インフラエンジニアは楽すぎ?未経験だときつい?その結論と求人の効率的な探し方
迷えるエンジニア2

「インフラエンジニアは楽すぎ?未経験だときつい?求人の効率的な探し方を教えてほしい!」

この疑問・悩みに答えます。

本記事では、「インフラエンジニアへの転職・就職を検討している方」に向けて、以下の内容・目的で記事を書いていきます。

本記事でわかること

  • インフラエンジニアは楽すぎかの結論とその理由
  • インフラエンジニアのデメリットと向いてる人の特徴
  • インフラエンジニアに転職するための求人を効率的に探す方法

インフラエンジニアは、楽すぎる仕事なのかどうか。

楽すぎと言われる理由は何なのか?
インフラエンジニアへの転職・就職を検討している方にとって、非常に気になる情報です。

インフラエンジニアは楽すぎかの結論とその理由・求人の効率的な探し方について詳しく解説していきます。

【結論】インフラエンジニアは楽すぎ?未経験だときつい?

インフラエンジニアは楽すぎ?未経験だときついのかどうか?

結論からいうと、他エンジニア職に比べたら楽な側面はあります。

ありますが、結局は所属する会社次第です。
なぜなら、企業によっては、残業が多かったり、福利厚生が充実していなかったりする場合もあるから。

なので、インフラエンジニアでもホワイトな企業を選ぶ必要があります。

ではどうやって選べばいいのか?
ホワイトな企業かどうかの見分け方で、重要なポイントをまとめると以下の通り。

ホワイトな企業かどうかを見分けるポイント

  • 多重下請け構造の下層の仕事が多くないか
  • 求人に載る頻度が多くないか
  • 福利厚生がしっかりしているか
  • 悪い口コミが載せられていないか
  • 新人に対する研修制度の取り組みをおこなっているか

ただ単純にインフラエンジニアだから楽だと判断し、企業を調べることなく飛び込んでしまうと、失敗するおそれがあります。

今後の自分の人生を大きく左右しますので、インフラエンジニアと言えども、慎重な企業選びが非常に重要です。

企業選びで失敗したくない方、効率的に求人を探す方法を知りたい方こちらをご覧ください。もし、エンジニア未経験からインフラエンジニアを目指したい方はこちらをご覧ください。

インフラエンジニアは楽すぎと言われる5つの理由

ではなぜ、インフラエンジニアは楽すぎだと言われるのか?

具体的なインフラエンジニアは楽すぎと言われる5つの理由を解説します。

【理由1】残業時間が少ないから

まず1つ目の理由は「残業時間が少ないから」

インフラエンジニアは、残業の少ない職種が多いです。

実際、経産省が公表した「IT関連産業の実態調査
本調査によると、「IT保守」「IT運用・管理」の平均残業時間が、月に22時間前後とエンジニア職の中でも最も少ない結果となっています。

一ヶ月の残業時間が平均22時間程度であれば、毎日に換算するとせいぜい1時間程度。
なので、ほぼ定時に帰れるといってもいいほどの勤務時間になるのがわかります。

ほぼ定時に帰れるのなら、楽に仕事ができると言えますよね。
また、残業が少ないメリットとしては、ワークライフバランスがとりやすいことも挙げられます。

ワークライフバランスとは、「仕事と生活の双方を調和させる生活スタイル」のこと。

ワークライフバランス実現で得られるメリットは大きいです。

ワークライフバランス実現で得られるメリット

  • 心身の健康を維持できる
  • 仕事のモチベーションが上がる
  • スキル磨きやキャリアアップのための時間確保ができる

残業が少ないことは、労働者にとって多くのメリットを得やすいです。
上記のような理由で、残業の少ないインフラエンジニアの職種は楽だと言えるでしょう。

【理由2】マニュアルに沿った定常業務が多いから

次に2つ目の理由は「マニュアルに沿った定常業務が多いから」

つまり、手順通りにこなす業務が多いから楽ということです。

手順通りにこなす業務が多いのは、インフラエンジニア業務の中でも、下流工程に属する仕事になります。

具体的には、システムの運用・保守・監視業務が下流工程に該当します。
運用・保守・監視業務は基本的にマニュアル化されており、手順通りに業務を行うことができます。

簡単そうに見えますが、ひとつのミスが大きなシステム障害につながるので、間違いなく仕事を進める慎重さは必要です。

ただ、インフラ業務で取り扱うサーバーやネットワークは、どこの会社でも仕組みが変わらないので、仕事先が変わっても、手順通りに行える点で楽だと言えるでしょう。

インフラエンジニアは未経験者が入りやすいと言われる理由も、業務がマニュアル整備されており、経験がなくても作業しやすいからなんですね。

マニュアル化されていると、仕事がルーティーン化してしまうといった弊害はあるものの、手順通りにコツコツ仕事を進めたい人にとっては、適した職種だと言えます。

以上のような点で、インフラエンジニアがマニュアルに沿った定常業務が多いことは、楽な仕事だと言えるでしょう。

【理由3】身につけたスキルを長期で活かせるから

3つ目の理由が「身につけたスキルを長期で活かせるから」

インフラエンジニアに求められるスキルは、一度身につければどの企業でも活かせるので、長期間に渡って役に立てることができます。

なぜ、長期に渡ってスキルを活かせるのか?
ネットワーク・サーバー・セキュリティなどのITインフラの知識やスキルは、どの企業でもベースは同じだから。

なので、プロジェクトが変わっても、インフラエンジニアは安定して仕事を行うことができます。

具体的なインフラエンジニアに求められるスキルを挙げると、以下の通りです。

インフラエンジニアに求められるスキル

  • ネットワーク関連の知識
  • セキュリティの知識
  • 設計スキル
  • 情報収集スキル
  • サーバー(Windows、Linux、Unixが主流)の知識
  • クラウドサーバーの知識(最近増えている)

上流工程に行くと、さらに設計スキルやマネジメント能力が必要になってきます。

また、最近ではネットワークのクラウド化が進んでいます。
ですので、インフラエンジニアがクラウドのスキルを習得すれば、一層力強いスキルとなります。

つまり、身につけたスキルを長く活かせることは、効率性の観点からも楽だといえますね。

【理由4】未経験からでも始められるから

4つ目の理由が「未経験からでも始められるから」

厳密に言うと、IT知識が全くない人の就職は難しい。
なんですが、他のITの職種に比べれば、インフラエンジニアは未経験からでも始めやすい職種です。

なぜ未経験からでもなれるのか?理由は以下の通りです。

インフラエンジニアが未経験からでもなれる理由

  • 下流工程の保守・運用案件の需要が高いから
  • 新人が学習しやすい環境にあるから
  • クラウド化が進み高い需要が続いているから
  • 学習して新しい技術を身につければ即戦力になるから
  • インフラエンジニア自体が、目立たない職種ゆえ、人材が不足しているから

実際、インフラエンジニアの未経験向け求人数は多く、案件も豊富にあることがわかります。
具体的にdodaの求人情報を見ると、インフラエンジニアの未経験者歓迎の求人は241件(2023年11月現在)と、業務系アプリエンジニアに次ぐ多さです。

また、社会的な観点からも、インフラエンジニアの必要性は問われており、人材需要の高まりは続くと見られます。

なぜなら、企業のDX化推進によって新しいインフラの整備や再構築が必要になるからです。
DX化については、経産省が公表した「DXレポート」でも、早急な課題として問題提起しているほど。

つまり、インフラエンジニアは未経験からでも始めやすく、汎用性の高い職種の一つだといえます。

【理由5】スキルの習得で年収アップも期待できるから

そして5つ目の理由が「スキルの習得で年収アップも期待できるから」

インフラはネットワーク環境に欠かせないもの。
言い換えれば、今後インフラエンジニアがなくなることはないということ。

なので、着実に経験を積み、知識を身につければ、ステップアップできる可能性は非常に高いです。
たとえ最初は未経験で入ったとしても、経験を積み、スキルを磨けば、上流工程の仕事につくことも不可能ではありません。

実際、インフラエンジニアの年収は求人ボックスによると、341~950万円と非常に幅広いことからも、経験やスキルによって大きく変わることがわかります。

また、厚労省の求職サイトによれば、インフラエンジニアにあたる基盤システムの年収は660万円と、通常のSEの550万円と比較しても高いです。

従って、インフラエンジニアは、スキルアップ次第で高年収を狙える職種であることがわかります。

※ 今すぐインフラエンジニアに転職するための求人を効率的に探す方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。ニーズに合致した求人を無料で探すことができます。

楽すぎとは思わない?インフラエンジニアのデメリット

楽すぎと言われる反面、きついといった否定的な意見も見受けられます。

ここでは、インフラエンジニアのデメリットについて解説していきます。

【デメリット1】トラブル発生時は時間外勤務がある

まず1つ目のデメリットが「トラブル発生時は時間外勤務がある」

インフラエンジニアで、システム運用や保守業務を受け持つ場合、トラブル発生時に、イレギュラー対応を強いられる可能性があります。

具体的には、システム障害が発生した場合に夜勤や休日出勤が起こりえます。
なぜなら、インフラシステムやネットワークは、常時稼働する必要があるからです。

つまり、インフラシステムやネットワークが停止すると、企業の業務自体に影響を与えるため、24時間365日体制で、対応に当たる必要性が出てくるのです。

また、インフラエンジニアが時間外に勤務するのには、サーバーの調整・修正を行う際に、利用者が少ない深夜の時間帯や休日を選ばなければいけない、という理由もあります。

なので、必ずしも楽な業務ばかりだとは言えません。
実際、イレギュラーな出勤を迫られるため、年齢を重ねるときついのではないか、と不安視するが挙がるほど。

時間外勤務の多さは、会社にもよります。
頻繁にミスが発生することはないものの、非常時には休日対応があることを、最低限念頭に置いておく必要はあるでしょう。

以上のような点で、インフラエンジニアのトラブル発生時の対応は、デメリットの一つといえます。

【デメリット2】ルーティーン作業が退屈すぎる

次に2つ目のデメリットが「ルーティーン作業が退屈すぎる」

インフラエンジニアのルーティーン作業が、退屈になることもデメリットのひとつです。
マニュアル化されたルーティーン業務は、手順通りにできるため楽である一方で、単調な作業に陥りがちになり、ストレスになる可能性があります。

単調な作業になる理由として、システムの運用や監視業務は、ミスしないことが重視され手順通りに行うことが優先されるからです。

単調な作業にストレスを感じてしまうと、長く続けるのは辛いですよね。
ルーティーン作業は、仕事のモチベーションにも大きく関わるので、合う人と合わない人がはっきりと分かれてきます。

実際、日経メディカルの「仕事のやりがいに対する意識調査」では、仕事のやりがいが感じられない人の51.5%が、「仕事のつまらなさ」を理由に挙げています。

「人間関係」や「会社の将来性」を差し置いて、「つまらない」がやりがいの筆頭に挙がるのですから、いかに仕事内容が大事かがわかります。

以上を踏まえると、インフラエンジニアのルーティーン作業が退屈すぎる、といった点もデメリットになると言えるでしょう。

【デメリット3】仕事の評価がされにくい

そして3つ目のデメリットが「仕事の評価がされにくい」

インフラ運用・管理業務は、業務の責任の重さに比べて過小評価されがちです。

なぜ過小評価されがちなのか?
主な理由として、インフラシステムは、稼働することが「当たり前」と見られるため、一般の人から仕事の成果が見えにくいからです。

しかし、その「当たり前」をミスなく継続稼働させることが、インフラエンジニアの最重要の業務となります。

インフラシステムは、それがなくては企業全体の業務が滞るほど、なくてはならないもの。
なのに、そのシステムを支えるエンジニアは、いくら頑張っても「稼働させて当然」と思われてしまうと、正直やる気がなくなってしまいますよね。

仕事の成果が評価されづらいと、仕事に対するモチベーションも、なかなか上がりにくくなってしまいます。

実際、リスモンが公表した「仕事・会社に対する満足度
本調査を見ると、仕事を適正に評価されていないと感じる人の53.8%が「勤め続けたくない」と感じる結果になっています。

なので、インフラエンジニアの仕事も、適正に評価されないと長く続けるのは難しいと感じてしまう可能性が高いです。

楽すぎと言われるインフラエンジニアに向いている人の特徴

インフラエンジニアにも「楽すぎる」面と「楽ではない」面があります。

言い換えれば、向き不向きがあるということ。
インフラエンジニアが向いてる人にとっては、楽すぎると感じるほどの天職になるでしょう。

ではどんな人が向いているのか?
具体的な楽すぎと言われるインフラエンジニアに向いている人の特徴をまとめます!

【特徴1】手順を踏んで慎重に物事を進めるのが好きな人

まず1つ目の特徴が「手順を踏んで慎重に物事を進めるのが好きな人」

インフラエンジニアは、ミスひとつで大きなシステム障害に繋がるため、慎重さ・堅実さが重要となります。

また、慎重さや堅実さを要するからこそ、マニュアル化されているとも言えます。
そのため、システム運用や管理の業務は、トラブルが起こった時に、どれだけ冷静に手順通り業務を行えるかが、重要になってきます。

インフラシステムは頻繁ではないにせよ、トラブルは必ず起こると想定しておいた方がよいでしょう。

なので、マニュアル通りに手順を踏んで物事を進められる人や、地道にコツコツと作業するのが苦にならない人などが、インフラエンジニアには欠かせない存在になります。

以上のような理由で、手順を踏んで慎重に物事を進めるのが好きな人は向いていると言えます。

【特徴2】責任感が強く人の役に立ちたい人

次に2つ目の特徴が「責任感が強く人の役に立ちたい人」

インフラエンジニアは、目立たない仕事とはいえ、社会的貢献度の高い仕事です。
なので、人からの評価に関わりなく、とにかく社会の役に立ちたいという責任感の強い人が向いていると言えます。

インフラ基盤は、人々の暮らしにはなくてはならないものです。
その基盤を支える仕事を担うわけですから、人の役に立つ仕事としての貢献度・重要度は非常に高いと言えます

また、責任度の高い案件を手掛けることで得られる達成感は、他のエンジニアではなかなか経験できない、充実したものであることは言うまでもありません。

従って、責任感が強く、人の役に立てる仕事に就きたいと考える人に、インフラエンジニアは満足度の高い、最適な職種であると言えます。

【特徴3】機械に触れたり組み立てるのが好きな人

そして3つ目の特徴が「機械に触れたり組み立てるのが好きな人」

インフラエンジニアは、ハードウェアがメインなので、ネットワーク機器やサーバー機器に触れる機会が多いです。
機器の組み立てや設置などの業務もあるため、家電や機械に触れるのが好きな人は、インフラエンジニアに向いていると言えます。

インフラエンジニアで扱う機器をご紹介すると、

インフラエンジニアで扱う機器の種類

  • 電源ユニット
  • ルーター
  • ストレージ(HDD・SSDなど)
  • スイッチングハブ
  • ネットワーク用の配線

普段からパソコンを組み立てたり、機械の仕組みに興味がある人であれば、ネットワークの仕組みが知れるので、興味深いかもしれません。

※ 今すぐ未経験からインフラエンジニアに就職する最適なサービスを知りたい方は、こちらをご覧ください。転職保証付きや受講料無料など、多くのメリットを受けられます。

インフラエンジニアに転職するための求人を効率的に探す方法

冒頭の結論でもお伝えしましたが、インフラエンジニアが楽かどうかは会社次第です。

つまり、ワークライフバランスに優れた働き方を望むなら会社選びが超重要、だということ。

言い換えれば、会社選び(求人探し)を失敗すれば、インフラエンジニアのメリットも受けられないということ

ではどうすれば、望む会社に出会えるのか?
ワークライフバランスに優れたホワイトIT企業に転職できるのか?

ここでは、インフラエンジニアに転職するための求人を効率的に探す方法をご紹介します!

【方法1】IT専門の転職エージェントをフル活用する

まず使うべきは「IT専門の転職エージェントをフル活用する」

転職活動を有利に進めるためにも、転職エージェントの活用は必須です。

なぜなら、自力で求人を探すのは時間がかかり過ぎるから。

日本にはどれくらいの会社があるかご存知でしょうか?
上場企業だけでも4,000社弱、中小零細も含めると400万社を超えています。

これらの企業の中から、自分に合った会社はどこか?
転職先としてニーズにマッチした企業はどこか?調べるのは現実的ではありません。

そこで、転職エージェントの活用です。
あなたのニーズに合った企業“だけ”を求人紹介してくれます。

実際、転職エージェントに希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます

求人の紹介を受けるだけでも価値があります。
ですが、転職エージェントは、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
実績豊富な転職エージェントを3社厳選しご紹介します、ぜひご活用ください。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

【方法2】総合型のエージェントサービスを併用する

IT専門の転職エージェントだけでなく「総合型のエージェントサービスを併用する」

転職エージェントは、複数並行し活用することができます。
むしろ1社だけの登録より、2~3社併用し、転職活動を進めることで内定獲得率は上がります。

実際、リクナビの調査で転職に成功した人は「平均4.2社」利用しているほど。

転職希望者でも平均登録社数は「2.3社」です。
つまり、転職を意識したら転職エージェントは複数登録しておくのが吉ということ。

情報収集の観点からも、多方面から集めた方が効率的で、スムーズに進めることができます。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

【方法3】自力で探すなら求人サイトを活用する

そして3つ目の方法が「自力で探すなら求人サイトを活用する」

求人サイトの利点は、自分のペースで仕事を探せること。
転職エージェントは有用なサービスではあるものの、求人の紹介が前提です。

そのうえ、紹介してもらった手前、なかなか断りづらく、ゆっくりと考える時間的余裕もないです。

その点、求人サイトであれば、全て自分のペースで行えるため、最適な仕事を自分の納得のいく形で見つけることができます。

求人サイトも最近では、新しい形のサイトがリリースされています。

たとえば、Green」というIT/Web業界に強い求人サイト。
Greenは、人事担当者が仕事を斡旋してくれるだけでなく、マッチング機能で面接前に企業の人と会えたり、気軽に転職活動できるのが魅力です。

応募前にどういう企業かを関係者と直接話ができるので、就職が決まってから後悔するリスクを限りなく減らせるメリットもあります。

Greenは、慎重に企業を選びたい方におすすめの求人サイトです。
今現在、インフラエンジニアの求人を探している人は、Greenをまずは試してみてはいかがでしょうか。

未経験からインフラエンジニアに就職する最適なサービス3選

迷えるエンジニア2

「エンジニア未経験でも、インフラエンジニアに就職できる?」

不安に感じる人も多いと思います。

でも安心してください。
未経験からインフラエンジニアに就職する最適なサービスがあります。

それが「プログラミングスクール」

なぜ、プログラミングスクールが最適なサービスなのか?

それは「エンジニア転職に特化したサービス」だから。
実際、転職保証付きや受講料無料など、多くのメリットを受けられるスクールは増えています

今回厳選しておすすめする3つも、すべて実績豊富な優れたプログラミングスクールです。

順番にスクールの特徴や向いてる人の特徴もご紹介します。
無料のカウンセリングを受けるだけでも、インフラエンジニアへの向き不向きはわかるので、それだけでも十分利用する価値はあります。

【サービス1】テックキャンプ

実績と保証の手厚さで選ぶなら「テックキャンプ」
(公式サイト:https://tech-camp.in

スクールの特徴・強み

  • 転職成功実績No.1エンジニアスクール
  • 転職成功人数は4,600名以上&転職成功率98%
  • プログラミング未経験者率97%で学習の途中離脱率はわずか3%
  • 選べる2つの受講プラン(オンラインor通学)で無理なく続けられる
  • 受講料の最大70%を支給(専門実践教育訓練給付制度の対象スクール)

受講に向いてる人

  • 確かな実績あるスクールに通いたい人
  • 転職保証が付いた安心のサービスを利用したい人
  • 何から始めたらいいかわからないプログラミング未経験者

\転職できなければ全額返金!/
『テックキャンプ』まずは無料カウンセリングを予約する
【公式サイト:https://tech-camp.in

【サービス2】ネットビジョンアカデミー

受講料無料で通うならおすすめのプログラミングスクールが「ネットビジョンアカデミー」
(公式サイト:https://www.netvisionacademy.com

スクールの特徴・強み

  • 20代向け完全無料のプログラミングスクール
  • 座学と実技の二部構成で必要なIT知識を定着
  • IT資格のCCNA合格率は99%と資格取得もサポート
  • ITスキル習得だけでなく就職支援も徹底サポート(就職率98%)
  • 地方在住者には提携シェアハウスで最大2ヶ月無料の上京サポートもあり

受講に向いてる人

  • 受講料無料で未経験からITエンジニアになりたい人
  • CCNAなどのIT資格も積極的に習得して手に職を付けたい人
  • 上京して就職したいけど地方在住で資金の捻出が難しい人

【サービス3】Aidemy Premium

Pythonを学ぶならおすすめのプログラミングスクールが「Aidemy Premium」
(公式サイト:https://aidemy.net

スクールの特徴・強み

  • Python特化型プログラミングスクール
  • 未経験でも3ヶ月でAIを使いこなせる人材へ
  • 専属のメンターがAIの学び方から徹底的にコーチング
  • 完全オンライン完結で東京以外に在住・在勤の方にも便利
  • 受講料の最大70%を支給(専門実践教育訓練給付制度の対象スクール)

受講に向いてる人

  • AIや機械学習などの最先端技術を習得したい人
  • AIエンジニア/データサイエンティストにキャリアチェンジしたい人
  • 通学ではなく完全オンラインで学習できるスクールに通いたい人(地方在住者含む

【Q&A】楽すぎと囁かれるインフラエンジニアに関するよくある質問

最後に楽すぎと囁かれるインフラエンジニアに関するよくある質問をまとめます。

【質問1】インフラエンジニアの仕事内容について教えて!

疑問に思うエンジニア

「インフラエンジニアの仕事内容について教えて!」

インフラエンジニアの仕事内容は、クライアントの要望によりOS・サーバー・ネットワークの設計・構築 ・運用・保守を行います。

インフラエンジニアの代表的な職種には、3種類あります。

インフラエンジニアの代表的な職種

  • サーバーエンジニア:ファイルサーバーやWebサーバーなどの選定・構築から運用・設置、保守までを行う業務。
  • ネットワークエンジニア:ネットワークに関する環境を構築・運用・保守を行う業務。
  • セキュリティエンジニア:ウイルス感染やサイバー攻撃による情報漏洩を防ぐために、システムを開発・導入する業務。

上記3つのエンジニアは、企業のセキュリティ保守の業務も含まれるため、企業との守秘義務が発生する大事な仕事です。

企業によって担当業務は異なりますが、IT機器の設置から、システムやネットワーク環境まで整える、社会生活を送る上で欠かせない仕事となります。

【質問2】インフラエンジニアは未経験だと仕事についていけない?

疑問に思うエンジニア

「インフラエンジニアは未経験だと仕事についていけない?」

むしろ、インフラエンジニアは、未経験者が参入しやすい職種です。
ただ、全くIT知識がないと歯が立ちませんので、ある程度IT技術の基礎的な知識を有する必要はあります。

もともとITに興味がある人や、大学や独学でプログラミングのことを学んだりしている人であれば、未経験でも仕事につける可能性は高いでしょう。

ただ、インフラエンジニアに限らず、IT業界の技術的な進歩は早いです。

なので、たとえ未経験で就職できたにしても、日々自主学習が必要とされる職種であることを念頭に置く必要があります。

勉強すればするだけ、結果に表れる仕事なので、やりがいある仕事に就きたい方にインフラエンジニアはおすすめです。

【質問3】楽だからと言ってインフラエンジニアになったら後悔する?

疑問に思うエンジニア

「楽だからと言ってインフラエンジニアになったら後悔する?」

楽か楽ではないかを仕事を選ぶ判断基準にすると、失敗する可能性が高いです。

なぜなら、どんな仕事でも楽な部分とそうでない部分があるからです。

後悔するかどうかは、インフラエンジニアの仕事が、自分に合うかどうかで決まると言えます。

自分に合っていれば、少々楽ではなくても続けられるはずですし、自分にあっていなければ、たとえ楽でも、後悔することになるでしょう。

また、職場環境や企業規模によっても、楽か楽でないかは、大きく変わってきます。
なので、楽かどうかで判断せず、まずは、就職したい企業のことをよく調べて、自分にできそうか否かから考えてみるのが良いと思います。

企業を調べる時間もない方は、転職エージェントの力を借りましょう。

転職エージェントを活用すれば、情報収集の時間短縮にもなって、働きながらでも転職活動を有利に進められます。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

まとめ:インフラエンジニアは楽すぎと言われる理由と求人の探し方

インフラエンジニアは楽すぎと言われる理由と求人の探し方をまとめてきました。

改めて、インフラエンジニアは楽すぎと言われる理由をまとめると、

インフラエンジニアは楽すぎと言われる理由

  1. 残業時間が少ないから
  2. マニュアルに沿った定常業務が多い
  3. 身につけたスキルを長期で活かせるから
  4. 未経験からでも始められるから
  5. スキルアップさえすれば年収を上げられるから

インフラエンジニアは楽すぎと言われる理由があるのは事実です。

ですが、インフラエンジニアが楽かどうかは会社次第。
会社選びを失敗すれば、インフラエンジニアのメリットも受けられません。

希望にマッチした働き方を手に入れたい方は、必ず転職エージェントを活用しましょう。

実際、転職エージェントに希望条件を伝えるだけで、その日のうちに求人を複数紹介してくれます
求人紹介だけでなく、書類作成や面接対策などのアドバイスまで無料で受けられます。

もはや利用しない手はどこにもありません。
実績豊富な転職エージェントを3社厳選しご紹介します、ぜひご活用ください。

【無料】年収アップも実現!IT専門の転職エージェントおすすめ3選

そして、エンジニア未経験でインフラエンジニアに就職したい方は「プログラミングスクールの受講」がおすすめです。

少しでもエンジニア職に興味があるなら。
まずは、無料のカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

おすすめのスクールを3つ厳選します。
すべて実績豊富な、転職保証付きや受講料無料などメリットも多いスクールです。

無料のカウンセリングを受けるだけでも、インフラエンジニアへの向き不向きはわかります。

未経験からITエンジニアへ!就職支援付きプログラミングスクールおすすめ3選