高度な業務知識と、柔軟なシステムカスタマイズ能力です。一次請けSIerとして、中堅・中小企業の経営基盤強化を効果的に支援し、長期的なパートナーシップを築いています。

ODKソリューションズ

会社名 株式会社ODKソリューションズ
所在地 大阪府大阪市中央区道修町1-6-7 JMFビル北浜 01
従業員数 連結 198名(2023年3月31日現在)
単体 149名
資本金 6億3,720万円(2023年3月31日現在)
事業内容 情報処理アウトソーシングサービス、ソフトウェアの開発及び販売、情報提供サービス

ODKソリューションズは、特に製造業向けに特化した独立系SIer企業です。

製造業の生産管理システムの開発・導入に長けており、生産プロセスの最適化と効率化を図るソリューションを提供しています。他社との強みは、製造現場に精通した専門的な知識と経験、及び製造業特有のニーズに合わせたカスタマイズ能力です。一次請けSIerとして、製造業の生産性向上と品質管理の強化をサポートし、業界内で高い評価を受けています。

コンサル系SIer

一次請け(元請け)SIerのうちコンサル系SIerがこちら!

コンサル系SIer一覧

  • 野村総合研究所
  • 三菱総合研究所
  • アビームコンサルティング
  • ベイカレント・コンサルティング

順番に会社概要と会社の特徴・強みをご紹介していきます。

野村総合研究所

会社名 株式会社野村総合研究所
所在地 東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
従業員数 6,782人(NRIグループ 17,394人) 2023年3月31日現在
資本金 23,644,932,600円
事業内容 コンサルティング、金融ITソリューション、産業ITソリューション、IT基盤サービス

野村総合研究所(NRI)は、ビジネスコンサルティングとITソリューションの融合に特化したコンサル系SIerです。

特に金融・公共・製造業界向けのサービスに強みを持ち、戦略策定からシステム開発、運用までトータルで支援します。他社との強みは、深い業界知識に基づく高度なコンサルティング能力と、最新テクノロジーを活用した革新的なソリューション開発です。一次請けSIerとして、顧客のビジネス価値向上を実現するための幅広い知見と経験が評価されています。

三菱総合研究所

会社名 株式会社三菱総合研究所
所在地 東京都千代田区永田町二丁目10番3号
従業員数 4,428名(2023年9月30日現在、単体1,150名)
資本金 63億3,624万円
事業内容 シンクタンク・コンサルティングサービス、ITサービス

三菱総合研究所は、先進的な研究とコンサルティングを融合させたコンサル系SIer企業です。

特に公共政策、経済、環境、IT戦略など幅広い分野での分析・提案力に強みを持ちます。他社との差別化は、豊富なデータと独自の分析手法を活用した高度な調査研究能力、並びに政策立案からビジネス戦略までの幅広い知識です。一次請けSIerとして、社会的な課題解決や企業の経営革新を支援し、独自の価値を提供しています。

アビームコンサルティング

会社名 アビームコンサルティング株式会社
所在地 東京都中央区八重洲二丁目2番1号 東京ミッドタウン八重洲 八重洲セントラルタワー
従業員数 7,523名 (2023年4月1日現在 連結)
資本金 62億円
事業内容 マネジメントコンサルティング、ビジネスプロセス コンサルティング、ITコンサルティング、アウトソーシング

アビームコンサルティングは、グローバル展開を重視したコンサル系SIer企業です。

経営戦略の策定から業務プロセス改善、ITシステム導入まで一貫したサービスを提供。特に、国内外のビジネスモデル構築やデジタル変革に強みを持っています。他社との強みは、広範囲な業界知識と国際的な視野を持つコンサルティング能力、そして高度な技術力を生かしたソリューション提供です。一次請けSIerとして、グローバルな市場での競争力向上を支援し、企業成長を加速させています。

ベイカレント・コンサルティング

会社名 株式会社ベイカレント・コンサルティング
所在地 東京都港区麻布台1丁目3-1 麻布台ヒルズ森JPタワー
従業員数 3,692名(2023年4月時点)
資本金 282百万円
事業内容 コンサルティング業務

ベイカレント・コンサルティングは、経営戦略とITの融合に特化したコンサル系SIer企業です。

特に、企業のデジタル変革や経営改革を支援し、戦略立案から実行までを一貫して担います。他社との強みは、ビジネスとITの深い知識を持ち合わせた高度なコンサルティング能力と、顧客の課題に対するオーダーメイドのソリューション提供です。一次請けSIerとして、企業の持続的成長と競争力強化を実現するための戦略策定と実行支援に優れています。

外資系SIer

一次請け(元請け)SIerのうち外資系SIerがこちら!

外資系SIer一覧

  • 日本オラクル
  • アクセンチュア
  • 日本アイ・ビー・エム

順番に会社概要と会社の特徴・強みをご紹介していきます。

日本オラクル

会社名 日本オラクル株式会社
所在地 東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
従業員数 2,407名(2021年5月31日時点)
資本金 25,033百万円
事業内容 企業の事業活動の基盤となるソフトウェア・ハードウェア、クラウドサービスならびにそれらの利?を?援する各種サービスの提供

日本オラクルは、世界的なIT企業オラクルの日本法人で、外資系SIerとしての地位を確立しています。

特に、データベース管理システムとクラウドサービスの提供に強みを持ち、企業のデジタル変革を支援します。他社との強みは、高性能なデータベース技術と、幅広いクラウド製品群を通じた包括的なITソリューションです。一次請けSIerとして、ビッグデータの活用やクラウド移行を先導し、企業のイノベーションを加速させています。

アクセンチュア

会社名 アクセンチュア株式会社
所在地 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
従業員数 約23,000人(2023年12月1日時点)
資本金 3億5千万円
事業内容 「ストラテジー & コンサルティング」「 テクノロジー」「オペレーションズ」「インダストリーX」「ソング」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供

アクセンチュアは、グローバルに展開する外資系コンサルティングおよび技術サービス企業です。

デジタル変革、クラウド、セキュリティなどの先端技術を駆使したサービスに強みがあります。他社との差別化は、世界的なネットワークと広範な業界知識、豊富なプロジェクト経験に基づく包括的なソリューション提供能力です。一次請けSIerとして、大企業からスタートアップまで幅広い顧客のビジネス変革を支援し、グローバルな視点でのイノベーションを推進しています。

日本アイ・ビー・エム

会社名 日本アイ・ビー・エム株式会社
所在地 東京都中央区日本橋箱崎町19-21
従業員数 約15,000名
資本金 1,053億円
事業内容 情報システムに関わる製品、サービスの提供

日本アイ・ビー・エム(IBM)は、世界的なテクノロジー企業であり、幅広いITソリューションとサービスを提供する外資系SIerです。

特にクラウド、AI、ビッグデータ、セキュリティ技術で知られ、企業のデジタル変革を強力に支援します。他社との強みは、独自の技術革新と長年に渡る深い業界経験に基づく先進的なソリューション提供です。一次請けSIerとして、複雑なビジネス課題を解決し、革新的なIT戦略で企業の競争力向上を図っています。

一次請け(元請け)SIerに勤めるメリット

ここまで、一次請け(元請け)SIerを一覧で紹介してきました。

では、これら一次請けSIerに勤めるメリットは何か?
具体的に就職や転職を検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

ここでは、一次請け(元請け)SIerに勤めるメリットをご紹介します!

【メリット1】利益率が高く収入が良い

まず1つ目のメリットが「利益率が高く収入が良い」

元請け企業は、中間マージンが発生しないので、利益率が高くなります。

実際、リクナビ「Tech総研」のソフト系エンジニア1000人によるアンケート調査で、元請けと下請けの年代別年収格差を見ると、


35~39歳の場合

  • 発注元:660万円
  • 元請け:650万円
  • 二次請け:560万円
  • 三次請け:560万円

上記結果の通り、すべての年代において元請けと下請け企業の収入の格差は大きいことがわかります。

元請けは、案件単価が高いだけでなく、下請けに依頼する場合、下請法に抵触しない範囲であれば、コストも調節できるので、より多く利益を得ることが可能となります。

従って、一次請けSIerのメリットのひとつとして、利益率が高く収入が良いことが挙げられます。

【メリット2】キャリアアップに繋がる仕事ができる

次に2つ目のメリットが「キャリアアップに繋がる仕事ができる」

元請けの案件は、プライム案件とも言われ、プロジェクトの中でも最も重要な骨子となるため、単価が高い分、責任範囲も広くなります。

具体的には、プライム案件は主に上流工程に携わるため、エンジニアはキャリアアップに繋げる仕事をすることができます。

実際の上流工程は、以下のような業務が挙げられます。

上流工程の業務(一例)

  • システム設計
  • スケジュール、進捗管理
  • システムのチェック

プログラミング業務などの技術スキルを磨く機会は少ないものの、プロジェクト全体を統括・管理するマネージメントスキルが身につきます。

なので、ITコンサルタントなど、年収の高い職業にキャリアアップできる可能性が高くなります。

以上のように、キャリアアップに繋がる仕事ができる点も、一次請けSIerのメリットのひとつになります。

【メリット3】客先常駐が少なく自社で勤務できる

そして3つ目のメリットが「客先常駐が少なく自社で勤務できる」

元請け企業は、下請け企業のように、クライアントに出向して勤務する客席常駐の業務が少なく、自社メインで仕事を行います。

主な理由としては、業務が要件定義や設計などの上流工程がメインであり、クライアントに赴き実務開発を行う必要がないためです。

実際、経産省が行った「IT産業における下請の現状・課題について」の資料によると、元請けのみを行っている企業の割合は、

  • 元請けのみ:26%
  • 元請け・下請けの両方:50%
  • 下請けのみ:23%

上記結果の通り、元請けのみ企業は、全体的に少ないことがわかります。

それだけ自社勤務ができる元請け企業の数は少ないので、一次請け企業で働くメリットとして、 客席常駐が少ないことも挙げられると言えるでしょう。

一次請け(元請け)SIerに勤めるデメリット

メリットがあれば、当然デメリットもあります。

どんなデメリットがあるのか?一次請け(元請け)SIerに勤めるデメリットをご紹介します。

【デメリット1】責任が重くプレッシャーがかかる

まず1つ目のデメリットが「責任が重くプレッシャーがかかる」

一次請けSIerは、クライアントと直接やりとりを行うため、最も責任の重い業務となります。

特に、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーの立場になれば、プロジェクトやチームの指揮権を一手に担うことになり、プレッシャーがかかります。

具体的に、 PM(プロジェクトマネージャ)とPL(プロジェクトリーダー)の役割と責任範囲の違いを解説すると以下の通りです。

違い 役割 管理範囲 責任
PM プロジェクト全体の管理を行う ステークホルダー全員(クライアントやプロジェクトメンバーなど利害関係者) プロジェクト計画の達成責任(最終的な成果の責任)
PL プロジェクト全体の実行を行う プロジェクトメンバー(メンバーの指導やサポート) プロジェクトの実行責任(各メンバーの進捗管理など)

システム開発など、プロジェクトの工程の一部ではなく、全工程の管理を任されるため、責任はとても重大なポジションですね。

以上からもわかるように、責任が重くプレッシャーがかかるのは、一次請けSIerで働くデメリットになると言えます。

【デメリット2】プログラミングのスキルを磨きにくい

次に2つ目のデメリットが「プログラミングのスキルを磨きにくい」

一次請けSIerは上流工程に携わるあまり、プログラミングなどのIT実務スキルは、伸ばしにくいと言えます。

主な理由としては、実務スキルが必要な開発業務は、下請け企業に委託してしまうから。

なので一次請けSIerは、新卒で入社するといきなり上流工程に就くため、プログラミング業務に触れることなくキャリアが始まります。

上流工程のキャリアアップのためのスキルは身につくものの、技術的なスキルを磨きたい人にとっては、理想的な環境とは言い難いです。

従って、プログラミングのスキルを磨きにくいことも、一次請けSIerで働くデメリットになると言えるでしょう。

【デメリット3】トラブルなどの対応に追われる

そして3つ目のデメリットが「トラブルなどの対応に追われる」

上流工程は、プロジェクトの全体的な進捗管理や顧客との交渉が業務に含まれるため、トラブルなどの雑務に追われることもデメリットとなります。

プロジェクトには、トラブルがつきものです。

従って、トラブルにどう対応していくかが、プロジェクト管理では重要になってきます。

実際、筆者の体験談からも上流工程において、以下のようなトラブルが発生した経験があります。

上流工程でのトラブル事例

  • 不具合発生による納期の遅れ
  • 開発コストの増大による問題
  • 開発後のテストにおける不具合・トラブル

なので、そういったトラブルに追われるあまり、本来の業務に注力することもままならない状況を、常に視野に入れる必要があります。

以上のように、トラブルなどの対応に追われることも、一次請けSIerのデメリットになると言えます。

一次請け(元請け)SIerの就職に向いてる人の特徴

ここまで、一次請け(元請け)SIerの情報をまとめてきました。

メリットは多くても、不向きな人はもちろんいます。
向かないIT企業に勤めても、メリットを享受することは難しい。

ですので、向き不向きを見極めることも非常に重要です。

ではどんな人が、一次請け(元請け)SIerの就職には向いているのか?
具体的な一次請け(元請け)SIerの就職に向いてる人の特徴をまとめます!

【特徴1】キャリアアップを目指したい人

まず1つ目の特徴が「キャリアアップを目指したい人」

一次請けSIerは、努力次第でキャリアアップが目指しやすい職種となります。

たとえば、上流工程のスキルでキャリアアップできる職種には、

上流工程のスキルでキャリアアップできる職種

  • ITコンサルタント
  • プロジェクトマネージャー

などが、挙げられています。

これらキャリアアップできる職種の平均年収も調べると、

IT職種別の平均年収

  • ITエンジニア:442万円
  • ITコンサルタント:590万円
  • プロジェクトマネージャー:686万円

(出典:doda「ITエンジニアの平均年収はいくら?」

上記の通り、年収も確実にアップします。

なので、自分の人生設計において、キャリアアップを目指したい考えている人は、一次請けSIerの就職に向いていると言えるでしょう。

【特徴2】人と話をするのが好きな人

次に2つ目の特徴が「人と話をするのが好きな人」

一次請けSIer企業の業務である上流工程では、コミュニケーション能力が問われます。

なぜなら、クライアントとの要望のヒアリングや、プロジェクト管理の打ち合わせなど、話し合いをする機会が多いからです。

なので、人と話をすることが好きな人は、一次請けSIer企業の就職に向いていると言えます。

コミュニケーション能力は、システム開発においては、プロジェクトチームを組んで進める都合上、上流・下流に関わらず、必要になってきます。

実際、プログラミングスクールが行った「ITエンジニア実務に対するイメージ調査」を見ると、現役ITエンジニアがITエンジニア志望者に身につけて欲しいスキルは、

現役ITエンジニアがITエンジニア志望者に身につけて欲しいスキル

  1. コミュニケーション能力:66.2%
  2. ドキュメントを読み書きする力:50.7%
  3. コーディング:40.4%

「コミュニケーション能力」が圧倒的に多いことがわかります。

なので、システム開発の現場では、チームで話し合い、業務を進めていく力が大事になってきます。

特に、上流工程の場合、管理する立場にある以上、部下などに指示したり、わかりやすく説明する能力が問われることになるでしょう。

以上の点から、人と話をするのが好きな人は、一次請けSIer企業の就職が向いていると言えます。

【特徴3】継続して学習することが好きな人

そして3つ目の特徴が「継続して学習することが好きな人」

一次請けSIer企業で働きたい人は、広範な学習を継続して行うことが重要になります。

なぜなら、上流工程に必要なスキルとして、企業の戦略的な知識やシステム開発全般の知識などが必要になってくるからです。

実際、筆者の経験談からも上流工程に必要なスキルは「業界に関する知識」で、効率的に身につけるために資格の習得がおすすめです。

たとえば、

上流工程で役立つ資格

  • 応用情報技術者試験(情報技術の深い知識が得られる)
  • システムアーキテクト試験(上流工程エンジニアとして認められる)
  • プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル(海外でも通用する国家資格)
  • データベーススペシャリスト試験(データベースを用いた全工程の実務能力が得られる)

上記のような資格は、上流工程で持っておくと、有利になる資格です。

ただ、資格を身につけなくても、担当顧客が属する業界の知識やIT技術のトレンドなどは、常に学ぶ姿勢が必要になってきます。

従って、継続して学習することが好きな人も、一次請けSIer企業で働きたい人に向いていると言えるでしょう。

一次請けSIerの中でも優良IT企業の求人を探す方法

ここでは、一次請けSIerの中でも優良IT企業の求人を探す方法をご紹介します!

【方法1】就活エージェントを使って就活を進める

あなたが就活生なら「就活エージェントを使って就活を進める」

なぜ、就活エージェントなのか?

理由は簡単で、IT企業への内定実績が豊富だから。
何も就活対策なく、企業に応募しても簡単に落とされるのがオチです。

そこで、IT企業に新卒で就職したい就活生は、その業界の専門とする就活エージェントをフル活用することをおすすめします。

なかでも、5,000社以上の企業情報を保有する「レバテックルーキー」が特におすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。
5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。

ファーストキャリアを一次請けSIer・IT企業と決めてる方は、ぜひご活用ください。

【方法2】IT専門の転職エージェントをフル活用する

社会人なら「IT専門の転職エージェントをフル活用する」

転職活動を有利に進めるためにも、転職エージェントの活用は必須です。

なぜなら、自力で求人を探すのは時間がかかり過ぎるから。

日本にはどれくらいの会社があるかご存知でしょうか?
上場企業だけでも4,000社弱、中小零細も含めると400万社を超えています。

これらの企業の中から、自分に合った会社はどこか?
転職先としてニーズにマッチした企業はどこか?調べるのは現実的ではありません。

そこで、転職エージェントの活用です。
あなたのニーズに合った企業“だけ”を求人紹介してくれます。

転職先企業の希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます

求人の紹介を受けるだけでも価値があります。
ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
実績豊富な転職エージェントを3社厳選しご紹介します、ぜひご活用ください。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

【方法3】IT/Web業界に強い求人サイトを使って探す

自力で就職したい方は「IT/Web業界に強い求人サイトを使って探す」

求人サイトの利点は、自分のペースで仕事を探せること。
転職エージェントは有用なサービスではあるものの、求人の紹介が前提です。

そのうえ、紹介してもらった手前、なかなか断りづらく、ゆっくりと考える時間的余裕もないです。

その点、求人サイトであれば、全て自分のペースで行えるため、最適な仕事を自分の納得のいく形で見つけることができます。

求人サイトも最近では、新しい形のサイトがリリースされています。

たとえば、「Green」というIT/Web業界に強い求人サイト。
Greenは、人事担当者が仕事を斡旋してくれるだけでなく、マッチング機能で面接前に企業の人と会えたり、気軽に転職活動できるのが魅力です。

応募前にどういう企業かを関係者と直接話ができるので、就職が決まってから後悔するリスクを限りなく減らせるメリットもあります。

Greenは、慎重に企業を選びたい方におすすめの求人サイトです。
今現在、優良IT企業の求人を探している人は、Greenをまずは試してみてはいかがでしょうか。

一次請けSIerと二次請け以降のSIerを見分けるポイント

ここまで、一次請けSIerの中でも優良IT企業の求人を探す方法をご紹介してきました。

中には二次請け以降の下請けSIerへの就職は避けたい方も多いでしょう。
一次請けSIerの求人の探し方だけでなく、SIerの見分けポイントも理解することで、希望するIT企業に就職できる確度は上がります。

ここでは、具体的な一次請けSIerと二次請け以降のSIerを見分けるポイントを解説します。

【ポイント1】取引先に同業者がいない

まず1つ目のポイントが「取引先に同業者がいない」

取引先に同業者が少ない場合、一次請け企業の可能性が高いです。
なぜなら、主な取引先がIT企業やシステム開発会社の場合、下請け企業であることが多いから。

実際、下請け企業を見分ける際のポイントとして、

  • 「ソリューション」
  • 「エンジニアリング」

上記のような社名が会社は注意が必要です。

つまり、取引先がIT企業であれば、下請け構造の中に組み込まれている可能性が濃厚というわけですね。

また、親会社がシステム関連会社の場合も、一次請け企業ではないと言えるでしょう。

取り引き先や親会社は、会社概要などで確認することができます。

以上のように、取引先に同業者がいないかどうかが、一次請け企業を見分けるポイントのひとつとなります。

【ポイント2】求人欄の勤務地を確認する

次に2つ目のポイントが「求人欄の勤務地を確認する」

求人欄からも、ある程度一次請け企業かどうかを見分けことができます。

一番わかりやすい例としては、「勤務地」です。

勤務地をはっきりと特定していない場合は、クライアント側に出向する可能性が高いので、下請け企業だと考えられます。

たとえば、

勤務地の場合

  • 東京23区内
  • 首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)
  • 東京23区、および横浜・川崎近郊
  • 本社または東京都内

上記のように記載されている企業は、一次請け企業ではないと言えます。

また、dodaの記事によると、勤務時間についても見分ける方法があるようです。

具体的に、下記のように記載されている場合は、クライアント側に派遣してクライアント側の労働条件に従うことを意味しますので、一次請け企業ではないと考えられます。

勤務時間の場合

  • 客先に準ずる
  • プロジェクト先により異なる
  • プロジェクトによる

逆に言うと、自社が勤務の本拠地として記載されていたり、就業時間がはっきり明記されているなら、一次請け企業であることが多いです。

以上の点から、求人欄の勤務地を確認することも、一次請け企業を見分けるポイントとなります。

【ポイント3】企業の規模を確認する

そして3つ目のポイントが「企業の規模を確認する」

一次請け企業を見分けるポイントのひとつには、 オフィス規模にも注目すると良いです。

主な理由として、社員数に比べて、オフィスが小さい場合は、自社で仕事をしない、派遣による業務がほとんどだからです。

実際、一次請け企業ではなく、客先常駐がメインの企業の例として、以下の特徴が挙げられます。

客先常駐がメインである企業の例

  • オフィスがマンションの一室
  • グループ全体の人数と比べてオフィスが小さい
  • 住所がグループ企業内

また、IT転職サイト「レバテック」の情報によると、下請会社の基準は、資本金規模によっても決められるとのことです。

具体的には、

下請企業の基準

  • 親事業者の資本金が3億円超かつ下請事業者(個人を含む)が資本金3億円以下の場合
  • 親事業者の資本金が1千万円超3億円以下かつ下請事業者(個人を含む)が資本金1千万円以下の場合

上記の場合が、IT業界で下請法に従って取り引きできる下請企業の基準のようですね。

つまり、資本金が3億円以下の企業は、下請け会社の可能性が高いということになります。
3億円以下でも、自社開発メインのIT企業もあると思いますので、あくまで判断材料のひとつとして、参考にしてください。

以上のように、企業の規模を確認することも、一次請け企業を見分けるポイントに挙げられます。

【Q&A】一次請け(元請け)SIerに関するよくある質問

最後に一次請け(元請け)SIerに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】ITの二次請け企業を一覧で教えて!

疑問に思うエンジニア

「ITの二次請け企業を一覧で教えて!」

二次請け企業とは、一般的に中堅SIer企業のことを指します。

具体的に、企業をピックアップすると以下の通りとなります。

二次請け企業(中堅SIer企業)一覧

  • DTS
  • NSD
  • SBテクノロジー
  • JBCCホールディングス
  • CAC Holdings
  • クレスコ
  • シーイーシー
  • 電算システムホールディングス
  • フィーチャー
  • アイネス
  • アイネット
  • IDホールディングス
  • コムチェア
  • NCA&A
  • アイエックス・ナレッジ

関連記事:中堅SIer52社を一覧で紹介!IT中小企業の項目別ランキング

【質問2】ITの二次請け企業に勤めるメリットは?

疑問に思うエンジニア

「ITの二次請け企業に勤めるメリットは?」

dodaの記事によると、二次請け企業はSIer企業だけでなく、SES企業も含まれるようです。

なのでSES企業を踏まえた上で、メリットを挙げると、

ITの二次請け企業に勤めるメリット

  • 未経験でも参入しやすい
  • プログラミングなどの実務スキルを磨ける
  • IT以外のスキルを学ぶことができる
  • 元請けから安定した案件がもらえる
  • 案件単位の業務なので、さまざまなプロジェクトに参加できる

エンジニアとしての技術力を磨きたい人にとっては、二次請け企業は理想的な環境であるといえるでしょう。

【質問3】SIerとプライムベンダーの違いは何ですか?

疑問に思うエンジニア

「SIerとプライムベンダーの違いは何ですか?」

SIerは、顧客の要望を聞いてシステム開発を行い製品を提供する企業の総称です。

プライムベンダーは、SIer企業の中でも、顧客と直接やり取りをする企業(元請け)を指します。

つまり、SIer企業には、元請けSIer(プライムベンダー)、下請けSIer、孫請けSIerがあり、SIer業界全体が、上層から下層に流れるピラミッド構造になっています。

なので両社は、広義では同じカテゴリーに入りますが、プライムベンダーはその中でも最上位の企業ということになります。

まとめ:一次請け(元請け)SIerの一覧紹介と勤めるメリット

一次請け(元請け)SIerの一覧紹介と勤めるメリットをまとめてきました。

一次請け(元請け)SIer25社一覧

  1. 日立製作所
  2. 富士通
  3. NTTデータグループ
  4. NEC(日本電気株式会社)
  5. パナソニックコネクト
  6. 都築電気
  7. SCSK
  8. 伊藤忠テクノソリューションズ
  9. 日鉄ソリューションズ
  10. 電通総研
  11. キャノンITソリューションズ
  12. エヌ・ティ・ティ・コムウェア
  13. オービック
  14. 大塚商会
  15. BIPROGY
  16. TIS
  17. ビジネスエンジニアリング
  18. ODKソリューションズ
  19. 野村総合研究所
  20. 三菱総合研究所
  21. アビームコンサルティング
  22. ベイカレント・コンサルティング
  23. 日本オラクル
  24. アクセンチュア
  25. 日本アイ・ビー・エム

一次請け(元請け)SIerへの転職を目指したい方は、まずは無料相談から受けてみてください。

キャリア相談や市場価値の把握など、プロの話を聞くだけでも有益な時間を過ごせます。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

もし、あなたが就活生なら就活サービス「レバテックルーキー」の活用が特におすすめです。

大手Web企業から急成長ベンチャーまで。
5,000社以上の企業情報を保有する、ITエンジニア専門の就活サービスです。

業界に詳しいプロによる就活サポートで、内定率アップへ導きます。

未経験から一次請け(元請け)SIerに転職したい方は「転職保証付きのプログラミングスクール受講」が最もおすすめです。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選