プログラミングができないから辞めたい時の対処法5選と原因に対する解決策
迷えるエンジニア2

「プログラミングができないから辞めたい。。対処法は何かない?そもそもできない原因は何なのか?」

こんな疑問、悩みに答えます。

本記事では「プログラミングができないから辞めたいと感じる現役エンジニアの方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事で分かること

  • プログラミングができないから辞めたい時の対処法
  • 辞めたいとまで感じるプログラミングができない原因
  • 理解できないから今すぐプログラミングを辞めたい時の解決策

プログラミングができないから辞めたい時、どうすればいいのか?

そして、なぜプログラミングができないと感じてしまうのか。

現在、プログラミングの仕事に就いていて、仕事を辞めたい、環境を変えたい、と悩んでいるエンジニアの方は読み進めてみてください。

プログラミングができないから辞めたい時の対処法と原因や解決策について詳しく解説していきます。

「プログラミングできないから辞めたい」と感じる人は多い

あなただけではありません。

実は、「プログラミングできないから辞めたい」と感じる人は多いことをご存知でしょうか。

実際、IT情報サイトの「プログラミング言語実態調査」において、現役のITエンジニアに自身のエンジニア能力を尋ねたところ、

現役ITエンジニアが能力不足と感じる割合

  • 能力不足を感じる:30.2%
  • 能力不足をやや感じる:31.1%
  • どちらともいえない:13.9%
  • あまり感じない:14.6%

上記結果の通り、能力不足を感じる人は6割を超えています。

以上を踏まえると、多くのエンジニアが、自身の能力に対して不安を感じていることがわかります。

ですので、プログラミングが難しいと感じて辞めたい人は想像以上に多い、という現状を、まずは知って欲しいと思います。

プログラミングができないから辞めたい時の対処法5選

仕事には必ず、向き不向きがあります。向かない仕事を続けても、得られるメリットは少ないです。

一方で、向いてる仕事に就いた途端に、花開いて活躍できる人も大勢います。

前述でも紹介した通り、プログラミングできないから辞めたいと感じている人は多くて、あなただけではありません。

ここでは、プログラミングができないから辞めたい時の対処法5選をご紹介していきます。

【対処法1】IT系の異職種に転職する

最適解なのが「IT系の異職種に転職する」

一度ITエンジニアで身につけた技術は、異職種にも通用する汎用性が高いスキルといえます。

ですので、プログラミングを主としないIT系の異業種で、活躍するのもひとつの手です。

たとえば、dodaの記事によると、ITエンジニアのスキルを活かせる他の職種として、

  • ITコンサルタント
  • データサイエンティスト/データアナリスト
  • ビジネスアナリスト
  • プロダクトマネージャー
  • セールスエンジニア

上記のような職種であれば、プログラミング業務は行わないので、辛い気持ちが軽減されます。

さらにいうと、プログラミングの知識を持っていると重宝されるため転職もしやすい。つまり、IT系の異職種に転職するのが、辞めたい時の対処法になります。

では、どうすればIT系の異職種に転職できるのか?自分に合った働き方・環境は手に入るのか?

そんな現状から転職を考えている方は、「IT専門の転職エージェント」をフル活用することをおすすめします。

あなたのニーズに合った転職先“だけ”を求人紹介してくれます。
転職先企業の希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます

求人の紹介を受けるだけでも価値があります。
ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
実績豊富な転職エージェントを3社厳選しご紹介します、今すぐ現状を変えたい方は、ぜひご活用ください。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

【対処法2】今すぐ異業種に転職する

実務経験も活かせる対処法が「今すぐ異業種に転職する」

IT系以外でも、エンジニアスキルを役立てられる職場があります。

具体的には、一般企業の情報システム部署で働く社内SEなどがそれにあたります。

また、近年ではDX化の流れで、社内SE以外でもエンジニア人材を登用する動きが出ているようですね。

実際、日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)の「企業IT動向調査(2023)」で、「IT人材の要員数の状況」をDI値(回答数から試算する値)で見てみると、

IT人材の要員数の状況(DI値) 短期1~2年 中長期3~5年
2019年 34.4pt 17.0pt
2020年 40.6pt 26.9pt
2021年 46.5pt 34.3pt
2022年 50.3pt 35.4pt

上記の通り、短期・中長期とも、IT人材を増員したと回答する企業が増えています。

したがって、異業種であっても、実務経験を活かして一般企業に転職できる機会が増えていると言えます。

以上を踏まえると、辞めたい時の対処法として、異業種に転職するというのも、有効だと言えるでしょう。

異業種への転職には「マイナビIT AGENT」を利用して転職するのがおすすめです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビ運営のサービス。
全国の大手上場企業から人気ベンチャーまで幅広い求人の紹介が可能です。

【対処法3】スクールに通って基礎から学ぶ

ITスキル不足と感じるなら「スクールに通って基礎から学ぶ」

プログラミングスクールは、未経験者が学ぶ場所というイメージがありますが、経験者向けの講座もあります。

そこで、基礎から学び直してみるのも、対処法となりえます。

実際、プログラミングスクール経験者の実態調査にて、プログラミングスクールに通った目的を尋ねると、

  • 1位:転職(34%)
  • 2位:スキルアップ(29.8%)
  • 3位:副業(14.9%)

「スキルアップ」と答える人が、転職に次いで多いことがわかります。

また、スクールは自宅でもオンラインで学習できるので、空いた時間に学習しやすい点もメリットと言えます。

したがって、辞めたい時の対処法として、スクールで基礎から学習してみることも一つ挙げられます。

もし、プログラミングスクールを利用するなら「実績の有無」で選ぶことをおすすめします。

なぜなら、すでに実績のあるスクールはカリキュラムも学ぶ環境も整っていることを意味するから。

そして、中でも特に実績豊富なプログラミングスクールを3つ厳選してご紹介します。

まずは無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。
実際に話を聞いてみて、自分に合うスクールを探してみることが最初のステップです。

✅就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選

【対処法4】自己分析から強みを客観視してみる

キャリアの方向性に迷うなら「自己分析から強みを客観視してみる」

自分一人で自己分析するのが難しい時は、キャリア支援の相談をしてみるのもひとつの手でしょう。

たとえば、厚生労働省では「キャリア形成・学び直し支援センター(キャリガク)」を設けており、無料で相談することができます。

具体的に、どんな人がおすすめかというと、

  • キャリアの幅を広げたい
  • 現在のキャリアの不安
  • やりがいや目標の整理
  • スキルアップしたい

上記のような仕事の悩みを相談できるとのこと。

各都道府県にひとつずつ設置されており、スマホからも申し込みすることができるので便利ですね。

上記のようなサポートを利用して、自己分析から強みを客観視してみるのも、辞めたい時の対処法に挙げられます。

もし、実践的な自己分析に取り組みたい方は「ポジウィルキャリア」を利用するのも一つです。

ポジウィルキャリアは、キャリアに特化したパーソナル・トレーニング。初めて転職をする人や、年収を上げたい人、若くして理想のキャリアを築きたい人を中心に、キャリアサポートで実績を上げています。

一人ひとり個人に向き合った、キャリア形成の計画やアドバイスを立ててくれるので、効率よくキャリアを積みたいという人に最適なサービスだと言えるでしょう。

なので、実際に転職を決意した人は、まずはキャリアのプロに相談するのがおすすめです。

\20~30代のキャリア相談No.1/
『ポジウィルキャリア』まずは無料体験を予約する
今なら特別に無料プレゼントあり

【対処法5】今の会社に留まって別部署に異動する

転職以外の方法なら「今の会社に留まって別部署に異動する」

転職するのが難しければ、異動願いを出すことも、対処法になります。

人事異動は会社側が決定するケースが多いものの、近年では従業員の希望を聞き入れる制度を整えた企業が増えています。

具体的には、あるIT企業が実施した異動とキャリア選択の実態調査によると、異動の希望を聴取する制度がある企業の割合は、

  • 聴取制度あり:51.7%

過半数の企業で制度があることがわかります。

ただ51.7%のうち、「希望が反映された実感がある」と回答したのは4割とのことなので、確率は低いかもしれませんが、相談できる体制は整っていると考えられます。

したがって、まずは異動希望を出してみることが、重要だといえるでしょう。

以上のように、別部署に異動するのも、辞めたい時の対処法となります。

辞めたいとまで感じるプログラミングができない原因と解決策

ここまで、プログラミングができないから辞めたい時の対処法を詳しくご紹介してきました。

プログラミングができない、能力不足と感じるITエンジニアは多いです。

ではなぜ、プログラミングができないと感じてしますのか?

原因を把握することで、より最適な解決策を個人レベルで見出せるようにもなります。

ここからは、辞めたいとまで感じるプログラミングができない原因と解決策を解説していきます。

【原因1】論理的に考えるのが苦手なため

まず1つ目の原因として「論理的に考えるのが苦手なため」

プログラミングは、論理的思考能力が問われるので、論理的に考えるのが苦手な人には、できないと感じてしまうことが多いと言えるでしょう。

主な理由としては、エンジニア業務自体が、論理的思考能力を求める傾向が強いから。

実際、総務省の「プログラミング人材育成の在り方に関する調査研究」でも、ベンダー・ICT 利活用企業に期待する能力のアンケートを実施したところ、

期待する能力に関する選択率

  1. 論理的・批判的思考力:65%
  2. 表現力・コミュニケーション力:61%
  3. ICT・情報を扱う能力/協調性・連帯感:52%

期待する能力として、論理的・批判的思考力が1位になっています。

したがって、論理よりも感覚を重視する人にとっては、業務が辛いと感じる機会が多くなってしまうかもしれません。

以上のように、論理的に考えるのが苦手という点が、プログラミングができない原因のひとつとして挙げられます。

論理的に考えるのが苦手な問題を解決するためには、まず論理的思考力を鍛えることが必要です。ペアプログラミングやコードレビューを活用することで、他人の視点を取り入れ、論理的な思考プロセスを学ぶことができます。これにより、自分のコードの改善点を見つけやすくなります。継続的に論理的思考力を鍛え、実践することで、プログラミングが楽になり、辞めたい気持ちを減らすことができます。

【原因2】スキルを学習する時間がないため

次に2つ目の原因として「スキルを学習する時間がないため」

プログラミングは、長い期間を通じて学ぶ時間を要するので、学習時間を確保できないとプログラミングができないと感じてしまいます。

事実、厚生労働省の「能力開発基本調査(2022)」で、自己啓発を行う上での問題点の内訳を見てみると、

自己啓発を行う上での問題点 正社員 非正社員
仕事が忙しくて自己啓発の余裕がない 58.5% 34.5%
費用がかかりすぎる 30.1% 27.8%
家事・育児が忙しくて自己啓発の余裕がない 26.6% 34.9%

上記結果の通りで、学習する時間を確保できない人の割合が多いことがわかります。

したがって、スキルを磨くことができず、プログラミングができないと感じてしまう可能性が高くなります。

以上のような点で、スキルを学習する時間がない点が、原因のひとつだと考えられます。

スキルを学習する時間がない問題を解決するためには、まずスケジュールを見直し、学習のための時間を意識的に作ることが重要です。毎日少しの時間でも学習に充てる習慣をつけることで、着実にスキルを向上させることができます。また、学習の効率を高めるために、オンラインコースや短いチュートリアルを活用すると良いです。

【原因3】やりがいが感じられないため

3つ目の原因として「やりがいが感じられないため」

プログラミングは、達成感を得られず、やりがいを感じにくい業務だと言えます。

仕事に対するやりがいのなさは、ワーク・エンゲージメントの低さから判断することができます。

たとえば、厚生労働省の「IT業界におけるワーク・エンゲージメントの実態」で、ワーク・エンゲージメントのスコア結果を見ると、

  • ITエンジニア(モニター調査)2.99
  • ITエンジニア(MISA会員企業)3.31
  • ITエンジニア(KISIA会員企業)3.19

上記結果の通り、ITエンジニアが軒並み低いことがわかります。

ですので、充実感が薄いという意味で、プログラミングをやっていても、やる気がでない状況に陥るリスクは高いです。

以上を考えると、やりがいが感じられないからという点が、プログラミングができないと感じる原因になりえるでしょう。

プログラミングにやりがいを感じられない問題を解決するためには、まず自分の興味や情熱に合ったプロジェクトを見つけることが重要です。新しい技術やツールを学び、スキルを活用できるプロジェクトに挑戦することで、仕事に対する興味を再燃させることができます。

【原因4】そもそもの基礎知識が不足しているため

4つ目の原因として「そもそもの基礎知識が不足しているため」

プログラミングを辞めたいと感じる原因の一つに、そもそもの基礎知識が不足していることがあります。基礎知識が欠けていると、新しい概念や技術を理解するのが難しくなり、次第に挫折感が増します。例えば、変数や関数といった基本的な用語を理解していないと、コードの読み書きが非常に困難になります。

基礎知識の不足を解決するためには、まず基本的な概念や用語をしっかり学ぶことが重要です。具体的には、入門書やオンラインチュートリアルを活用し、基礎を固めることが有効です。また、実際に手を動かして小さなプロジェクトを実践することで、理解が深まります。

さらに、質問しやすい環境を作り、疑問点をすぐに解消することも大切です。基礎をしっかりと学ぶことで、プログラミングのスキルが向上し、やりがいを感じられるようになります。

【原因5】誰にも相談できない&サポートがない環境なため

そして5つ目の原因として「誰にも相談できない&サポートがない環境なため」

エンジニアの仕事は複雑で、問題に直面したときに誰かに相談できない状況は非常にストレスが溜まります。例えば、コードのバグを解決できずに時間が経つと、精神的な疲労が蓄積しやすくなります。

この問題を解決するためには、まずエンジニアのコミュニティに参加することが効果的です。オンラインフォーラムやSNS、地域の勉強会などに参加することで、同じ悩みを持つ仲間と交流できるようになります。質問を投げかける場があるだけでも、問題解決の糸口が見つかりやすくなります。

さらに、メンターを見つけることも重要です。経験豊富なエンジニアにアドバイスを求めることで、的確な指導を受けられます。社内外問わず、メンターとなる人物を探し、定期的にフィードバックをもらうことで、スキルアップが期待できます。サポート体制を整えることで、プログラミングの継続が楽になり、辞めたい気持ちを減らせます。

プログラミングの仕事を続けることで得られるメリット

プログラミングができないから辞めたい時の対処法とできない原因について触れてきました。

プログラミングは難易度が高い反面、乗り越えた先のメリットは大きいものがあります。

筆者の経験談も踏まえながら、プログラミングの仕事を続けることで得られるメリットをご紹介します。

【メリット1】問題解決能力が向上する

まず大きなメリットとして「問題解決能力が向上する」

プログラミングの仕事を続けることで、問題解決能力が向上します。プログラミングには複雑な問題を論理的に解決する能力が求められます。例えば、エラーメッセージの解析やバグの特定を通じて、問題の根本原因を見つけ出すスキルが磨かれます。これにより、日常生活や他の業務でも、問題に直面した際に冷静かつ効果的に対処できるようになります。

問題解決能力を向上させるためには、まずコーディングを通じて多くの実践経験を積むことが重要です。異なる種類の問題に挑戦することで、多角的な視点を養うことができます。また、ペアプログラミングやコードレビューを通じて他人の視点を取り入れると、より効果的な解決策を見つける力が身につきます。

さらに、解決策をドキュメント化する習慣を持つことで、問題解決のプロセスが体系化されます。これにより、同様の問題に直面した際に迅速に対応できるようになります。継続的に問題解決に取り組むことで、プログラミングを通じて得られるスキルが他の分野でも役立つようになります。

【メリット2】キャリアアップの機会に恵まれる

次に具体的なメリットとして「キャリアアップの機会に恵まれる」

プログラミングの仕事を続けることで、キャリアアップの機会に恵まれます。プログラミングスキルは需要が高く、専門知識を持つエンジニアは多くの企業で求められています。例えば、技術の進歩に伴い、クラウドコンピューティングやAI、データサイエンスなど新しい分野での需要が急増しています。こうした分野でのスキルを習得することで、昇進や高収入の機会が広がります。

キャリアアップのためには、まず継続的な学習が重要です。新しい技術やツールを学び、自分のスキルセットを常に更新することで、企業にとって不可欠な存在になります。また、自分のスキルを証明するために、資格取得や業界の認定を目指すことも効果的です。

さらに、ネットワーキングやプロジェクトへの積極的な参加も大切です。業界のイベントや勉強会に参加し、他のエンジニアと交流することで、新しいキャリアの機会を見つけやすくなります。キャリアアップのための努力を続けることで、プログラミングの仕事を通じて豊かな職業人生を築くことができます。

【メリット3】リモートワークなど柔軟な働き方が手に入る

そして何よりメリットとして感じるのが「リモートワークなど柔軟な働き方が手に入る」

プログラミングの仕事を続けることで、リモートワークなど柔軟な働き方が手に入ります。プログラミングはパソコンとインターネットがあればどこでもできるため、自宅やカフェ、さらには旅行先でも仕事が可能です。例えば、家庭の事情や育児などでオフィスに通えない場合でも、リモートワークを活用することで仕事と生活の両立が図れます。

柔軟な働き方を実現するためには、まず信頼できるネット環境を整えることが重要です。快適に仕事を進めるための作業スペースや適切なツールを準備することで、生産性を維持できます。また、自己管理能力が求められるため、計画的なスケジュールを立てることが大切です。

さらに、定期的なコミュニケーションも欠かせません。オンライン会議やチャットツールを利用して、チームとの連携を強化することで、リモートワークでもスムーズにプロジェクトを進められます。柔軟な働き方を取り入れることで、仕事の効率が上がり、生活の質も向上するでしょう。

理解できないから今すぐプログラミングを辞めたい時の解決策

「プログラミングが理解できないから、今すぐ会社を辞めたい」

現状から抜け出したい、と感じる人はとにかく多いです。

しかし実は、辞めたくても辞められない人も一定数いるのも事実。

なぜ辞められないのか?その理由をみると、以下のようなことに集約されます。

辞めたくても辞められない理由

  • 退職を切り出すのが怖いから
  • 辞めると言い出すのが気まずいから
  • 会社・上司に引き止められているから
  • 会社のメンバーに申し訳ないという気持ちが先行するから

つまり、言い出す勇気が持てない、ことが最たる原因として挙げられます。

でも安心してください。

辞めることに会社・上司への報告も、無駄な労力も、勇気を振り絞る必要もありません。

なぜなら、あなたに代わって退職手続きをすべて代行してくれるサービスがあるからです。

それが「退職代行サービス」です。

退職代行サービスとは、会社を辞めたい人に代わって退職の手続を代行するサービスのこと。

いまや退職代行サービスの認知度は約6割。
非常に多くの社会人に認知され、利用されている話題のサービスです。

退職のストレスを一切感じたくない、納期に追われない新しい環境に移りたい方は、ぜひ活用ください。

【Q&A】プログラミングできないから辞めたい人のよくある質問

最後にプログラミングできないから辞めたい人のよくある質問をまとめます。

【質問1】プログラミングが上達しない理由は何ですか?

疑問に思うエンジニア

「プログラミングが上達しない理由は何ですか?」

プログラミングが上達しない理由には、いくつかの要因があります。まず、学習方法が適切でない場合があります。例えば、基本的な概念を理解せずに進んでしまうと、後でつまずくことが多いです。効果的な学習方法を見つけるために、信頼できる教材やコースを選ぶことが重要です。

また、実践の機会が不足していることも考えられます。知識だけではなく、実際にコードを書くことで初めてスキルが身につきます。小さなプロジェクトや練習問題に取り組むことで、実践的な経験を積むことが大切です。

【質問2】プログラミングができる人は何割くらいですか?

疑問に思うエンジニア

「プログラミングができる人は何割くらいですか?」

プログラミングができる人の割合については、さまざまな調査結果がありますが、おおよそ10%程度とされています。この割合は国や地域によって異なりますが、IT先進国では高い傾向があります。

プログラミングスキルを持つことは、現代のデジタル社会において非常に有利です。就職の際に有利になるだけでなく、自己表現や問題解決のツールとしても役立ちます。そのため、多くの人がプログラミングを学ぶ価値を見出し、スキルを習得しようと努力しています。

さらに、最近ではオンラインコースや無料の学習リソースが増え、誰でも手軽にプログラミングを学べる環境が整っています。継続的な学習と実践を通じて、プログラミングスキルを身につける人が増え続けています。挑戦する価値があるスキルであり、努力次第で誰でも習得可能です。

【質問3】プログラミングの向き不向きを調べるテストはないですか?

疑問に思うエンジニア

「プログラミングの向き不向きを調べるテストはないですか?」

プログラミングの適性を測るテストは存在します。例えば、論理的思考力や問題解決能力を評価するオンラインテストがいくつかあります。これらのテストを通じて、自分の適性を確認することができます。

具体的には、簡単なアルゴリズム問題やパズルを解くことで、プログラミングに必要なスキルを評価するテストが多くあります。また、無料で利用できるプログラミングチュートリアルや演習問題も適性を確認するのに役立ちます。こうしたテストを受けることで、自分の強みや弱点を理解し、どの部分を強化すべきかがわかります。

ただし、適性テストだけで向き不向きを判断するのは難しいです。プログラミングは学習と経験を積むことで上達するスキルです。テストの結果に関わらず、継続的な努力と実践が重要です。初めは難しく感じても、コツコツと続けることでスキルを向上させることができます。

まとめ:プログラミングができないから辞めたい時の対処法と原因

プログラミングができないから辞めたい時の対処法と原因に関する情報をまとめてきました。

改めて、プログラミングができないから辞めたい時の対処法をまとめると、

プログラミングができないから辞めたい時の対処法

  • IT系の異職種に転職する
  • 今すぐ異業種に転職する
  • スクールに通って基礎から学ぶ
  • 自己分析から強みを客観視してみる
  • 今の会社に留まって別部署に異動する